プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい歌 (2)

(1)に続いて懐かしい童謡。



  「歌の町」
  作詞・勝 承夫 作曲・小村三千三  (昭和20年)


    良い子が 住んでる 良い町は 楽しい 楽しい 歌の町
    花屋は ちょきちょき ちょっきんな かじ屋は かちかち かっちんな

    良い子が 集まる 良い所 楽しい 楽しい 歌の町
    雀は ちゅんちゅん ちゅんちゅくちゅん ひ鯉は ぱくぱく ぱっくりこ

    良い子が 元気に 遊んでる 楽しい 楽しい 歌の町
    荷馬車は かたかた かったりこ 自転車 ちりりん ちりりんりん

    良い子の お家が 並んでる 楽しい 楽しい 歌の町
    電気は ぴかぴか ぴっかりこ 時計は ちくたく ぼんぼんぼん


 
昭和20年に作られ昭和22年にレコード発売。
微妙な時代に出来た歌だ。
もっと新しいかと思っていたが、「かじ屋」「荷馬車」だもんなあ。
そう言えば昭和30年代、うちの田舎では舗装道路にはオート三輪に混じって牛が引く車が堂々と通っていた。






  「森の小人」
  作詞:玉木登美夫・山川清  作曲:山本雅之 (昭和22年)

    森の木陰で ドンジャラホイ シャンシャン 手拍子足拍子
    太鼓たたいて 笛ひいて 今日はお祭り 夢の国
    小人さんがそろって にぎやかに ア ホイホイヨ ドンジャラホイ

    おつむふりふり ドンジャラホイ かわいいお手手で 踊り出す
    三角帽子に 赤い靴 お月さんにこにこ 森の中
    小人さんがそろって おもしろく ア ホイホイヨ ドンジャラホイ

    お手々つないで ドンジャラホイ ピョンピョン 跳ねはね輪になって
    森の広場を 廻ります 今夜は明るい 月の夜
    小人さんがそろって 元気よく ア ホイホイヨ ドンジャラホイ

    お手手つないで ドンジャラホイ チョンチョン お手々を打ち合って 
    夢のお国の 森の中 そろいのお服で 踊ります
    小人さんがそろって 楽しそに ア ホイホイヨ ドンジャラホイ



この曲には原曲(歌詞)があったようで「土人のお祭り」というのだそうだ。
戦前日本の委任統治領であったパラオ島の夜祭をテーマにしたとある。
戦後は「土人」が差別であると歌詞は改変された。
詳しくは↓
森の小人 wiki


そして続き(3)はまたいつか



関連記事

<< 「おじいちゃん 戦争のことを教えて」 中條高徳 | ホーム | 懐かしい歌 (1) >>


コメント

こんばんは!

その1もその2もすべて知っている歌でした。でもタイトルだけでは分かりませんでした。なんでだろ。単なる記憶力の低下とも思えませんが。

小学生唱歌、文部省唱歌はいつのころからか学校では消えたようですね。「我は海の子」とか「赤とんぼ」とか。このタイトルは合ってますかね、自信ありませんが(笑)。

スコットランド民謡、イタリア民謡も学校で歌いました。
「海ゆかば」を何故歌わせなかったのでしょうかね。作曲家の都倉俊一さんは「不朽の名曲・第二国歌・海ゆかばをもっといろんな場で歌うべきだ」と言ってます。私はこの人を見直しました。

鼠姐さんはカラオケのレパートリーが多そうで、しかもお上手そうですね。脱線、失礼。ほんじゃ。

おはようございます

どちらも今の時代からは生まれない歌ですね。
小人が住める国じゃなくなっちゃったもんね。

実際に歌ったのは40年以上前のはずなのに歌える。
本当に歌って恐ろしい力がありますね。
だからでしょうね。
こんなんなっちゃったのは。

懐かしい!

おはよう御座います
懐かしい、といっても幼稚園くらいまでしか歌わなかったかもしれません。父が手回しの蓄音機を買ってきてから、Jazzが家に入ってきました。
歌の街、も好きでしたが一番好きなのは「土曜日の夜」
http://www.youtube.com/watch?v=pPodVSy-B80
この曲ねラジオの童謡番組に出演して歌ったことを思い出しました。父が放送局についてきてくれました。放送の日はラジオがガーガーで、喉がガーガーなのか、ラジオがガーガーなのか、わかりませんでした。

おはようございます

アタシの村では、昭和30年代前半は普通に馬が荷馬車を曳いていましたよ。
ついでに言うと友人の家は鍛冶屋でした。
良い子でも街でもなく、悪ガキの住んでる村でしたがねw
森の小人は土人の歌でしたか。
知りませんでした。
幼稚園でも歌わないんでしょうね。
アタシの子供の幼稚園のお遊戯曲は「宇宙戦艦ヤマト」でしたから。
子供は子供らしい歌が良いのに・・・。

>うさぎ屋さん

童謡の曲名って分からなくなりますよね。う~みはひろい~な、は「海」でいいんだっけ?とか。
今の学校では殆どやらないみたいですね。
うちの子たちには小さい時に童謡のテープや私の歌(!)で聞かせてたんですが、私よりも忘れてしまってます。学校やテレビで聞くことが無いからだと思うんですが。

「海ゆかば」はNHKでさえ昔はダークダックスなどが歌ってましたね。ピンクレディ曲のあの都倉氏がそう言ってたんですか。元から保守の人のようですが今は会長であるJASRACの評判が芳しくないようで・・。

カラオケは好きで懐メロシリーズもやっております。でも好きと上手はなかなか一致しないのが世の常でございますi-179

>イーグルスさん

「小人」までが差別語扱いされそうになった事があるそうですよ。
そういう言葉狩りを許すとマトモに歌も存在できなくなります。

子供の頃に覚えた歌は忘れないですね。
私は幼稚園の時の一番記憶にあるのがすごくマイナーな歌ですが「信号機の歌」(笑)
わ~たろわ~たろ何見てわたろ、信号み~てわたろ~♪って全部歌えます。
最近の事はすぐ忘れるのにi-229
今時の幼稚園では「世界で一つだけの花」を手話付きでやったりしてますね。

>ブリュッセルさん

ラジオ出演というと合唱団でしょうか。
「土曜日の夜」聴いてみたんですが覚えが無いです・・。可愛い曲ですね。
この歌の説明に「ゆりかご会」と書いてあり、動画の「歌の町」も「音羽ゆりかご会」のものですが、子供合唱団の中で一番好きなんです。
スカートにくるっとしたラインの入った制服が可愛くて歌も上手で憧れたものです。5歳にして自分のレベルを悟っていた私は(笑)入りたい憧れでなくファンとして大好きでした。

ジャズも色んな種類が入ってきた時期があったみたいですね。
黒人音楽からビッグバンドなど。
父がグレン・ミラーやベニー・グッドマンの話をよくしていました。

>hachimanさん

やっぱり昭和30年代は荷馬車ありましたよね!
本文で「牛」って書いてしまいました・・子供の頃に牛と思い込んでいて、でもきっと馬でした。
牛だったら思う方向へ進んでくれないような。

幼稚園でヤマトやウルトラマンの歌はいつの頃からか定番みたいですね。
こういうのもある上で、他にも昔ながらの童謡もあって欲しいです。
歌詞が時代にそぐわなくても情感だけはずっと変わらず伝わると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。