プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンブロークン」に描かれない捕虜と監視兵の交流

★「一風斎」様提供の資料です。
(一風斎さま、有難うございます!)

大森収容所 音楽会 クリックで拡大

これは「アンブロークン」のルイス・ザンペリーニと同じ大森収容所に居た元捕虜のハリー・ベリー氏 Harry Berryによる、収容所内での音楽会パンフレットです。

捕虜達の音楽会 ← ベリー氏親族と思われる人がアップしているページ


1943年 クリスマスでのコンサート (米側資料ではプロパガンダ用のもの、と説明されている・・)
大森収容所 クリスマス 1943年


1944年クリスマス会で  (これもまた米側資料ではフェイクであると・・)
大森収容所 楽団


ルイス・ブッシュ著「おかわいそうに」にもクリスマス慰労会・音楽会について触れられている。
「おかわいそうに」

英本国のランカシア連隊のマックノートン大尉は、朝鮮の収容所から、軍楽隊の一部を引き連れて入所して来た。そこで、早速そのバンドマスターを中心に捕虜の音楽隊が編成された。
 彼らの持ちこんだ楽器は、たしか、トランペット、ホルン、トロンボーン、コントラバスが各一挺ずつと、マンドリン、アコーディオン、ドラム、その他雑音を出す楽器類が幾組かあったと記憶する。



鈴木大佐が、妻と立派な息子たちを連れて到着したので、いよいよクリスマス大慰安会は開幕となった。私は司会者の役をふりあてられ、青い上衣にカンカン帽といういでたちで舞台に立った。
 慰安会は大成功だった。プログラムは、アメリカのギャング劇、黒人に扮して歌う民謡、ホノルル生まれのヘンショーがリードするクルーナーの合唱、数々のナンセンス劇、その他盛り沢山で、爆笑の連続だった。ギャング劇には、ルチャという捕虜が、シカゴの大親分カポネに扮して喝采を浴びた。



ちなみに上記「鈴木大佐」とは大森収容所長のこの人です↓
大森収容所 鈴木  クリックで拡大

「おかわいそうに」より

この頃(1944年春)収容所長の鈴木大佐が転任して、不愉快きわまる人物が後釜にすわった。大佐はもっと軍人らしい職務についたので喜んでいたに違いない。いつも公正な人だったが、何しろ三十ヶ所の収容所を管下にもっていたので、その一つ一つに注意して目を通すわけには行かなかったのだろう。戦後、管下の収容所での残虐行為の責任を問われて、戦争裁判にかけられた。私は深甚な同情を寄せていたし、嘗ての仲間の多くも同じ気持であったと思う。気の毒にも、巣鴨の刑務所で病を得て亡くなられた。




こんな風にお互いに人間らしいというのか、戦時という非常時ではあるけれどささやかな和みの時間もあり捕虜は「アンブロークン」(原作本・映画は観られないので)に描かれるような四六時中、非人道的な立場に置かれていた訳では決してない。

確かにワタナベは異常人格的であっただろうし他にも「嫌なヤツ」としての看守もいただろうが、同時に鈴木大佐のようなごく普通の人も少なからず居た。
後者の事をまるで無かった事のように一切除外し、看守と捕虜の微笑ましい出来事も描かず、それでアンブロークンは「実話に基づいて」と言えるのでしょうか。

原作・映画どちらも 日本軍将兵は残忍であるのが普通であり、捕虜キャンプはナチス強制収容所と同じであった としたい魂胆が見え見えです。

(次回は、元看守と元捕虜の戦後の手紙のやり取りについて書きます)




追記 
「アンブロークン」の問題について海外向けに英語で発信しておられるブロガーさんがおられます。
説得力ある素晴らしい内容です。

★ 「Conservative Blog Japan」 さんブログ
内容についての詳細な検証、問題点など

★ Unbroken's Broken Logic さんブログ
「アンブロークン」が及ぼす影響や問題点についてなど



 




人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

「アンブロークン」角材挙げシーンの荒唐無稽さ

Unbroken 角材 縮小2

さて、「アンブロークン」の内容検証、いよいよこの映画の象徴的シーンともなっている
角材持ち上げ場面です。

「アンブロークン Unbroken」には元ネタとなる本があります。
ザンペリーニ自身とプロの著述家に拠る自叙伝「Devil At My Heels」

Devil at My Heels: A Heroic Olympian's Astonishing Story of Survival as a Japanese POW in World War IIDevil at My Heels: A Heroic Olympian's Astonishing Story of Survival as a Japanese POW in World War II
(2011/11/01)
Louis Zamperini、David Rensin 他

商品詳細を見る


ヒレンブランド著の「アンブロークン」はこの本を底本として、最悪の場面だけを引用して、あるいは文章そのままパクっています。
(共著者のデヴィッド・レンシンはモンク言わなかったのだろうか・・カネ渡したか・・)

Devil~にも角材持ち上げ場面があります。 (180p)

He beat me,then dragged me outside and ordered me to stand at one end of the compound while holding a four-by-four-by-six-foot hardwood timber at arm's length over my head-and keep it there.

フォーバイフォーと言えば4×4で建築上での89×89mmの角材を言うそうです。
そして長さが6フィートだから約183㎝。
これを37分間持ち上げ続けた、というのです。(アンブロークンもDevil~も共通)

アメリカメディアからこんな検証が出ています。

「Unbroken細かい点は本当か」New York Post記事

ここの5.に「6フィートの角材を37分間持ち上げ続けられるのか」について3人の専門家が答えています。

デューク大学•Dr. Claude Piantadosi医学教授
「角材の重さや本人の力量にも拠るので上手く答えられない」

米軍サバイバル術教官Thomas Coyne 
「ザンペリーニは時間の感覚が狂っていたのかもしれない」
 

ニューヨーク大学ベルヴュー医学センター(拷問経験者ためのプログラム専門)Dr. Allen Keller
は台本がバカバカしいと分かっており「何だって?!そんなら片足飛びしながらアルファベットを後ろから唱えるなんかどうだ?」


それにしてもこの映画での角材、9cm角よりもっと大きめに造られてないか??




この角材持ち上げ虐待に至る原因として、「アンブロークン」では(30章最後の辺り)
ワタナベ(渾名The Bird)にヤギの世話を命じられたがヤギが死んでしまい、世話をしなかった罰だとしています。
元から痩せて死にかけていたヤギをザンペリーニがしっかり繋いでおかなかったせいで、ヤギが穀物倉庫に入ってしまい中で食べるだけ食べてそのために死んでしまったのを彼のせいにされた、と書かれている。

ところが「Devil~」の方では 
that night someone let the goat into the grain shack and closed the door.
「誰かがヤギを穀物倉庫に入れて閉じ込めてしまった」となっています。
その前後を見てもザンペリーニはヤギの世話を殆どしていなかったようなのです。

それ以前にDevil~では足を悪くしたザンペリーニは外の労働でなく機械の油さしや調整の仕事、縫い物の仕事をさせられていました。つまり軽作業です。
その事は「アンブロークン」には全く書かれていません。
外での重労働ばかりを強調している。
軽作業の1つとしてヤギの世話を言われたのに殆ど放置していた、その罰としての角材持ち上げだったということ。

いくら軽作業の怠慢でも罰はいけないだろうとは思います。
けれどそもそも、この角材持ち上げ虐待なるものは実際にあったのだろうか??




ここで前回出した田中利幸(別名Yuki Tanaka)の本 「知られざる戦争犯罪 Hidden Horrors」です。

知られざる戦争犯罪―日本軍はオーストラリア人に何をしたか知られざる戦争犯罪―日本軍はオーストラリア人に何をしたか
(1993/12)
田中 利幸

商品詳細を見る


サンダカン(マレーシア方面)での出来事として(62p)

E捕虜部隊がサンダカンに到着した1943年4月に新たに捕虜監視員が増員されているが、(中略)
最も頻繁に行われた捕虜虐待方法は、捕虜を炎天下に立たせ、太陽に向かって両腕を真っ直ぐに伸ばすかあるいは重たい材木を持たせ、通常は20分から30分あまり、長い時には1時間もそのままの姿勢を取らせるというものであった。
太陽光線がまぶしくて目を閉じたり疲れて両腕を降ろしたりすれば、容赦なく脇や背中を棍棒で殴りつけた。



ザンペリーニが直江津収容所でワタナベから受けたという虐待とほぼ同じ描写です。
専門家が人間生理学的に不可能だとしているのに、こんなに頻繁に南方でも日本本土でも捕虜に対して行われていたのでしょうか。
そんな事させるくらいなら、労働力が足りないというなら(監視兵側もそんな暇があるのか?)有意義な事をさせたはずと思うが・・・

田中利幸の本は東京裁判でも却下されたような荒唐無稽な虐待・虐殺事案が多数書かれているトンデモでしかありません。
そんなトンデモ説を防衛省防衛研究所でさえ取り上げていたりします・・
旧軍における捕虜の取扱い

「アンブロークン」原作本では巻末に参考文献としてこの田中の著書、田中の説を取り入れた調査書などを何回も挙げている。

トンデモな捏造が繰り返し使われ、より酷いものとして再生産されていく・・・
捕虜虐待全般、皆殺し計画、食人・・・それら全て同じ構図で「アンブロークン」は造られている事が分かります。








人気ブログランキングへ

「アンブロークン」の問題点は何なのか

アンブロークン原作本 
(ヤングアダルト向け簡易版まで出版されている・今後アメリカで教科書に載らないとも限らない・・)

  
Unbroken (The Young Adult Adaptation): An Olympian's Journey from Airman to Castaway to CaptiveUnbroken (The Young Adult Adaptation): An Olympian's Journey from Airman to Castaway to Captive
(2014/11/11)
Laura Hillenbrand

商品詳細を見る




なぜ「アンブロークン」が問題なのかについて、簡単にまとめると次の通り。

・原作本には捕虜虐待以外に、食人「儀式」、捕虜全員殺害政策、テニアンで朝鮮人5000人虐殺、生体実験、獣姦など想像を超えるほどの「(捏造)日本軍による非道行為」がさらっと挿入されている。
(映画が話題になると同時に原作本も再び売れているようで連続ベストセラーとなっており、映画よりも問題が大きいかもしれない)

・「「アンブロークン」一連の流れは「レイプオブ南京」や「従軍慰安婦・強制連行」の捏造や世界拡散に至った構図と大変似ている。

・慰安婦事案の捏造・拡散の裏にいる人物・団体が「アンブロークン」の協力者にも多数繋がっていると思われる。





これが為に、多くの有志の人達が原作本・映画共に内容の詳細から協力者関係までを検証したり暴こうとしているのだと思います。

放置すれば「従軍慰安婦」「レイプオブ南京」と同じに捏造が既成事実化されてしまう事は容易に想像出来ます。

私も微力ながら今後も何とか捏造や裏に潜むものを少しでも暴いていけたらと調べていくつもりです。

(映画の象徴的シーンとなっている丸太担ぎ上げ虐待の嘘については次回に。悪しからずすみません)





人気ブログランキングへ








「アンブロークン」の元凶はオーストラリアにあり

ローラ・ヒレンブランド原作、映画はアンジェリーナ・ジョリー監督の
「アンブロークン Unbroken」を追い続けております。

↓こちらは主人公ルイス・ザンペリーニの体験を描いたドキュメンタリー番組。
最後に老年期の 「ワタナベ "The Bird"」のインタビューが出てきます。
UNBROKEN | A True World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption




映画は国内公開されないようなので原作本を調べているが、追及すればするほどにオーストラリアに行き着いてしまいます。


★戦後すぐのオーストラリア報道 『死すべき残虐な日本兵』の記事
1945・9・11 オーストラリア新聞 収容所看守 戦犯  (クリックで拡大)


★『日本兵が米兵を生きたまま喰った、とオーストラリアが暴いた』との記事
(アップロードに失敗しました。後ほど再度やってみます)

これら昔の記事は National Archives of Australia オーストラリア公文書館 デジタルアーカイブスで見られます。 
オーストラリア公文書アーカイブス

ここから「日本軍の戦争犯罪」関係を引っ張り出してきて、そこに個人的な想像(妄想)を付け加えた本が
田中利幸=Yuki Tanaka著のこれ。


知られざる戦争犯罪―日本軍はオーストラリア人に何をしたか知られざる戦争犯罪―日本軍はオーストラリア人に何をしたか
(1993/12)
田中 利幸

商品詳細を見る


英語版↓
Hidden Horrors: Japanese War Crimes In World War II (Transitions--Asia and Asian America)Hidden Horrors: Japanese War Crimes In World War II (Transitions--Asia and Asian America)
(1997/12/17)
Yuki Tanaka

商品詳細を見る



Unbroken原作本、巻末の参考文献の項を見ると、タナカの名が何回も出てくる。

そしてタナカが参考にした資料は前述あげたオーストラリア公文書館からのもの。 

これらは資料としては存在するが、極東軍事裁判時には証拠無しとして却下されている。
なぜならこんな荒唐無稽とも思えるエキセントリックな戦争犯罪事案は、オーストラリアに拠るプロパガンダの一種だったからのようだ。
オーストラリア軍は1943年頃から既に「日本軍の戦争犯罪」なる調査を開始しており、
その調査メンバーの一人がオーストラリア人で軍事裁判=東京裁判の裁判長、ウィリアム・ウェブ  William Flood Webb その人です。

反日主義者としてのウェブについてはこちらを。
ウィリアム・ウェブ

1943年 オーストラリア政府により、第二次世界大戦における日本の戦争犯罪の調査担当に任命される。
1944年 ロンドンで国際連合戦争犯罪委員会にレポートの報告。


(本来なら調査に関与していた人は裁判に関われないはずなのに裁判長に・・・)



話をアンブロークンに戻すとーー

一番よく目にする捕虜収容所での丸太持ち上げ虐待場面、これの出処も上述「知られざる戦争犯罪」に、場面そのものの描写が書かれており、原作本も引用元として挙げられています。
(詳しくは次回に)
   Unbroken 角材 縮小2









人気ブログランキングへ



| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。