プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日に

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

現在進行形の侵略国らがいったいどの口で!

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

モー娘、韓国絡みの話ーー日本人の芸能が潰される

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

安倍首相が靖国参拝ーー国家とは過去と未来との運命共同体

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ソルジェニーツィンは30年前に中国の危険性を警告していたーー「敗戦後遺症シンドローム」より

敗戦後遺症シンドローム敗戦後遺症シンドローム
(1983/01)
勝田 吉太郎

商品詳細を見る



発刊は日本教文社
日本教文社と言えば元は生長の家の出版部門だった、今は一般的な保守派の著書を出している。
あくまでも私個人の印象だが、若い頃から生長の家と一燈園だけはカルトにあらずと受け止めていたので、この出版社発刊のものに抵抗感は無い。

本書は昭和58年(1983年)発行だが、今現在の情勢を見越していたかのように的確・詳細な分析で日本・日本人に警告を発している。
「序に代えて」でまずは発行当時進行中だった歴史教科書問題、近隣諸国条項についてその危険性を説いている。

wikiより近隣諸国条項とはーー

1982年(昭和57年)6月26日に、文部省(現在の文部科学省)による1981年度(昭和56年度)の教科用図書検定について、「高等学校用の日本史教科書に、中国・華北への『侵略』という表記を『進出』という表記に文部省の検定で書き直させられた」という日本テレビ記者の取材をもとにした記者クラブ加盟各社の誤報が発端となり、中華人民共和国・大韓民国が抗議して外交問題となった。

1982年(昭和57年)8月26日に、日本政府は、『「歴史教科書」に関する宮沢喜一内閣官房長官談話』を出して決着を図り、その談話では、その後の教科書検定(教科用図書検定)に際して、文部省におかれている教科用図書検定調査審議会の議を経て検定基準(教科用図書検定基準)を改めるとされていた。



これについて著者は

今や私は、これを有難いことだったと思うようになっている。願わくば、今後も高姿勢を堅持して、日本政府と国民にあらん限りの悪罵と嘲笑を浴びせてもらいものである。
韓国政府も中国に倣って日本政府と国民に侮辱を与えてもらいたい。
その結果、日本国民にーー殊に「敗戦後遺症」が尾を引いて腑抜け同然となっている多くの日本人たちに、国民的な誇りと矜持の念や国家的名誉の感情を覚醒させることが出来るならば、これ以上結構な「外圧」はないではないか!

自由の民たる気骨は、独立不羈の精神、自尊の気風と同義である。それは同時に、国民的誇りの感情や国家の名誉という観念と不可分に結びつく。
中韓両国の度重なる侮辱がこの道理を我々に教えてくれるように念願しない訳にはいかないのである。



この著者の皮肉めいた念願にかなり近い状況が今ではないですか!
(パククネは最大の功労者か?笑)
1983年の時点で中国韓国の辿るであろう道を予言していたとでも思わないでいられないくらいだ。
他にどんな事が書かれてあるか以下目次の一部を。

1 日本の崩壊招く敗戦後遺症
 1 敗戦後遺症からの脱却を
(一)“欲望民主主義”が辿る運命
(二)「君が代」の“反動性”と“非科学性” ほか
 2 核の論理
(一)奴隷の平和
(二)「戦争は平和 自由は隷属」 ほか
2 神を喪失した人間の悲劇
1 自由が滅ぶとき
(一)自由のジレンマ
(二)ドストエフスキーの描く「水晶宮」
 2 共産主義と宗教
3 時論集―戦後はまだ終っていない
 1 忍び寄る『一九八四年』
  ・平和運動とニヒリズム
  ・「平和を守る」決意の前に忘れてはならぬこと ほか
 2 現代日本の病理
  ・亡命者の苦悩
  ・建国記念の日に際して思うこと ほか


「自由が滅ぶとき」項目中の「ソルジェニーツィンの日本への警告」が大変興味深い。

共産主義の恐るべき脅威に対してどこか鈍感な、いやむしろ不感症ともいうべき症候群が、西側の先進文明諸国に立ち現われているのであろう。
ソルジェニーツィンはすでに数年前「第三次世界大戦はすでに始まっていて、西側は次々と敗北を喫している」と警鐘を乱打した。
今日我々は、情報戦、謀略戦、外交戦など、広義の心理戦争をソ連から仕掛けられている。
ソルジェニーツィンは読売新聞寄稿論文の中でこう書いている。
「共産主義、それは生命の否定であり、国家の死に至る病であり、全人類の死である。そしてこの地上には共産主義に対して免疫性のある国家は一つも無い」



ソルジェニーツィンが念頭に置いているのは、やがて未来のある時点に宿命的な仕方で日本列島を脅かすかも知れぬ中国共産主義のことである。
「隣国であり、古くから文化の繋がりがあるため、日本人には中国の共産主義がより良いもの、よりソフトなものに見える。が、それは大きな誤算であり、日本の全歴史的運命の終焉さえ招きかねない」こうソルジェニーツィンは(来日時の)講演で力説した。
中国についての彼の暗い予言に反撥する人達は多いであろう。(後略)



自由を圧殺する共産主義に対して自由を死守しようとする気力を奮い起こす事、それによって西側世界における自由の濫用を真剣に反省し、その反省を介して自由の浄化をなす途が開かれるであろう。



外の脅威だけでなく、日本の内部腐敗についてもかなりの頁を割いて警鐘を鳴らしている。
国民が国家に対して「甘え、たかり、ゆする」風潮、「国家」というものを階級闘争史観で害悪と見做したり、また自分らの生命と財産を守ってくれさえすればいいだけの民間ガードマン的存在としてしか国家を見ない風潮など。

どこのどの頁を読んでも示唆に富んで、出版から30年経った今現在読んでも古いどころか無茶苦茶タイムリーな内容だと思う。


こんな価値ある本を出版してきた生長の家、現在はとんでもないことになっているのが驚きというか皮肉と言うか。
創始者・谷口雅春から3代目にあたる現総裁はあろうことか、かなり左傾化した人だそうで。
私の中では新or新・新興宗教の中でカルトでないと感じられる団体はもう一つも無くなってしまいました・・・。





中韓が言う「悪い日本」は自らの投影

韓国がダンマリを決め込む歴史上の“負の遺産” ベトナムの惨劇に謝罪なし  ←zakzakの記事・クリックどうぞ

 

「いわゆる『農村無人化作戦』。最初は敵を探し出し、集中的に攻撃する作戦だったが、なかなか降参しないベトナムの武装ゲリラを掃討するため、民間人が住む農村部を攻撃することにした。事前通告して村から離れないものはすべて敵とみなして殺害する。米軍と規模こそ異なるが、韓国軍の手口は残虐さを極めた」

本紙の連載などをまとめた『呆韓論』の著者でジャーナリストの室谷克実氏はこう語り、朴氏が抱える矛盾を指摘する。
「事実をねじ曲げて『慰安婦は性奴隷』と日本を批判している韓国人は、ベトナム戦争を体験した世代。自分たちがやったことは、日本もやったはずだと思い込んでいる」



残虐さだけでなく、例えば経済成長著しい韓国を日本は妬んでいるという論調も同じ。
自分が常に妬んでいるから日本がそうだと思い込む。
これは心理学で言う投影というやつですねえ。

投影とは wikiクリックどうぞ

心理学で言う投影(とうえい)とは、自己の悪い面を認めたくないとき、他の人間にその悪い面を押し付けてしまうような心の働きを言う。一般的には悪い面を強調することが多いが、良い投影も存在する。



「従軍慰安婦」を強制連行し奴隷の如く扱ったというあれも、戦後~現在の朝鮮人の犯罪で多数あるではないか。
戦時中の新聞でも少なからずその類の犯罪があった。
全て自分らの社会で普段当たり前のように起こっているから、あるいは自身や身近な者がその類の犯罪への抵抗ハードルがかなり低いから、日本人もそうに決まっていると無意識のうちにも決めつける。

小中華意識の韓国でさえこれだから本中華(こんな言葉あるのかな)の中国は言わずもがな。

少し前にNHKスペシャルで「中国文明の謎」をやっていた中にそれらしき物を見た。
NHKスペシャル 中国文明の謎 第一集「中華の源流 幻の王朝を追う」
(このページは中国側のもの。国内ではNHKは画像削除してしまってどこにも無いので仕方なく。中国人がやったのかご丁寧にナレーション全て文字起こししている。)

黄土高原の外れに位置する山西省陶寺村。
かつて ここで栄えた巨大集落。
それが異常な状態の大量の人骨を残しこつ然と 姿を消したのです。
バラバラの状態で放り出された骨。
一体 何が起きたのか。
謎を解く鍵は 豚や牛の骨と共にごみ捨て場から見つかった1体の女性の遺骨でした。
歯のすり減り具合や骨の栄養状態から見て身分の高い女性である事が分かりました。
彼女は 首を切られた上下腹部に 牛の角を差し込まれて殺害されていました。
彼女は 亡くなる前にひどく痛めつけられています。
恐らく 支配されていた集団が反乱を起こしたのでしょう。
それまで 抑圧されていた人たちが支配者に造反し王の権力を覆したのかもしれません。
貴族たちに復讐しこの貴婦人も惨殺してごみと一緒に打ち捨てた可能性が高いのです。
支配されていた集団の反乱で無残に殺された貴婦人。
古代の中国大陸ではまだ 王や貴族の権力は不安定でした。
混とんとした中国大陸で夏王朝はどのようにして権威を高めその後 4,000年続く最初の王朝になる事ができたのか。



この中の女性への惨殺方法は中国が「日本軍がやった女性への残忍行為」と言っている、そのものではないか!
日本国内でこんな人骨など出てきた事は無い。
何かの本だったか、上記のこれだけでなく惨殺跡のある人骨は中国内で少なからず出ているらしい。
正にこれこそ中国4,000年の伝統芸ではないか!(あえて伝統ではなく伝統「芸」)

伝統どころか中国では今現在も凄惨な拷問が行われている。
例えばこれ

中国 チベット人の爪に竹串打ち込み警棒で頭強打・眼球突出 ←記事・クリックどうぞ

他に見るも痛ましい画像付の拷問光景は検索すると出てきます。




「投影」を逆に言うと、日本人はこれまた日本人の感覚で相手を見てしまう所はある。
「情けは人のためならず」と善意も悪意も自分に返ってくるものだと出来るだけ善行をと実行する。
ところが中国朝鮮韓国は善意をこれ幸いとするだけでなく恩を仇で返してくる。
さすがにそこまではやらんだろうと性善説で行動しても想像してもいなかったレベルの事をやられる。

話は飛ぶが
戦後軍事裁判をやられた時に大陸での「日本軍の悪行」を証言した兵士は軍規が乱れていたのは事実とした。
掠奪ー混乱の中で街中に落ちていた女性物の靴片方を隊に持って帰った兵士がいて処罰した
強姦ー休暇中の兵士数人が宿に(娼婦らしき)女性を連れ込んでおり上官が見つけて処罰、正規の娼婦宿でないから強姦とした。
これらが松井大将に軍規の乱れとして報告された。
「略奪」の概念が中国(あるいは欧米列強でさえ)とは違うのだ。

数年前に我が家の近くで中国人少年による独居老人の殺人事件があり、あまりの残忍さに怨恨事件として扱われていたが後に全く顔見知りでもない物取り目的だったと分かる。
日本人に取って怨恨としか考えられない惨殺法が彼らに取っての「ただの物取り」概念なのかも知れないとぞっとしたものだ。


記号論や意味論というのか専門的な事は分からないが
日本は情報戦心理戦の一環として、中韓人が持つ言葉の概念や行動の詳細を研究すべきと思う。






特定秘密保護法案 - ゴキに拠るゴキジェット反対運動(笑

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

超独断ビートルズtop10

ライヴ・アット・ザ・BBC ~ ザ・コレクション (生産限定盤)ライヴ・アット・ザ・BBC ~ ザ・コレクション (生産限定盤)
(2013/12/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


↑これを買おうか迷っているところ・・
レビューを見ると「ライブバンドとしてのビートルズの素晴らしさ」云々が書かれてあるので余計魅かれるが、2枚組にすべきか4枚組にすべきかと真剣に悩む。

この初期のビートルズが特に好きなんですよね~。

何だか自分勝手のベスト曲を挙げたくなったので書いてみます。
一般的有名曲は入ってませんが、あえて除けているのか、結果として自然そうなったか自分でもよくわかりません。
何を焦点にした自分ランクかと言いますと「初めて聞いた時の衝撃度順」とでも言いましょうか。


1. I'll Be Back
2. This Boy
3. Drive My Car
4. It Won't Be Long
5. Glass Onion
6. The Long And Winding Road (naked version)
7. PS I Love You
8. You Won't See Me
9. And Your Bird Can Sing
10. If I Fell



このランクを自己分析するとどの曲も「荒削りな哀愁感」が特徴だと思っています。
それを感じ取るのにはモノラル録音のレコード盤がぴったりだった。

I'll Be Backをギターで弾くと A→Am のところと Fmaj7 がもう何か自分が上手くなった錯覚起こすくらい素敵なコード進行です。
スピッツの曲なんかこの感じが多い気がします。パクっ・・いえいえ影響受けてるんですね。
「スカーレット」のギターがビートルズの曲のどれかにそっくりな気がしてならない。特にジャーンで終わるあれ。If I Needed Someoneかな違うかな。


The Beatles - I'll Be Back




追加。
ビートルズ初期のライブ映像でとてもレア感のある物を見つけたので。
1963年スウェーデンでのライブ。
偉大な物が生まれる瞬間を見ているような、原初の光を見たような(大げさ)荒削り芸術の極致、素晴らしい!
最後4人綺麗に揃ってのお辞儀は恒例だった、ロックとミスマッチなのがかっこいい。

The Beatles - Long Tall Sally













昭和20年2月 一戦没者母親の手紙

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

昭和20年 一戦没者親の記録

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

連合国側だったとの妄想を信じ込む韓国・米コリアン




これを見るとアメリカ人として真っ当な観点からの発言、そしてコリアンへの痛烈な皮肉になっていますね~。

韓国人や在米コリアンは、併合期間に国外に居た李承晩らただのヤクザ者らを「亡命政府」として嘘を完全に信じ込んでおり、自分ら朝鮮人皆が日本と闘っていた=連合軍側であったとの前提で反日をやっている。

テキサス親父はそこを突いてきた訳だ。
お前らは決して連合軍側・アメリカ側ではなく大日本帝国の一部であり自分らアメリカの敵だっただろが、と言う話。
ちゃんと「売春婦」と言ってくれてるし。



グレンデール市ほかアメリカでの慰安婦像に一番関わっているのは、ベトナム戦争退役軍人だそうで。
彼らはベトナム戦争当時が連合軍側だったからと、第二次大戦中も同じだったとの妄想も含んで対日侮辱をやっている。
日本兵が女性にやったと言っている事は全て奴ら自身がベトナムやった事そのもの。
もう無茶苦茶です・・・。











御大礼の記念章と日露戦争の勲章

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

テキサス親父はなぜ日本を擁護するのかーー今日はとことん自説ぶちまけます!

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

『日本人に謝りたい』を読んで「知識人・文化人」が馬鹿な理由が見えてきた

日本人に謝りたい―あるユダヤ人の懴悔日本人に謝りたい―あるユダヤ人の懴悔
(2000/01)
モルデカイ・モーゼ

商品詳細を見る


タイトルと「ユダヤ」と聞いて胡散臭い、トンデモ本の類かと思っていた。
ユダヤ陰謀論か逆に日ユ同祖論、どちらにしろ怪しげな本ばかりの中で本書はそれを合わせて胡散臭さを取り除いたような、もっと昇華しているような。
一行一行が含蓄に富んでいて考えさせられる。
ネット上で著者のモルデカイ・モーゼは翻訳者・久保田政男の覆面だとも言われてもいるが、内容が深ければそんな事もどうでもよくなる。

<秘密保護法案>全52弁護士会が廃案や慎重審議求める声明 (毎日新聞記事 クリックどうぞ)

秘密保護法案:ジャーナリストら「知る権利侵害、廃案を」 (これも毎日新聞 クリックどうぞ)

弁護士、ジャーナリストと言えば「知識人」、昔は進歩的文化人とも言われた類か。

さてこれら「知識豊かな」人らが本当に知識や知恵を持っているのか?
彼らなりの「知識」ある頭脳の力で国家試験を通ったり、一見立派に見える記事を書いたりで現在の地位を得て知識人と見做されているのだろうが、上の記事でも分かるように彼らがとことん馬鹿に見えるのはなぜだ。

元から意図的に操作しようとしている(元あるいは現)外国籍も居るだろうがそれは除外するとして、正真正銘日本人でありながら自らを疑うことなく「知的」であると思い込んで、国益を害する活動ばかりやっている手合いの思考がどうしても理解できなかった。
現在知識人と言われる中にはかつての新左翼活動家も少なからず居そうで、彼らの思考形態も解せなかった。
敗戦後遺症としての権化とでも考えるしかなかった。


「日本人に謝りたい」を読んでいると(エノラ・ゲイの名の由来など眉唾もあるが)上記の疑問が何となく見えてくる気がしてきた。

本書はいわゆるユダヤ陰謀を取り上げ、戦後の日本を操作してきたとして様々な事象を検証しているが、二元論についての考察がかなり面白かった。
マルクス唯物史観や闘争史観に特に詳しい訳でもない私が読んでも分かり易い。
例えば以下の文章。

現在まで日本人は日常のあらゆる面でこの二元論にはまっているのであるが、残念なことに殆どそれを意識していないのではないか。


平等の概念も、二元論に立脚して初めて問題提起されるものである。自然の摂理として平等など決してあり得ない。だからこそ「理想」つまり「現実」でないからこそ人々の心を誘うものである。
これは理想と現実という二元論に立脚して、初めて提起される概念である。




「二元論」という言葉や概念を知らないとしても、それとなく気付いている人は(たとえ小中学生でも)居るだろう。
逆にどれだけ学歴があっても「知識人」と言われようと、そこに気付かず二元論にどっぷり浸かって他者を糾弾することこそが知的と思い込んでいる輩、それが上記の記事になっている弁護士やジャーナリストだろう。

彼らは二元論に対してとても親和的な性向を持っていると思う。
言い換えれば勘の鈍い馬鹿だ。
そして二元論的思考に長けてさえいれば知識人ヅラ出来る。その彼らが主導して、二元的社会を益々助長していくという連鎖。


知的であると自負しているような傲慢な人間は自分がまんま罠に嵌っていることにも気付かない。
世界的標準や進歩的とされている言葉や事象に弱く、自分こそがその先達だと思いたい自意識過剰の連中だ。

新左翼・自称進歩的文化人や自称知識人の思考形態の謎は、結局単に頭の悪さと自意識の肥大に帰結するだけのしょーもない事でしかない。
そんなしょーもない連中のしょーもない動向に、日本と日本人全体が影響されてなるものかと思う。



本書はユダヤ人の陰謀を批判するように見せかけて実は上記の自称知識人を皮肉るのが目的じゃないかとさえ思えてきます。





追記
話が飛びすぎな気もしますが、どうしても関連がありそうなので。

韓国の国旗・太極旗、あれは太極と言いながら太極図に必須の魚眼(陰中陽と陽中陰)が欠けている。
韓国国旗のwikiに拠ると
先天太極図が円内に太極-両儀-四象-八卦すべてを重ねる構図であるのに対して韓国国旗は太極と両儀、四象と八卦を重ねつつ順に四方へと広げていく構図といえる
なんて訳の分からない説明がされているが本当か~?
単に大極や陰陽などどうでもよくてデザインだけで決めただけじゃないのか~?

陰中陽、陽陰中が欠けていればただの二元論になるのではないのか。
陰陽とは決して二元論ではない。

陰陽二元論が、この世のものを、善一元化のために善と悪に分ける善悪二元論とは異なると言う事である。陽は善ではなく、陰は悪ではない。陽は陰が、陰は陽があってはじめて一つの要素となりえる。あくまで森羅万象を構成する要素に過ぎない



名は体を表すというのか、国旗の怨念か知らないが
魚眼を退けてペプシカラーのバリバリ二元論国旗になってしまって、しかも八卦が四卦になっているという意味不明の自称「大極旗」にまるで引きずられるように、韓国という国も国民も二元論の権化に成り果てている。
日本=悪、韓国=善という幼稚過ぎるファンタジー・二元構図の泥沼に自らはまり込んでいる国。





私が嫌韓になった一番の切っ掛け

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

マスコミも元首相も馬鹿が過ぎてる

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。