FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那事変中の中国側プロパガンダについてー国民党中央宣伝部・国際宣伝処

支那事変中、中国国民党政府蒋介石側の「宣伝・プロパガンダ」活動について。
中国側は事変勃発間もない頃から抗日・反日宣伝において活発に動いていたようだ。1938年には既にアメリカ各地で抗日プロパガンダ映画が上映もされていた。

戦時中の重慶における官営撮影所の映画製作について
――『東亜之光』を中心に 
作者: 韓   燕 麗  

という論文がある。
 
以下、重要箇所抜粋引用

  国民党中央宣伝部・国際宣伝処

1937年11月に(略)国民党中央宣伝部に国際宣伝処が設立。翌年の年頭には蔣介石から「とくに対米宣伝活動を強化せねばならない」という指示が出ていた。その目的は「日本軍の暴行を暴露し、アメリカ輿論の同情を得、アメリカ政府のさらなる制裁手段を促進する」ことにあった


  中華全国電影界抗敵協会

1938 年1 月29 日、一致抗日というスローガンのもとで、「中華全国電影界抗敵協会」という映画組織が共産党や国民党そして党外人士を含む各勢力の映画人によって立ち上げられた


1938 年に、軍事委員会政治部の陳誠および中央宣伝部と外交部の要員の指令により、「日本侵略者の暴行」を写した写真および映画がアメリカの各地で展示・上映された。



その論文で具体例として挙げられている『東亜の光』だが、その映画については戦前日本の記録も残っており、捕虜となった日本兵が中国側プロパガンダ映画に出演させられていた事が分かる。
”抗日映画『東亜の光』に出演せる台湾人及び邦人俘虜に関する件”  1940年4月記録文書
アジア歴史資料センター・アーカイブス
     C7rNzaJV4AA1tMc.jpg クリックで拡大
 ”「東亜の光」に出演せる何非光及び敵の俘虜となりたる我士兵にして同映画に出演せしめつつありと云う山本薫、檀進、高橋信夫、中條嘉久一、中村某、谷口某等十名ーー” など読める。

こうなると「日本兵による残忍行為」=ヤラセ演技の写真、フィルム、映画などいくらでも撮れただろう。


関連で:
「国民党中央宣伝部」と言えば、つい最近、中国人民網のこんな報道があった。

人民網記事ーー南京大虐殺を描く堀田善衛の「時間」 中国版が刊行 

福田康夫元首相は6月に「中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞紀念館」を見学した際、「時間」に言及し、「事実は事実だ。史実を尊重して、後世に広く知ってもらうのが私たちの責任。堀田氏も同じ思いを抱いてこの作品を完成させただろう」と語った

 

堀田善衛 ウィキ

堀田は大戦後上海で中国国民党中央宣伝部対日文化工作委員会に留用されていた。つまり中国側工作員として活動していたわけだ。
福田元首相が「南京虐殺記念館」で言及したのは、その堀田の作品・・・ 何と情けない元首相であることか。









スポンサーサイト

「南京虐殺」捏造に利用される中国爆撃事件:第二次上海事変


・第二次上海事変
1937年(昭和12年)8月13日から始まる中華民国軍の上海への進駐とそれに続く日本軍との交戦
であるが国民軍は日本軍陣地への戦線布告無しの射撃だけでなく租界や市街を爆撃した。

8月14日には日本艦艇をねらったとされる国民党軍機による空襲が開始された。この爆撃によって周辺のフランス租界・国際共同租界に投下された爆弾はパレス・ホテルとキャセイ・ホテル前の路上に着弾し、729人が即死し、861人が負傷した31分後には婦女子の避難所となっていた大世界娯楽センターに爆弾が落ち1,012人が死亡し、1,007人が負傷した。民間人3000人以上の死傷者




第二次上海事変に関しては ”歴オタたちが本気で調べる近代史” ブログさんが徹底検証しているので参考に。

歴オタたちが本気で調べる近代史 1.

歴オタ・ブログ 2

歴オタ・ブログ 3

歴オタ・ブログ 4

歴オタ・ブログ 5


被害全体の様相はこんな感じ
DDwIkBlUwAAjuhF.jpg



こちらは動画版。米国人Mark Moodyによる撮影。
1937年第二次上海事変 8月23日上海・南京路シンシア百貨店(先施公司)への中国軍機による爆撃後の被害  
↓特に解説は付いていない。
   南カリフォルニア大学USCアーカイブス


ほぼ同じ動画。解説は事実に即しておりほぼ正確。
Chinese military's air-raid on Shanghai -- August 14, 1937, British News "Bloody Saturday" by KMT
   

↑は英国人ジャーナリストRalph Shawによる記録 
”爆弾が落ちたエドワード・セブンズ通り(延安東路〜延安中路) の惨状はもっと酷かった。中国の劇場地区で、露店エリア、舗道のサイドショー、いつも観光客で賑わっていた所だ。大虐殺はひどかった。それが上海地域で中国が始めた攻撃の最後のものだった。”

この上海事変全体の様相については、仏エクス・マルセイユ大学、近代中国史専門のChristian Henriot教授の論文がしっかり史実に沿っており正確に描写していると思えた。
論文タイトル [War and the death en masse of civilians]『戦争と民間人の大量死』
支那事変当初、民間人「虐殺」したのは中国軍だった。
”On the first day of the war, Shanghai experienced its highest civilian war casualty. Worse, the Chinese pilots had killed their own people.” 
   上海事件論文へのリンク
 
スクリーンショット (2309)
スクリーンショット (2310)
  (手直しはしているが手抜きの機械翻訳で悪しからず)





ここからは「南京虐殺」捏造に関連して。
国内ではウソがばれるからか使われる事はほぼ無いようだが、中国メディアだけでなく海外のネット上・メディア、あちこちで南京として使われている映像・画像

"Bloody Saturday" bombings by the Chinese military, Not of Nanking's. 
   スクリーンショット (1749) - コピー
   英ブリストル大学アーカイブス より

これも中国軍による上海爆撃被害の様子だが、海外のネット・メディアでは「南京虐殺」とされ頻出している。

他にも、こうやって「南京虐殺」だとして動画に挿入されることが多いシナ人負傷者の映像。
   スクリーンショット (358)
                 ⇓
が、実際には上海事変での様子。左の一部を切り取るつもりだった?何のために??   
   スクリーンショット (2130)
    ブリストル大・資料画像 

これを撮影したのはMalcolm Rosholt、アメリカ人ジャーナリスト。1937年まで上海取材。1943年から2年間は中国で情報将校、フライングタイガース指揮官シェンノート付き連絡将校であった人物。





凄惨な画像ばかりになるので、息抜きおまけとしてこんなのを。


1937年支那事変開始後、上海にて。
日本軍人と米アジア艦隊ハリー・ヤーネル提督。 
Admiral Harry Ervin Yarnell with Japanese soldiers,1937 Shanghai
Admiral Harry Ervin Yarnell with Japanese soldiers, Jessfield Railway Bridge, Shanghai


Japanese soldier lighting cigarette of American officer, Jessfield Railway Bridge, Shanghai in 1937 
DDwEfaqUQAANss3.jpg




新たに公開された「南京事件」マギー・フィルム

『南京虐殺』の証拠だとされている「マギー・フィルム」が、エール神学校サイトで公開されています。  
 
ジョン・マギーの孫が保存していて昨年11月エール大神学校(「南京虐殺プロジェクト」)に寄贈されたもの。
それを南カリフォルニア大(USC Shoah Foundation )がデジタル化。 
--Shoah Foundationとは:ナチス・ホロコースト研究主体の団体でスティーブン・スピルバーグに拠って設立された--
 
John Gillespie Magee wikipedia 
 
↓エール神学校ライブラリーのサイト 
マギー・フィルム2本ほか写真

Magee Reel 9 と Magee Reel 1 が新たに公開されたフィルムのようです。
他の写真・文書類は以前から公開されていたもの。
以前エントリーした南京関連資料

Reel 9 の傷病者が担架で運ばれるシーンは
東中野修道氏『南京事件・証拠写真を検証する』本p201・写真129と同じもののようです。
本では1938年3月棲霞山・仮手当所とある
p188に拠ると、これまで公開されていたフィルムはH・ティンパーリが編集したものであり、本人が「余計な部分をカット」と証言しており、そこに字幕説明を挿入加工したもの、とある。
今回は編集無しの原版だろうか。





(画像クリックで拡大)
マギー・フィルムより 安全区内、金陵女子大学構内での予防接種の様子と思われる。
スクリーンショット (457)

安全区?街路の様子
スクリーンショット (458)








人気ブログランキングへ

「南京攻略戦」米軍文書の訳文追加しました

先日の支那事変資料について
文書画像を間違えて貼っていた?かも知れないので確認して差し替えました。
他、訳文を少し追加しました。 
     ⇓ 
米軍資料「南京攻略戦」「上海事変」 
 






人気ブログランキングへ

米軍資料 「南京攻略戦」「上海事変」 

 以下の米軍文書はテキスト化されていますが文字化け・不明が多いので、少しづつ書き出して日本語訳も付けようと思っております。
 

●「南京城攻略」は 1937年12月13日 
  南京攻略戦 wiki 
 

(画像はクリックで拡大)
 

Asiatic Fleet. Weekly Intelligence Summaries. 1938, January-April
 
96ページ (日本軍部隊が入城する前の中国軍・兵の様子)
louasiatic127096  南京 支那兵 米軍文書

The accounts of the capture of Nanking are far from Chinese defending general is said to have fled the city without even informing his staff.
南京防衛軍将軍が部下にさえ知らせず遁走したと言われているため、南京が攻略された時の将軍からの報告は得られていない。

The Chinese soldiers left on their own, looted and destroyed some of the city property and according to one account shot down many civilians and donned their clothing in order to escape.
残された中国兵は、掠奪したり市内の財を破壊した。
また報告に拠れば、多数の市民を銃殺し、逃走するために、殺した市民の衣服を身に付けた。

  
(初め訳文で「中国軍将校」としてたのですが「将軍」と修正しました。この時の中国軍将軍は唐正智であり、12月12日に遁走。
取り急ぎの翻訳なので随時直していきます。)


183ページ (12月10日 南京城内・城壁・揚子江河畔の様子)
asiatic fleet p183 南京 中国兵パニック

General Tang asked our assistance in arranging the truce with the Japanese and Mr. Sperling agreed to take a flag and message but it was already too late.
He (Tang) fled that evening and as soon as the news got out disorganization became general.

There was panic as they made for the gate, Hsiakwan and the River.
The road for miles was stream with equipment they cast away- rifles, ammunition, belts, unifom, oars, trucks, everything in the way of army impediments.
彼らが城門、下関(区)、河(揚子江)に向かった時にはパニックとなった。
道には何マイルにも渡り彼らが投げ捨てていった備品が連なっていた。ライフル、弾薬、ベルト、軍服、オール、トラック、邪魔になる軍装品は何でも捨てられていた。

Trucks and cars jammed were overturned, caught fire; at the gate more cars jammed and were burned- a terrible holocast- and the dead lay feet deep.
渋滞したトラックと車はひっくり返され、燃え上がった。
門の所ではより多数の車がひっくり返り燃えており、酷い丸焼け状態であった。
死者の数は足元を埋めるほどだった。

The gate blocked, terror-mad soldiers scaled the walls and let themsefves down on the other side with the ropes,puttees and belts tied together,clothing torn to strips.
Many fell and were Killed.
門は閉鎖されており、恐怖に狂わんばかりの兵士らは、
ロープ、ゲートル、ベルトなどを結びあわせたり、洋服を引き裂いて紐状にして使い、壁をよじ登り向こう側に降りた。
多数が落ちて死んだ。

But at the river was perhaps the most appalling scene of all.
A fleet of junks was there.
It was totally inadequate for the horde that was now in a frenzy to cross to the north side.
The over crowded junks capsized; they sank; thousands drowned.
河の様子は、おそらく最も悲惨であった。そこにはジャンク(中国式木造帆船)船団がいたが、逃走の群衆が北の河畔に渡るには数が全く足りなかった。過積載のジャンクは転覆し沈没、数千人が溺死した。

Other thousands tried to make rafts of the lumber on the river front, only to suffer the same fate.
Other thousands must have succeeded in getting away,but many of those were probably bombed by Japanese planes a day or two later.
また別の数千人は河岸で材木から筏を作ろうとしたが、(転覆で溺れた者達と)同じ結果に陥るだけだった。
残りの数千人は無事逃げ果せたと思われるが、おそらく、その中の多くは1日か二日の内に日本軍機に爆撃されたであろう。









●第二次上海事変 1937年 8月13日  
第二次上海事変


Asiatic Fleet. Some phases of the Sino-Japanese conflict (July to December 1937) 


20ページ (8月14日朝 中国軍機による租界爆撃 パレス・ホテルなど被害と難民の様子) 
支那事変 上海 難民Some Phases of the Sino-Japanese Conflict (July to December, 1937)


21ページ (8月14日 中国軍機による、繰り返される上海租界空爆 )
1第二次上海事変 アメリカ文書 
 

23ページ ( 「中国の責任」との記述 )
第二次上海事変 米軍文書 2 ダグラス機


24ページ (8月30日 「中国機による誤爆」)
1937.8.30 中国機による空爆


空爆された上海租界の被害写真 
閲覧注意 でお願いします)

チベット通りとモンティニー大通り交差点
第二次上海事変  チベット通りとモンティニー大通り交差点 中国軍爆撃
 
 
第二次上海事変 中国軍爆撃

大世界娯楽センターの被害。難民避難所になっていたここでは1,012人が死亡し、1,007人が負傷。
スクリーンショット (49)



戦闘休止中の日本兵にお茶を注ぐ中国人女性 
chinese_woman_pouring_tea_for_japan_2110272362.jpg

 



●(おまけで)支那事変ではなく1927年 国共内戦
The USA’s decades long warfare against China
「米中間の数十年に渡る戦争」 
 
支那事変以前、1927年蒋介石に拠る北伐・共産党員・市民の虐殺について書かれています。
これらの被害者数が「南京虐殺」として数えられ、殺戮画像もそれとして使われているケースもあるのではないか、
また蒋介石軍の非道行為は欧米で知られていない・忘れられている様子もあり、何から何までが「日本軍の犯罪」「南京虐殺」とされてしまう危惧がある。
その意味から国共内戦の資料も今後あげてみようと思っています。





人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。