プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が出す「証拠資料」に証拠など無い!

旧日本軍の悪行の証拠だ!と言って中国が次々に出してきている文書類、これにしつこく拘っております。

↓は以前書いた関連エントリー

「従軍慰安婦」証拠なるもの

「従軍慰安婦強制性の証拠」


そしてまたこんなニュースが。
日本軍文書翻訳者 文書は証拠であり真相そのもの ←新華網・日本語版

(記事文削除しました)

↓こちらは1月報道の公開文書画像付きのニュース
吉林省、中国侵略旧日本軍の労働者強制連行の新たな証拠を発見-新華網 ←新華ニュース

・一番上の画像

「特殊工人」とは

主に八路軍兵士の捕虜 で、一部に国府軍捕虜、帰順兵も含まれていたといわれています。そして、鉱山などで使用する側は、彼らを「特殊工人」 と呼び、一般の工人とわけて管理していました。

脱・洗脳史講座 ←囲み文はこちらのページからお借りしました。この方のサイトは全ページ必見です)

・一番下の画像

「工人監視」の部分を指さしており、まるで「強制連行・強制労働」させているかのように見せている。
ところが指の右側を見ると、

「用便を装い二名●話掛け●奪取 背後から抱き締め●殺害する如く定めありたる
而して襲撃逃走●
検閲のため工人休業し又工人監視衛兵交代しありたり」



「工人」とは

工人は「苦力」(クーリー)と同義ですが、とくに民族協和を標榜する満州国の建国後は、侮蔑的意味を持つとして公式には「苦力」を使用せず、しだいに「工 人」 「華 工」 「労 工」が印刷物を中心に定着していきます。ただ、一般人の会話には「クーリー」は使われていました。

入 満 者 の 特 徴
「 北支労働者の多くは縁故をたどり集団として雇用され、苦力頭(把頭)により統率される。
その組織は1班14、5名より成り、三頭(班長)、二頭を経て苦力頭に至るピラミッド型の統制を形造っている。
苦力頭は日本でいう人夫頭または鉱山の納屋頭に相当し、
自分は労働せず、もっぱら労動者の管理と事業主との折衝にあたり、・・・ 」



上記文書は工人を強制労働させていた訳でも、不要に監視していた証拠でも何でもなく
入満工人=シナ方面から満洲国に入った入植者でもあり出稼ぎ労働者が、略奪か何かのために殺意を持って人を襲い逃走した、犯罪人が出たというので検査と監視を厳しくした、ということだ。




それからこれ。
731部隊の「生物兵器」の実践使用の証拠文書とか言って出してきた中のもの。


関東軍臨時ペスト防疫隊 於国防会館

1.捕鼠作業の強化 同地区の拡大に伴い病原検索班の業務は益々繁忙を加ふるに付 成績整理
都合1捕鼠地区捕猟数を明記したる送状を附し速に届出けられ度
2.三不管両南側鉄道線路付近には斃猟多し


なにこれ。
単なるネズミ駆除対策です。
当時満州~シナ方面は各種疫病が蔓延していたらしくペスト警戒もあったようなのでまずは鼠駆除だったのだろう。
中国は731部隊はノミや鼠を利用した生物細菌兵器を開発して実践に使用していたと必死だが、実態は全くの逆。


いまでさえ中国には正体不明の感染症や新型インフルが出てきてるじゃないの。
衛生状態悪く、家畜と同居して土足生活、市場には生きたままの家畜を並べる・・・今でさえそれなので当時は推して知るべし。




こんな風に、中国が「証拠だ!」と自信満々に出してくる戦前日本の文書は、原本を見れば何という事もない戦争犯罪に掛かるような事はどこにも無い。

最初に出したニュースにある日本文書の翻訳者・研究者というのは、内容をわざと捻じ曲げて伝えているのか、それとも戦前日本の用語が理解出来てないのかどっちだろう。
上の記事には

文書はその9割が古い日本語で書かれていて、現代日本語と大きく異なっている上
そのため日本語を専攻している専門家にとっても、たいへん難解なものです。

とあるので読み解けてないのだろう。
中国は1950年以降漢字をどんどん簡体化しているので余計分からなくなっているのだろう。
それに戦前日本の文章を読み解くには日本人なら(私ならば)まずは先人への敬意と愛情が要ります。先人を理解したいという情熱です。
日本人を貶めようとする情熱では無理でしょうねえ~。





スポンサーサイト

また中国が出してきた「従軍慰安婦強制性の証拠」文書ーどこが証拠なんだか

中国、3度目の戦跡ツアー 「従軍慰安婦の強制性」訴え ←朝日新聞digitalより

中国政府は28日、旧満州国の首都が置かれた東北部の吉林省長春に中国駐在の外国メディアを招き、第2次大戦の戦跡を案内する取材ツアーを実施した。今年1月の遼寧省、2月の南京市に続く3度目で、戦時中の旧日本軍の行為を国際世論に訴える狙いがあるとみられる。
 
檔案館では、中国人研究者たちが、館内の保存資料を示しつつ「日本政府による従軍慰安婦の強制性」などを訴えた。穆占一・副館長は「日本政府が歴史を否定しており、この時期に研究を加速させて歴史の真相を明らかにする必要があった」と説明。研究の客観性を担保できる可能性がある日中合同研究については「今後も実施する予定はない」と述べた。



最近中国は必死でこうやって「証拠資料」なるものを出してくるので、私は出来る限り画像を探し出して保存するようにしている。
例えば↓ここに画像が何枚か。

人民網・日本語版


これら画像を自分のファイルに保存するのですが、ブログにアップするのに少し縮小しようとするとエラーが出たり、真っ白になったり・・何かウィルスでも仕組まれてるのか?!
ということでアップは出来ないので悪しからずすみません。
上のページに出ている画像の文書を見ると、どれも戦前満州の本物には違いないようだが「証拠」と言えるような物は何も無い。

以前エントリーした、自分なりに分析してみた文書
「従軍慰安婦」の証拠なるものーこの文書をどう考えればいいか クリックどうぞ

「国家総動員法に縛られ」ているのはどこからどう見ても慰安婦や朝鮮人ではない!
日本人のことか、あるいは物資統制や配給券のこと。


こんな風にあっちが証拠として出すものは一部文字をピックアップして都合良く繋げているだけだったり、取り締まった記録を「罪を犯した証拠」としたり、甚だしい拡大解釈だったりばかりだ。

上にあげた人民網に出ている文書の左から二番目
慰安婦募集のチラシのようだが、

(不明)境女性に御知らせ
今回当地に於いて慰安所を開設致しましたのでご利用下さい 
花代 未婚婦人 無料
   既婚者  50銭
   子持ち  1円
(処女の方は特待す パンコーヒー付)
     慰安所所長



まずこれは警察か憲兵かが違法に「電柱」に貼り紙していたものを取り締まって、その内容をそのまま転載しているものらしい。
取り締まっているのにそれが当局や軍が関与した証拠と?
そんなバカな。
しかもこの場合「花代」として未婚婦人が無料で、子持が1円とは?
これは場所代の事でしょうに。
娼婦志望の女性から個別にカネを取って場所を提供するシステムなんですね、こんなのがあったんですね~。
とにかく何らか法か条例に違反しているから取り締まられた、ってことです。

一番左の文書には
「軍の為の慰安施設状況 各地に於ける慰安施設次の如し」
「上記の外 芸者17名あり」
の言葉も見える。
これを「軍が用意した慰安所」と見るかどうか。
そうだとすると同時に「芸者」と書いているので芸者まで軍が用意している?
普通に考えて「軍が利用可能な施設」との意味に思うが。
当時内地でも「軍指定の」民間飲食店があった。
現在でも日本だけでなく世界中の軍用基地を見ればどこでも飲食店などが集まって来て「軍専用」のようになるのは当たり前。

そんな証拠にもならない文書を出してきて、朝日の記事では外国メディアに公開、パキスタン記者に見せたとあるが、戦前の手書きの日本語をパキスタン人が読み解ける訳無いでしょうに。
日本人でも(朝日か?)サヨク脳した記者なら勝手解釈するのだろう。あるいは若い記者なら読めないか。


戦前日本の手書き文の独特な言い回しを読み解ける人間が各国にいくらも居るはずもなく、中国は逆にそれを狙ったのだろうが、証拠だと見せられた物を「しっかり見せているから真実かも」と受け止め信じてしまう記者が多数いるとしたら
世界中メディアは腐ってるとしか言えない。




「従軍慰安婦」の証拠なるものーこの文書をどう考えればいいか

(本文アップ後に判明したことなど、長文で追記しました)

(随時追加しています)

ここ数日、中国が「従軍慰安婦の証拠」として出してきた文書の画像を探し出してきました。
以下見て下さい。


(著作権侵害でやられるといけないので削除しました)



書き起こし

「ーーられたる慰安所あるのみ。慰安所と申せば一寸劇場か見世物小屋のように想像せられますがさにあらず此兵舎に起居する兵どもの貴重なる精力の排出ケ所なのです。慰安所の兵力は僅かに20名そこそこの鮮人にて然も国家総動員法に縛られ芳子や花子なる桃色配給券が分けられ(不明)
軍隊でなければ見られぬ光景です
(不明)という解にて安サラリーには向きません。
(不明)専ら将校連中専(以下不明・専用?」


(別の1枚)
「慰問婦仕入れ資金の件  252、000円 
右は表面上公金なるも実際(不明)」



これをどう見たらいいのでしょう。
果たして本物なのか。
上の「手紙」とした物の字面が当時の印刷フォントのように見えなくもない、濁点や句読点が全部省略されている。
知人への手紙になぜこんな字を使うのか、なぜこんな事を伝えようとしたのか。
これが本当だとして「軍の施設」である証拠にはなっていない。兵士らが大挙して利用しようが経営や運営とは別だ。
下の文書は「慰問婦」とあるが文字通りなのか違うのか。

この画像から何か読み取れたり想像できる方、見解をお聞かせ下さい。





追記・他のところに別の角度からの画像がありました。

(朝鮮日報日本語版) 慰安婦:中国、強制動員裏付ける資料を新たに公開 ←文書画像

これを見て上の書き起こしに追加しました。
慰安所は「安サラリーには向きません」とあります。
民間人がこう書いてあるということは、民間人が利用できる場所だが、安易に利用できない程高く付くということ。
つまりは慰安所は民間の施設だということになるし、慰安婦もタダで働いていた訳ではないと分かる。


資料は全部見てみるものですね~。
ていうか中国と韓国、資料は丸ごと見せなさい!





そしてまた追記。

慰安所の兵力は僅かに20名そこそこの鮮人にて然も国家総動員法に縛られ芳子や花子なる桃色配給券が分けられ(不明)

この部分、「国会総動員法に縛られ」ているのは鮮人娼婦ではないんじゃないのか。

国民徴用令 wiki =国家総動員法のこと

日本本土における施行ー1939年7月より日本内地で
朝鮮における施行ー1944年9月より


上の朝鮮日報の記事の中に
1941年に中国・黒竜江省黒河に住む日本人が、新潟県の知人に送った手紙には」とある。
つまり文章の意味するところは

「日本人としては日本人娼婦も居て欲しい所だが、日本女性は国家総動員法に縛られているので工場や農業に動員されており勝手に移動出来ない。
朝鮮人には徴用令がまだ無く自由に動けるので娼婦が満洲までやってきている、がそれもたったの20人しか居ない」ことを表しているのではないでしょうか。


つまり国家総動員法に縛られているのは日本内地の国民のことではないか。

(1日経ってふと思い出したので、また別の説を追記)
国家総動員法=国民徴用、とばかり考えていたが、この法律は統制経済・配給制も含む。
ということは上の赤字の文では、総動員法に掛かる言葉は「配給制」かも知れない。

総動員法=配給制に縛られているから配給券が配られており、それが無い者が利用するのは難しい・高額かかる
との意味にも取れる。


こちらの説の方が通じる気もするが・・どうだろう。

どちらにしても総動員法は朝鮮人慰安婦に掛かる言葉でないのは明らか。






またも追記で。
以下は私個人の単なる想像の域を出ないので参考程度にどうぞ。

最初の画像の文書は数か月前にも中国が出してきていました。
その時に、この文面は民間人男性が知人の女性(婚約者?)に出そうとして検閲に掛かったものだとの説明。
女性に対して慰安所がどうとか長文で書くかなあと思っていたけれど、私が想像を逞しくするのに、これは女性側から何らかの危惧・疑いを持った手紙への返事ではないかと。
文体も濁点、半濁点、句読点が一切省略されており活字的な文字ということは電報で送ろうとしていたと見ます。
当時普通の手紙にはあった罫線が見当たらないし。

手紙では時間がかかる、急いで「釈明」する必要があったのでしょう、だから電報。

電報でこれだけの長文、「安サラリーマンの自分が行けるはずもない」と何だかとても必死感が伝わってきます。
「20人そこそこしか居ないから将校連中ばかりが利用して自分には番が廻ってこないし」とでも言いたげな。
「娼婦宿とか行ってるんでしょ」と婚約者の手紙で疑われたら、男性はこんな返事書きませんか?
そして慰安所の様子に詳しく必死さから逆に、この筆者はきっと利用したことがあるのでしょう。(笑)

どう考えても中国韓国が言うようなものではないようです。


(「朝鮮人として国家総動員法によって縛られて来た」という表現が含まれている)記事より

いったいどんな読解力してるんだ! 
文字通り物理的に「縛られ」ていると読むとはどこまでアホなのか。
まともに日本語を解す人は居ないのか。
中国韓国は意図的に曲解しているのか、それとも読解力がゼロなのか、多分両方相まって誤読ばかりやっているのだと思う。







「従軍慰安婦」の証拠文書、原文を見れば矛盾だらけ

旧日本軍が付帯施設として慰安所運営=米軍文書 ←yahoo・ワシントン聯合ニュース(ヨンハプニュース・韓国の通信社)

旧日本軍が軍の付帯施設として慰安所を運営していたことが13日(現地時間)、米軍が作成した文書で確認された。
 聯合ニュースが米国立公文書記録管理局を通じ入手した米軍の機密解除文書によると、連合軍の東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC)が1945年4月にビルマ(現ミャンマー)で逮捕した日本兵捕虜に軍の付帯施設の一つとして慰安婦を置いていたかを尋問したところ、この捕虜はマンダレー近郊のメイミョに慰安婦が置かれていたと答えた。



拡大画像があったので書き起こし。

15. AMENITIES

(a) Comfort Bags: PW never had a comfort bag while in BURMA.

(b)Comfort Girls: There had been some comfort girls in MAYNYO, but PW never been able to afford to visit them. The rates were Yen 3.50 and 5.00, with half-rates for half the time. Out of the PW's Yen 24-a month, he saved Yen 10-, the rest went on cheroo's, etc.



AMENITIESを「付帯施設」と訳しているらしいが複数形ではたいてい「設備」になるので、軍に付帯する設備と考えられなくも無い。
ところが never been able to afford to visitです。
can not afford to~ って学校英語で覚えなくちゃいけない必須でしたね~「~する(金銭的)余裕がない」って。

(b)の部分「メイヨーには慰安婦が何人かいたが、PW(捕えた捕虜兵士ー階級などは分からない)は利用する余裕など無かった。
相場は3円50銭~5円で、時間が半分なら値段も半分。兵士の給与は月24円、10円を貯金して後はcheroo(cherootのこと?=両切り煙草)などに使った」


あれ? 兵士のための施設なのに兵士が使うのを躊躇するくらい高額?
日本軍兵士は真面目な人が多く貯金が普通だったようなので、それに喫煙するのも普通、となると貯金に無頓着な人だけが頻繁に利用、あとはほんのたまに利用したんだろう。
(今で考えると24万の給与があって1回3万5千円~5万円の設定だとそりゃあ利用に躊躇するでしょう。
香港攻略後の対日本人のシナ人商売具合を前に書いたが、戦時中アジア全体で日本兵へのボッタクリが横行していたようだ。日本軍の側でも現地人への戦闘巻き込みなど迷惑をかける事もあってなのかボッタクリさせるまま放置していた気配もある。)
そんなに利用しにくい慰安所を軍がわざわざ作ったとしたら、投資に見合わないし兵士の役にも立ってない。
amenitiesを「兵士らの歓楽一般」「兵士の住環境一般」と訳してみると、書かれている内容に矛盾が無くなる。
「軍の付帯施設」との項目だとしたら、comfort girls以外に書かれてないのはおかしい。
付帯施設には衛生医療関係などもあるだろうに。
どう考えても「歓楽について」の項目以外に考えられない。
どうしてもと言うなら軍が指定・認定した安心して利用できる民間の飲食店があったように単に認定した民間施設なのだろう。


あと上の記事の

別の機密解除文書では、1945年4月25日に米軍の情報員が中国人の女性看護師から聞いた話として、日本陸軍の軍医が毎週金曜日に中国・満州の慰安所を訪れ女性らの検診を行っていたことが分かった。



管理監督したら、それが「罪」?
例えば今でも飲食店に食品衛生のために保健所が検査に入るが、検査・監督すれば飲食店に関わる事は全て保健所の責任、となるって?そんなバカな。


最近韓国も中国も、日本軍が関与した証拠文書を見つけたと言うが、原文を見れば主張している事とは矛盾があるのが分かる。
前にも中国が出してきた日本軍が残していった書類で「暴力をふるわれていた慰安婦」の証拠だと主張していたが、原文を見ると「慰安所で暴れた泥酔した兵を憲兵が取り締まった」事案だった。
取り締まっているのに軍が率先してやったようにすり替えるとは。
何から何まで原文を意図的にすり替えて主張しているのは明らか。

中国韓国はもっとしっかり多数「証拠文書」の原文をどんどん公表して見せてみろーー!






中国が出した「日本軍残虐行為」の資料ーー自ら墓穴掘ってます

旧日本兵が手紙で残虐行為に対する耐え難い思いを吐露、「子どもまで皆殺しにした」「強姦は日常茶飯事」―中国紙 クリックどうぞ 「新華経済」の記事

中国吉林省档案館(資料館)で新たに発見された旧日本軍が残した資料の中から、旧日本兵が書いた手紙が大量に見つかった。婦女暴行や子どもの虐殺などの残虐行為に対する耐えがたい思いを吐露した内容。これも旧日本軍の犯罪行為をあらわにする新たな証拠となった。13日付で東方早報が伝えた。


この記事中に3枚だけ資料写真が載っているが、タイトルにあるような手紙ではなく通達文書のようで、一枚は関東軍治安工作要領、一枚は特高警察機構の拡充云々と書かれてあるだけの文書。あと一枚は靖国神社臨時大祭行事に関する命令書。
特にどうという事はない物ばかりをわざわざ公開しているのはどうしてだ?



記事にはこんなことが書かれている。↓

1938年6月8日付で奉天工藤部隊所属の日本兵が妻に宛てた手紙には、「国境付近でロシア人に代わって警備していた同僚によると、強姦は日常茶飯事で、言葉の問題からその対象は満州の女性ばかりのようだ。昼も夜も強姦は行われ、数百人の男に強姦された女性も多いらしい・・・」とつづられている。



検閲に引っ掛かった手紙の内容らしく、「強姦は日常茶飯事」の主語が抜けているがどう考えても中国人朝鮮人現地人の盗賊匪賊の類だ。
満洲国境辺りで匪賊による非道行為があったことはよく知られている事じゃないか。


記事では「日本兵が強姦」と持って行っているが、日本兵が妻へ宛てた手紙で身内の強姦など書くというのか?
警備に当たった日本人は同じ日本人を捕まえるために警備してるのか?
数百人の「男」に、と書かれてもいる。「男」イコール日本兵と読めるなら中国人の日本語解析能力はいったいどうなってる。

結局この手紙が本当だとしたら、中国人(か朝鮮人あるいはロシア人)に拠る非道行為が多数あったと自ら墓穴掘っているようなものだ。中国がそこまで馬鹿だったとは。


以下のはどうだろう。

1938年3月12日付で旧日本軍華中萩洲部隊に所属していた日本兵が記した手紙には、「かわいそうなのは現地の庶民だ。皆殺しにしろという命令を受け、子どもには同情の念が沸いたが、涙ながらに殺した」と書かれている。



庶民というよりゲリラか便衣兵集団か。
シナ戦線では捕虜にしてみたら少年というより子供の兵士が多く居たというから子供でも油断ならなかったのか。
元の文章そのものの画像を出してくれないと分からない。

とにかく証拠資料だと言うなら、きちんと総てを公開すべきだ。




| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。