FC2ブログ

「レイプオブ南京」と「レイプオブ・ベルギー」


南京攻略戦当時、南京安全区国際委員会委員にマイナー・シール・ベイツなる人物がいた。
金陵大学副学長、歴史学者、宣教師でもある。
そのベイツが書いた『ベイツ・レポート』は「南京大虐殺」神話が拡がった一番の元と言ってもいい。
 ベイツ・レポートについてZFさんブログより拝借→ 南京大虐殺・ベイツレポート

そのベイツから、1938年3月14日 AP特派員ティンパーリに向けた手紙がある。
(「戦争とは何か」執筆についての相談と思われる)

・ティンパーリとはーー豪州人、AP特派員、中国国民党国際宣伝処の顧問であったとも言われるが真偽不明

イエール大学・南京虐殺プロジェクト資料より ティンパーリへの手紙

その中に気になる記述がある。
   Dy5dvwFU0AAR16R.jpg  クリックで拡大

読みにくいので書き起こし。
   Dy5eGYEVsAYQdzK.jpg

「Rape of Belgium」なる言葉が出てきている。
南京での日本軍による暴虐について「レイプオブ・ベルギーという用語と合わせて上手く通用する」と書かれている。しかも「反戦思想啓蒙のためのスケープゴートが必要」との意味の文も。



さて、その「レイプ・オブ・ベルギー Rape of Belgium」とはどんなものか。
wiki
(日本語版ウィキが無いので英語版で)

参考に:1914年に開始された第一次世界大戦
>”1914年8月4日、ドイツ軍はベルギーのリエージュへ進軍しベルギー軍の頑強な抵抗に会う。その結果ベルギーの村々でドイツ軍による虐殺がはじまった。”

とあるが、実はその「虐殺」は現在では誇張捏造されたプロパガンダであったと言われている。
その経緯について詳しいサイト→ Remember Belgium recruitment poster

プロパガンダ映画まで作られていた 


他にプロパガンダ画像の色々
DGzRSx7UwAA_8wx.jpg DoqQpqbU8AAbi4C.jpg

ネット上で検索しても多数
DxZyQ5aV4AEm1W6.jpg
特に目立つのが女性・子供(赤ん坊)への非道行為。
 「銃剣で刺された赤ん坊 Bayoneted Baby」は定番と言えるほど。

第一次世界大戦時のドイツ軍の蛮行、「ベルギー虐殺」の残忍な描写は広く知られていた。そして1930年代には一部では、誇張があるのではないか、プロパガンダであろうとの観方も広がっていたようだ。
反戦活動家は、そんなウソを使って敵愾心煽るなと批判していたほど。
Dy5bHcyUcAAvIpE.jpg




ベイツの手紙に戻るとーー
そういう「レイプ・オブ・ベルギー」という残忍描写の多い戦時プロパガンダを持ち出し、南京攻略戦時の日本軍の動向を非道な虐殺として「反戦活動のために」利用しようとの目論見があったのではないかと、ティンパーリへの手紙から読み取れる気がして仕方がない。

上に貼ったレイプオブ・ベルギー・プロパガンダの画や映画の描写は「レイプオブ南京」で語られるものとそっくりではないか。
ベイツやティンパーリの目論見は現在でも生きている。「銃剣で刺された赤ん坊」プロパガンダは今でもネット上で拡散していく一方だ。

(その画像についてはZFさんブログに詳しい→ プロパガンダ画像 )






スポンサーサイト

テーマ : 歴史認識
ジャンル : 政治・経済

支那事変中の中国側プロパガンダについてー国民党中央宣伝部・国際宣伝処

支那事変中、中国国民党政府蒋介石側の「宣伝・プロパガンダ」活動について。
中国側は事変勃発間もない頃から抗日・反日宣伝において活発に動いていたようだ。1938年には既にアメリカ各地で抗日プロパガンダ映画が上映もされていた。

戦時中の重慶における官営撮影所の映画製作について
――『東亜之光』を中心に 
作者: 韓   燕 麗  

という論文がある。
 
以下、重要箇所抜粋引用

  国民党中央宣伝部・国際宣伝処

1937年11月に(略)国民党中央宣伝部に国際宣伝処が設立。翌年の年頭には蔣介石から「とくに対米宣伝活動を強化せねばならない」という指示が出ていた。その目的は「日本軍の暴行を暴露し、アメリカ輿論の同情を得、アメリカ政府のさらなる制裁手段を促進する」ことにあった


  中華全国電影界抗敵協会

1938 年1 月29 日、一致抗日というスローガンのもとで、「中華全国電影界抗敵協会」という映画組織が共産党や国民党そして党外人士を含む各勢力の映画人によって立ち上げられた


1938 年に、軍事委員会政治部の陳誠および中央宣伝部と外交部の要員の指令により、「日本侵略者の暴行」を写した写真および映画がアメリカの各地で展示・上映された。



その論文で具体例として挙げられている『東亜の光』だが、その映画については戦前日本の記録も残っており、捕虜となった日本兵が中国側プロパガンダ映画に出演させられていた事が分かる。
”抗日映画『東亜の光』に出演せる台湾人及び邦人俘虜に関する件”  1940年4月記録文書
アジア歴史資料センター・アーカイブス
     C7rNzaJV4AA1tMc.jpg クリックで拡大
 ”「東亜の光」に出演せる何非光及び敵の俘虜となりたる我士兵にして同映画に出演せしめつつありと云う山本薫、檀進、高橋信夫、中條嘉久一、中村某、谷口某等十名ーー” など読める。

こうなると「日本兵による残忍行為」=ヤラセ演技の写真、フィルム、映画などいくらでも撮れただろう。


関連で:
「国民党中央宣伝部」と言えば、つい最近、中国人民網のこんな報道があった。

人民網記事ーー南京大虐殺を描く堀田善衛の「時間」 中国版が刊行 

福田康夫元首相は6月に「中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞紀念館」を見学した際、「時間」に言及し、「事実は事実だ。史実を尊重して、後世に広く知ってもらうのが私たちの責任。堀田氏も同じ思いを抱いてこの作品を完成させただろう」と語った

 

堀田善衛 ウィキ

堀田は大戦後上海で中国国民党中央宣伝部対日文化工作委員会に留用されていた。つまり中国側工作員として活動していたわけだ。
福田元首相が「南京虐殺記念館」で言及したのは、その堀田の作品・・・ 何と情けない元首相であることか。









731部隊ニセ写真・そのソース元


「731部隊による人体実験写真」とされているが、実際には1910-1911年満洲でのペスト流行時の検死写真である例。

明治四十三四年南滿州「ペスト」流行誌附録寫眞帖 1912年刊 
 
 p67、68、101など

ロシアにも同じ写真が存在している
  ロシア側写真資料


 (中途ですが後日続きを)





平穏な南京市内 



2017年9月 産経ニュースより 
 南京事件1カ月後の姿を写した写真

 写真を撮ったのは、満州電信電話の技術者だった杉山友勝さん(昭和62年、81歳で死去)。メモによれば、13年元旦から関東軍の指示で上海・南京地区の通信施設の防空設備視察のために同僚3人と出張。南京へは陥落(12年12月13日)から1カ月弱の13年1月7~10日に訪れている。
 写真は、中国・国民党軍が南京退却時に残していった放送スタジオ「中央党部内演奏所」や北極閣(気象天文台)の地下に置かれていた「軍通信司令部」など放送・通信施設を中心に撮影。また、欧米人が国際委員会を組織し南京市民が避難した安全区(難民区)内や同地区以外の城内、城外の街や市民の様子を写したものなど数十枚に及ぶ。



記事にある遠景写真の方、
 DKsv027XUAAENW7 - コピー

黄色〇で囲んだ部分が他の南京写真と一致。
↓アサヒグラフに掲載された、「北極閣」からの撮影(赤丸部分が上の写真と同じ)。
期日は1938年1月11日となっている。

     IMG_1911 - コピー - コピー
     (クリックで拡大して下さい)
こちらの写真は1938年アサヒグラフに掲載されたもの。
その解説部分→ IMG_1911 - コピー (2)

地図で見ると 6W_0xVXg - コピー (2) - コピー
「北極閣」は南京城壁内の北東辺りにある。

産経ニュースで報道された写真も、当時のアサヒグラフ報道写真も撮影はほぼ同じ場所、同じ時期と思われる。
産経の方は『満州電信電話の技術者だった杉山友勝さんはーー13年1月7~10日に訪れている』とある。

※いわゆる「南京虐殺」とされている事案は、中国側の主張では12月13日攻略以降、翌1938年2月中旬頃まで続いたとされている。
(東京裁判の検察側最終論告には、「6週間に南京市内とその周りで殺害された概数は26万ないし30万」と)
南京攻略にあたった中支那方面軍ー上海派遣軍・第10軍含むーが解体され、新たに中支派遣軍が編成されたのが1938年2月14日、その再編によって「非道行為は一応止んだ」としているためだ。
同時に中国人も欧米第三者国人の往来も可能になった。(英国とドイツの大使館職員は1月10日既に戻っている)

つまりこれら写真にある1月10日前後というのは「南京虐殺」最中とされている時期。



ところでこのドーム状のものは何かと言うと、南京城壁内・中央大学(現・東南大学)講堂のドーム屋根。
この地域を戦前、撮影した人がいる。
先日書いたエントリー  ヘッダ・モリソン写真
モリソン女史が1944年に撮影した中央大学遠景。 312100035154fa4084e5_2018062301353064b.jpg
 中央辺りに6角形か8角形くらいのドーム屋根が見えている。



こういう写真群が「南京事件・虐殺」の有無に関係するかは分からない。
中国側は南京城内でもあちこちで多数の「虐殺」があったと主張しているが、この種の写真どれを見ても街並みが崩壊しているようにも見えないし、(広大な地域ではあっても)死体累々という様子は感じ取れない。





欧米各国ジャーナリストが取材した支那事変 ヘッダ・モリソン

各国に残されている戦前中国の写真庫
その中でも日本軍が関係した時代のものを。

中国歴史写真庫  英国ブリストル大学アーカイブス

Hedda Morrison ヘッダ・モリソン写真 ハーバード大アーカイブス (941枚あるので重いです。各タイトルをクリックすると拡大画像が)

ヘッダ・モリソン (Hedda Morrison 中国語名・海達·莫理循 1908-1991)は1933年~1946年まで中国各地を廻り、28冊の写真集を残している。
Photo_of_Hedda_Morrison.jpg

    スクリーンショット (1747)
1944年には南京に滞在している。つまり汪兆銘政権時代であり、日本軍も駐留していた。

ヘッダ・モリソン・コレクション  英ブリストル大学 Historical Photograghs of China
 
中国語サイトだが、こちらでも主要なものが纏めて見られます。
中国語サイト


ここから南京と記載あるものを何枚かアップしておきます。

     スクリーンショット (2345)
   
     312100035154fa4084e5.jpg

     スクリーンショット (2347)

     スクリーンショット (2348)

     スクリーンショット (2341)

     スクリーンショット (2342)