プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1984」 (G. オーウェルの方)


「1984」 ジョージ・オーウェル 
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る


春樹の1Q84 ではありません。

かなり昔読もうとして複雑さに挫折し、再度読もうと思ったのは
なぜか民主党に政権交代直後。
小沢の動向を見ていて、この本の事を思い出した。

O沢氏がビッグブラザーとして大画面に出てきたら気持ち悪いだろうな~と

いわゆるディストピア小説の代表格だが、この中の世界の描写は微細に渡り、それが余計に荒唐無稽でなく現実味を感じさせる。
「真理省」は歴史を改竄するところであり、「平和省」は戦争継続のため、「豊富省」は物資の統制と配給、「愛情省」は反乱分子を拷問にかける
『ニュースピーク』という言語統制まであり『ダブルシンク(二重思考)』に拠って人民は理不尽な矛盾をも受け入れてしまうという、最強の洗脳社会。

O沢を見て何でこの本を思い出したかと言うと、民主党のキャッチフレーズの「国民の生活が第一」が上記の~省を思い起こさせたからだ。
「コンクリートから人へ」も同様。
あまりに偽善と欺瞞が見え過ぎて、恐れるというより笑えてしまった。
民主党政権とはつまり「1984」的世界を理想としてるんじゃないかとまで思えた。

そして小説の中の「オセアニア」国、一党独裁国家のスローガンとして出てくるこれ

ーー過去を支配する者は未来まで支配する。現在を支配する者は過去まで支配するーー

何と言うか、これを実践しようとしている国々が近いところにいくつかありますね~~。
この本の主人公スミスの仕事は「歴史改竄」であるが、スミスと同じ仕事をしている人らがかの国々には実際にいるのでしょうなあ・・

オーウェルがこの本を出したのが1949年、これは奇しくも?中華人民共和国が建国された年だ。
予見というか警告というか、オーウェルの卓見はすばらしい。

そして共産国でも無いのに「真理省」如きことばかりやっているKの国は

  仏像返せ!!




関連記事

<< 「破船」 など吉村昭作品 | ホーム | 「日本の民家」(地味なようで実は・・) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。