プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝記大日本史・海軍篇」と「レイテ湾の日本艦隊」

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

ナチス・ホロコースト否定論と「南京虐殺・慰安婦」否定を同列にされる事の危険性

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

弓弦羽神社と桜とサッカー

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

「従軍慰安婦」の証拠なるものーこの文書をどう考えればいいか

(本文アップ後に判明したことなど、長文で追記しました)

(随時追加しています)

ここ数日、中国が「従軍慰安婦の証拠」として出してきた文書の画像を探し出してきました。
以下見て下さい。


(著作権侵害でやられるといけないので削除しました)



書き起こし

「ーーられたる慰安所あるのみ。慰安所と申せば一寸劇場か見世物小屋のように想像せられますがさにあらず此兵舎に起居する兵どもの貴重なる精力の排出ケ所なのです。慰安所の兵力は僅かに20名そこそこの鮮人にて然も国家総動員法に縛られ芳子や花子なる桃色配給券が分けられ(不明)
軍隊でなければ見られぬ光景です
(不明)という解にて安サラリーには向きません。
(不明)専ら将校連中専(以下不明・専用?」


(別の1枚)
「慰問婦仕入れ資金の件  252、000円 
右は表面上公金なるも実際(不明)」



これをどう見たらいいのでしょう。
果たして本物なのか。
上の「手紙」とした物の字面が当時の印刷フォントのように見えなくもない、濁点や句読点が全部省略されている。
知人への手紙になぜこんな字を使うのか、なぜこんな事を伝えようとしたのか。
これが本当だとして「軍の施設」である証拠にはなっていない。兵士らが大挙して利用しようが経営や運営とは別だ。
下の文書は「慰問婦」とあるが文字通りなのか違うのか。

この画像から何か読み取れたり想像できる方、見解をお聞かせ下さい。





追記・他のところに別の角度からの画像がありました。

(朝鮮日報日本語版) 慰安婦:中国、強制動員裏付ける資料を新たに公開 ←文書画像

これを見て上の書き起こしに追加しました。
慰安所は「安サラリーには向きません」とあります。
民間人がこう書いてあるということは、民間人が利用できる場所だが、安易に利用できない程高く付くということ。
つまりは慰安所は民間の施設だということになるし、慰安婦もタダで働いていた訳ではないと分かる。


資料は全部見てみるものですね~。
ていうか中国と韓国、資料は丸ごと見せなさい!





そしてまた追記。

慰安所の兵力は僅かに20名そこそこの鮮人にて然も国家総動員法に縛られ芳子や花子なる桃色配給券が分けられ(不明)

この部分、「国会総動員法に縛られ」ているのは鮮人娼婦ではないんじゃないのか。

国民徴用令 wiki =国家総動員法のこと

日本本土における施行ー1939年7月より日本内地で
朝鮮における施行ー1944年9月より


上の朝鮮日報の記事の中に
1941年に中国・黒竜江省黒河に住む日本人が、新潟県の知人に送った手紙には」とある。
つまり文章の意味するところは

「日本人としては日本人娼婦も居て欲しい所だが、日本女性は国家総動員法に縛られているので工場や農業に動員されており勝手に移動出来ない。
朝鮮人には徴用令がまだ無く自由に動けるので娼婦が満洲までやってきている、がそれもたったの20人しか居ない」ことを表しているのではないでしょうか。


つまり国家総動員法に縛られているのは日本内地の国民のことではないか。

(1日経ってふと思い出したので、また別の説を追記)
国家総動員法=国民徴用、とばかり考えていたが、この法律は統制経済・配給制も含む。
ということは上の赤字の文では、総動員法に掛かる言葉は「配給制」かも知れない。

総動員法=配給制に縛られているから配給券が配られており、それが無い者が利用するのは難しい・高額かかる
との意味にも取れる。


こちらの説の方が通じる気もするが・・どうだろう。

どちらにしても総動員法は朝鮮人慰安婦に掛かる言葉でないのは明らか。






またも追記で。
以下は私個人の単なる想像の域を出ないので参考程度にどうぞ。

最初の画像の文書は数か月前にも中国が出してきていました。
その時に、この文面は民間人男性が知人の女性(婚約者?)に出そうとして検閲に掛かったものだとの説明。
女性に対して慰安所がどうとか長文で書くかなあと思っていたけれど、私が想像を逞しくするのに、これは女性側から何らかの危惧・疑いを持った手紙への返事ではないかと。
文体も濁点、半濁点、句読点が一切省略されており活字的な文字ということは電報で送ろうとしていたと見ます。
当時普通の手紙にはあった罫線が見当たらないし。

手紙では時間がかかる、急いで「釈明」する必要があったのでしょう、だから電報。

電報でこれだけの長文、「安サラリーマンの自分が行けるはずもない」と何だかとても必死感が伝わってきます。
「20人そこそこしか居ないから将校連中ばかりが利用して自分には番が廻ってこないし」とでも言いたげな。
「娼婦宿とか行ってるんでしょ」と婚約者の手紙で疑われたら、男性はこんな返事書きませんか?
そして慰安所の様子に詳しく必死さから逆に、この筆者はきっと利用したことがあるのでしょう。(笑)

どう考えても中国韓国が言うようなものではないようです。


(「朝鮮人として国家総動員法によって縛られて来た」という表現が含まれている)記事より

いったいどんな読解力してるんだ! 
文字通り物理的に「縛られ」ていると読むとはどこまでアホなのか。
まともに日本語を解す人は居ないのか。
中国韓国は意図的に曲解しているのか、それとも読解力がゼロなのか、多分両方相まって誤読ばかりやっているのだと思う。







図書館について

現在住んでいる地域の図書館が新しくなった。(割と都市部です)
これまでは古い民家のような所で蔵書も古く少なく、マトモな本を読もうと思うと市全体の図書館へ電車で出向かなければならなかった。
やっと新しくなった地域の図書館はなかなか立派で、いつ行っても人がいっぱいで大盛況。

ところが蔵書はというと・・何だか物足りない。
大きな市立図書館の方へ集中してしまってるのは仕方ないとしても、それにしても貧相感。

何と比べてそう感じるかというと実家地域の図書館が田舎にしては、なかなか充実しているからです。
施設も立派、蔵書もベストセラー的新刊だけでなく専門分野マイナーなものも率先して入れているのが分かる。
(田舎は大学が無いので専門書は図書館に置くしかないというのもあるかな)
尖閣での中国漁船衝突事件のすぐ後には「軍事・安全保障」コーナーが新たに出来ていて蔵書もたっぷり。
居住地の新図書館には同様のものは存在しない、「歴史」の棚に含まれているだけ。
図書館の基本、十進分類法というのか、それに沿ってさえいればいいんだろうけれど運営上臨機応変にはいかないものなんだろうか。

実は実家田舎の教育委員会も公務員さんも殆どが保守的傾向の地域で、教員にも日教組は殆ど居ない。
となると司書さんも同じ傾向があって、情勢を見て新たなコーナーを作ったと察せられる。
都市圏でも住民の需要があれば新設コーナーを作るくらい太っ腹で居てほしいものですね~。




で今日借りた本3冊紹介


満州歴史紀行満州歴史紀行
(1995/07)
大江 志乃夫

商品詳細を見る


大江志乃夫、共産主義者です。
図書館で借りるのでなければ、こんな本を買う事はありません。
戦前の史蹟を辿る紀行だが、「抗日烈士」の誰それがどうで、ってアンタは中国共産党員かい!
当時の共産党がどうであったか都合よく美化された姿で知ることが出来る程度かな。


ジョン万次郎とその時代ジョン万次郎とその時代
(2001/07/01)
川澄 哲夫、阿川 尚之 他

商品詳細を見る


未読。
日米双方の文書を基に万次郎の足跡を辿る。
これは面白そう。


日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声
(2011/08/08)
鶴見 俊輔、関川 夏央 他

商品詳細を見る

これも未読。
全編が鶴見と関川の対談になっている。
対談本て安易なやっつけ仕事で騙されてる気がして、あまり好きじゃない。
検索したら鶴見俊輔って91才で存命だったんだ~と思ったらまだ活動しているようです。
東北震災後に反原発のブックレット出している、あの岩波から。
9条の会もまだやってるんですね。
ん~~何だかな~まあせっかく借りたから取りあえずは読んでみようかな。












「猿の惑星」の猿=日本人で大いに結構!

過去10年くらいの間に観た中で私が最高傑作と感じている映画。
え?こんなものが?と思われる向きもあるかも知れませんが・・。

猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2012/02/22)
ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント 他

商品詳細を見る


あらすじ wikiより

父のアルツハイマー型認知症を治そうと薬物研究者のウィル・ロッドマンはそのための新薬を開発、実験台としてそれをある雌猿に投与したが、実験は失敗し、雌猿は凶暴化した末に死亡。その後、ウィルはその雌猿が死ぬ前に産んだ仔猿を引き取りシーザーと名付けて育てる事にした。シーザーは成長するにつれ驚異的な知性を発揮していくが、ある日、隣人とトラブルを起こしたウィルの父を守ろうとしたシーザーは隣人を襲ってしまい、それが原因でランドン親子が経営する霊長類保護施設に送られてしまう。だが、シーザーはそこにいる普通の猿達とは馴染めず、しかも横暴なランドン親子の度重なる虐待を受け、人間そのものに対して深い失望感と憎悪を抱くようになる。お金を出してシーザーを取り戻そうとしたウィルの迎えも拒んでしまう。やがて密かに施設を脱走したシーザーはウィルの家からその薬を大量に盗み出し、それを施設中の猿に与えた。そしてシーザーは同じく高い知性を得た他の猿達を率いて革命を起こす。



まず、前半は架空SFというよりまるでホームドラマのようだ。
認知症になるお爺さん役のジョン・リスゴーがいい味出している。
ジョン・リスゴー wiki

高知能のチンパンジー、シーザーは家庭内で子供のように育てられるが、知能だけでなく感情も豊かで思いやりもあり、認知症になったお爺ちゃんを気遣う。
近所の人に苛められるお爺ちゃんを助けたいがために手を出してしまったシーザーは霊長類施設に入れられるのだが、そこの環境があまりに酷い。
暗い個別の檻に入れられたシーザーは家族と家庭への思いをつのらせ、悲嘆の中で住み慣れた家の窓枠の絵を汚い壁に描くーーこのシーンが胸を締め付けられる。
劣悪な環境と虐待・・シーザーはその高い知能で他の猿たちを救うためにも脱走を企て始める。


そしてホームドラマは終わり、SF的アクションドラマへと移っていく。
wikiの解説では「憎悪をつのらせ」とあるが、シーザーは復讐しようとはしていない。←ここ重要
自分を含む猿たちを救い出し、安住の森へ導き人間に邪魔されたくないだけなのだ。





さて、チャールトン・ヘストン主演のあまりに有名な「猿の惑星」第一作映画が出た時に「猿」とは実は日本人のことだと噂された。
原作者のピエール・ブールが大戦中に南方で日本軍の捕虜になったことから噂は割と真実味がある。

第一作で猿は二種類登場し、チンパンジーは知的で中には優しい夫婦や老賢人的なものも出てくるが、ゴリラは残忍で暴力的に描かれる。
南方の捕虜収容所で監督していた多数の朝鮮人軍属が勝手に暴走して捕虜に暴力を振るっていたらしいが、もしかしてゴリラって・・・
ま、それはいいとして。

猿が日本人なら、「創世記」でのチンパンジーも日本人としてくれていいような気がする。
人間と同じ知性を持っているのにも拘らず人間から偏見まみれの目で見られ、思いやりさえも敵意と見做され抑圧されるチンパンジー。
あまりの抑圧に、他の霊長類全てのためにも自由を求めて立ち上がる。
チンパンジー=日本人でいいじゃないですか~。


サル顔の真似して日本人を貶める霊長類より劣る民族もいるようですが、猿でも豚でも動物に見做されても日本人には殆ど効き目ないようです。
ゴキブリと言われたらアホらしさに苦笑はするかも知れないけれど、「ゴキの惑星」を作っても誰も見ないだろうし。


逸れてしまいましたが
この「猿の惑星 創世記」は荒唐無稽さを忘れるほどに、とにかく秀作であると思います。



明日「いいとも」に安倍首相が生出演

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

アメリカの「日本軍戦犯」入国禁止の裏にあるもの

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

「従軍慰安婦」の証拠文書、原文を見れば矛盾だらけ

旧日本軍が付帯施設として慰安所運営=米軍文書 ←yahoo・ワシントン聯合ニュース(ヨンハプニュース・韓国の通信社)

旧日本軍が軍の付帯施設として慰安所を運営していたことが13日(現地時間)、米軍が作成した文書で確認された。
 聯合ニュースが米国立公文書記録管理局を通じ入手した米軍の機密解除文書によると、連合軍の東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC)が1945年4月にビルマ(現ミャンマー)で逮捕した日本兵捕虜に軍の付帯施設の一つとして慰安婦を置いていたかを尋問したところ、この捕虜はマンダレー近郊のメイミョに慰安婦が置かれていたと答えた。



拡大画像があったので書き起こし。

15. AMENITIES

(a) Comfort Bags: PW never had a comfort bag while in BURMA.

(b)Comfort Girls: There had been some comfort girls in MAYNYO, but PW never been able to afford to visit them. The rates were Yen 3.50 and 5.00, with half-rates for half the time. Out of the PW's Yen 24-a month, he saved Yen 10-, the rest went on cheroo's, etc.



AMENITIESを「付帯施設」と訳しているらしいが複数形ではたいてい「設備」になるので、軍に付帯する設備と考えられなくも無い。
ところが never been able to afford to visitです。
can not afford to~ って学校英語で覚えなくちゃいけない必須でしたね~「~する(金銭的)余裕がない」って。

(b)の部分「メイヨーには慰安婦が何人かいたが、PW(捕えた捕虜兵士ー階級などは分からない)は利用する余裕など無かった。
相場は3円50銭~5円で、時間が半分なら値段も半分。兵士の給与は月24円、10円を貯金して後はcheroo(cherootのこと?=両切り煙草)などに使った」


あれ? 兵士のための施設なのに兵士が使うのを躊躇するくらい高額?
日本軍兵士は真面目な人が多く貯金が普通だったようなので、それに喫煙するのも普通、となると貯金に無頓着な人だけが頻繁に利用、あとはほんのたまに利用したんだろう。
(今で考えると24万の給与があって1回3万5千円~5万円の設定だとそりゃあ利用に躊躇するでしょう。
香港攻略後の対日本人のシナ人商売具合を前に書いたが、戦時中アジア全体で日本兵へのボッタクリが横行していたようだ。日本軍の側でも現地人への戦闘巻き込みなど迷惑をかける事もあってなのかボッタクリさせるまま放置していた気配もある。)
そんなに利用しにくい慰安所を軍がわざわざ作ったとしたら、投資に見合わないし兵士の役にも立ってない。
amenitiesを「兵士らの歓楽一般」「兵士の住環境一般」と訳してみると、書かれている内容に矛盾が無くなる。
「軍の付帯施設」との項目だとしたら、comfort girls以外に書かれてないのはおかしい。
付帯施設には衛生医療関係などもあるだろうに。
どう考えても「歓楽について」の項目以外に考えられない。
どうしてもと言うなら軍が指定・認定した安心して利用できる民間の飲食店があったように単に認定した民間施設なのだろう。


あと上の記事の

別の機密解除文書では、1945年4月25日に米軍の情報員が中国人の女性看護師から聞いた話として、日本陸軍の軍医が毎週金曜日に中国・満州の慰安所を訪れ女性らの検診を行っていたことが分かった。



管理監督したら、それが「罪」?
例えば今でも飲食店に食品衛生のために保健所が検査に入るが、検査・監督すれば飲食店に関わる事は全て保健所の責任、となるって?そんなバカな。


最近韓国も中国も、日本軍が関与した証拠文書を見つけたと言うが、原文を見れば主張している事とは矛盾があるのが分かる。
前にも中国が出してきた日本軍が残していった書類で「暴力をふるわれていた慰安婦」の証拠だと主張していたが、原文を見ると「慰安所で暴れた泥酔した兵を憲兵が取り締まった」事案だった。
取り締まっているのに軍が率先してやったようにすり替えるとは。
何から何まで原文を意図的にすり替えて主張しているのは明らか。

中国韓国はもっとしっかり多数「証拠文書」の原文をどんどん公表して見せてみろーー!






「日中戦争」呼称はおかしくないか?ーー支那事変・日華事変

脅威は海からやって来る、過去の「血の教訓」を忘れず、海洋強国化を進めよ―中国メディア ←yahooニュース

全人代代表の杜本印・南海艦隊副政治委員は「近代以降、多くの列強が海から侵入してきた。海洋強国は制海権を掌握しなければならない、という血の教訓を忘れてはならない」と語った。



いつも通り好き勝手なこと言ってますね~。
「近代以降」ずっと、まるで中国が実質上も理念も統一した国だったように言っております。
抗日の為に挙国一致で戦った戦争だとすり替えるのが基本理念になっているらしい。
この記事からちょっと感じたことがあるので書いてみます。



タイトルに書いた「支那事変・日華事変・日中戦争」これ全部同じ戦争のことです。

日中戦争 wiki

大日本帝国政府は、勃発当時は支那事変としたが、1941年12月の対米英蘭の太平洋戦争開戦に伴い支那事変から対英米戦までを大東亜戦争とした。 中国側は、抗日戦争と呼称している。



昔、戦中世代は「支那事変」と呼んでおり、40数年前に私が習った教科書には「日華事変」とあったように思う。
近年になって「日中戦争」の呼称を聞くようになり、一瞬いつそんな戦争があったんだ?と不可思議な感覚になった。

大東亜戦争を太平洋戦争と言い換えたのも同じだが、「日中戦争」の呼び方には巧妙な自虐史観が隠されている気がしてならないが思い過ごしだろうか。
日中と呼べば即座に「日本vs中国の」とイメージしてしまう。
日華事変も「日本vs華」だが、「華」=中華民国を意味するのであって共産党の中華人民共和国は意味しない。
「日中」となると歴史に詳しくない若い人は、当時から今の中国=中華人民共和国が存在していたかのようで、統一したその中共との戦争だったと思い込みかねないし、売国サヨクらはあえてその誤解を利用するだろうし中国の思う壺にもなりかねない。

途中、国共合作があったと言っても実態は軍閥割拠であり、漢奸(かんかん)狩り(wiki)と称して内紛というか同胞虐殺が多数起こっていた。
「中国」という挙国一致で闘おうとする国家の実体など無かったのだ。

「日中戦争」という国家間同士の戦争を想像させるような戦争では無かったし、「抗日戦争」はもっとあり得ない。
それを前提にすると「日本による中国への侵略」など意味を為さない。


居留邦人への暴虐もあって防衛のために介入せざるを得なかったが、これは列強各国も同じ。
どうしてもと言うなら日本も含めた列強が、シナの内紛や軍閥割拠に介入したこれが正解に近いのではないかと思う。
統一国家の体を成している中国という国に日本が単独で進出した訳ではない。

少なくとも41年以前の紛争は支那事変とすべきだし、「日中」ではなくせめて日華事変の呼称を使えばいいと思う。


(それにしてもシナと打っても「支那」に変換されないので面倒この上ない!)


3回聴けば覚醒するという話題の『宿酔』ーー百田尚樹氏も関わってる?

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

昭和15年の小学生新聞

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

70年代初頭頃の洋楽レコード

実家の押入れや納戸を探ると自分が中高生時代のレコードが色々出てきます。
70年代始め頃のシングル盤とアルバムを並べてみました。
ビートルズとKISSのアルバムはここでは省いています。


96.jpg
右側に並べたのは当時流行ったディスコ音楽ですね~。
R&Bやディスコ系はちょっと苦手で、この系統を買ったのは姉でした。
私の好みは左側のフォークやロック。

97.jpg
洋楽アルバムを脈絡なく適当に並べてみました。
クイーン、スリードッグナイト、ユーライア・ヒープありYESあり、本当に適当です。

実はこれらにビートルズのアップルレーベル盤を加えて、音楽古物屋さんに売ろうと画策しました。
だいたいのタイトルと枚数を知らせて査定してもらうと・・・〆て全部で5,000円・・・。
「帯」を取ってしまっているので殆ど価値が無いらしい。
元から家の整理が目的なのでそれならそれで良いけれどーーでも価値無さ過ぎでガックリ、売る気は失せてしまいました。

中にはビートルズHELPの60年代リアルタイムのUK盤もあって、これはちょっと価値あるかもと問い合わせたら
「EMI」マークが上下に二つある物は初版プレスでないので無価値だそうで。


   99.jpg
   100.jpg
EMIマークが「PARLOPHONE」の上のみだとレアだそうです。ざんね~ん!

やっぱり欲を出しちゃいけませんねえ。
整理するならする目的で邁進しないと、いつまでも片付きません。




上の写真には入ってないけれどラジオでよくかかっていた、懐かしい曲。
でもそんなにはメジャーでもない(笑)


「涙のハプニング」
  

この動画コメント欄が生まれ年カミングアウトの同窓会状態になっております(笑)






特攻隊と「アンネの日記」ーー海外での誤解・偏見について

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

装身具が消滅していた日本・なぜ??

ずっと考えている日本史の中の大いなる(あるいは些細な?)謎。

 歴史上、日本人が装身具・アクセサリーを付けなくなったのはなぜ?

↓こんな本もありますが未読です。

謎解き アクセサリーが消えた日本史 (光文社新書)
浜本 隆志 著
(なぜか今Amazonからリンク張れないので後ほど)

指輪、耳飾り、首飾り、腕飾りなどの日本のアクセサリー文化は、古代には豊かに存在していたにもかかわらず、奈良時代以降、歴史のなかで忽然と姿を消してしまった。その後、明治維新以降に復活するまで、千百年もの間、日本人はアクセサリーを身につけることがなかった。なぜ突然消滅したのか、なぜその消滅が長期にわたって続いたのか、そしてその現象が日本の、ひいては日本人のどの部分に根ざすものなのか。
日本の考古学研究者の間でも、まだ本格的に解明されていないこの謎を、『指輪の文化史』などで知られる著者が、民俗学、考古学、歴史学、宗教学、社会学、図像学などさまざまな角度から解き明かす。



日本における装身具の歴史 wiki

古代装身具 ←どなたかのページ 

消滅の原因諸説

古墳時代後期に入ると、有力な豪族の墓からは副葬品として多くの装身具が出土しているのに対し、地方の豪族の墓からは鏡や銅剣が多く出土するなど、副葬品の内容に乖離が見られるようになった。これは、中央集権的な国家が確立する過程において、祭祀事は次第に大王が取り仕切るようになったため、地方豪族は祭祀に用いられる装身具を返上し、代わりに宝器を拝受するようになったことが原因と考えられている。やがて7世紀に入るころには、副葬品は、埴輪の消滅とともに玉類の装身具が消滅していくようになる。これらの原因としては複数の説が取り沙汰されており、明確な解明には至っていない。

冠位十二階制定説
火葬普及説
着物代替説



これを読んでも納得しきれないなあ・・。
富の象徴、呪術的なもの、危機的状況での貨幣代わり?など必要性が無くなった、あるいはお上からの禁止、などあるとしても特に女性はどうしても身に着けたい!というのは自然の摂理みたいなものでして。
富や権力を示したいのでなく綺麗に見せようという意図もなく、単に綺麗な物を自分の身につけたい飾りたいという女性の本能的?なものさえ表出しなかったということは、一種タブー視?
男性が止めたとしても「やだー付けたいー!」と我儘言う女性が多く出て勝手に付け始めたりはしなかったんだろうか。
貴金属や宝石・天然石が禁止されたとして、野の花飾りや貝殻をネックレスにする文化が育ってもおかしくないし。

着物や髪飾り以外の装飾品を一切付けない文化は世界のどこにも無い気がする。
女性だけでも貧富それぞれなりに出来うる限りの装飾品つけているのが近代以前の世界中の文化の普通。


今時はそうでもないが、数十年前までは和装でなく洋服であっても若い女性は華美になり過ぎないようとの注意や自制、身体を傷つけるピアスは不良がやるもの、のような感覚があった。
装飾品は抑えて抑えてという意識。
特に和装の時には(結婚指輪以外の)指輪は御法度。
今の人は成人式の振り袖姿でも好きに付けてますが。


そういう中にも「古代装飾品が発見された!」と報道される。
単純幼稚思考だった若い頃に「古代人だったらいいわけ?」「古代人はジャラジャラ着けてたのか~」と感じたのが疑問の初めだった。


出来る限りつけない、ではなく殆どタブー的になっていたのはなぜだろう。
本当に不思議です。

誰か教えてくださ~い、解明してくださ~い。






胡散臭く感じる右翼や保守

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。