プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治に絡めてROCKを語ってみる

昨日「アメリカ共和党」云々を書いたので少しだけ関連するかも知れない、しないかも知れない話題を。

日本でもアメリカでもロックやフォークのミュージシャンと言えば、反体制、リベラルというイメージがあるが、アメリカのロック界ではそうでもないのが割と居る。
アメリカでの非リベラル≒共和党と一応は見なされており共和党支持の代表格は↓の通り。

共和党支持のミュージシャン達

ジーン・シモンズ(KISS)、ジョー・ペリー(エアロスミス)、テッド・ニュージェントが有名どころ。
確かアリス・クーパーも。
あとビーチ・ボーイズ、メガデス、ラモーンズのメンバーら。


ジーン・シモンズは親が東欧から逃れ一旦イスラエル移住、その後アメリカへというユダヤ人なのでアラブに厳しい共和党を支持するのは当然の成り行きというのか。
それだけでもなく他の面でも(いわゆる)リベラル志向ではない。
上記の人達に共通しているのが、人権やら差別やら綺麗ごとそっちのけで好き放題の発言をするところでしょうか。

今やマスコミや知識層がリベラルで占められているのは日本と似ており、政治までが民主党政権になると
ロックの神髄である反体制やろうとすると保守 となってしまう。
体制に抵抗すると保守、というのが何とも矛盾しまくりで分かりにくい。


そして全部が全部ではないが、共和党支持は例えばクリント・イーストウッドのように親日が多いのは確か。
テッド・ニュージェントなどは「JAPが作ったギターでブルースが弾けるか!」という頑固ジジイでもありますが。これくらい笑ってスルーできます、自分の拘りはこれくらいはっきり言った方がいい。
彼は発言の過激さからファシストと呼ばれることもあるらしい。
過激と言っても偽善めいた綺麗ごと言ってないという程度。



ところでKISSは来月また来日公演をやるらしい。
もう来日公演は定番の稼ぎ手段になっているようで、私は最近は行ってないがかつて何度行ってグッズ込でどれだけ吸い上げられたことか・・ (喜んで吸い上げられたので満足であります)
カネ大事を公言して憚らないジーン・シモンズはKISSメイクのキティちゃんもコラボして商売に余念が無い。

そのKISSの来日公演で、2006年のフジロックフェスティバルは伝説となっている。
あまりに酷い閑古鳥フェスとしてーーー。(ウドーの失敗なのか?)
その時の詳しいレポートを書いてる人がいて

 とにかく人がいない (クリックどうぞ)

動画にあったので↓

Kiss - Live in Japan - UDO Music Festival (Full Concert 2006 Japan



動画冒頭のところで一瞬写る閑散とした様子・・
当日深い霧が出ていたらしく、その霧と闇に紛れて少ない観客が上手く誤魔化されております。
1:27辺りでポール・スタンレーが寂しそうにbig crowdと言ってるのが何とも・・。
それでも感謝すると言って全力で演奏してくれている。
ポール・スタンレーはロッカーでありながら律儀で真面目な人で有名らしい。

ロックの特にケバい系が保守と呼ばれる側に少なからず居るのが何とも面白い。
正に It's HIP to be square. (保守的なのがかっこいい)と言うことか。

(Huey Lewis & The Newsの曲タイトル)





関連記事

<< 戦後の音楽事情ー1950年代の写真 | ホーム | 国境など無いと思ってごらんーーー国境越えてうごめく抗日連合会 >>


コメント

こんにちは

昔のロックやフォークの連中は体制や社会に反抗していましたからね。
今の社会は昔と比べればずっとリベラルです。
今どき体制や社会に反抗してるとアホだと言われますから。
あれほどTVでは歌わない、CMにも出ないと言っていた連中が今ではすっかり普通のオジサンに(笑)
学生運動をやっていた連中も同じです。
結局、今の社会を認めてその中で主張するとなると保守になるのではないでしょうかね?
米国など共和党支持であろうが民主党支持であろうが保守には違いありませんからね。

>hachimanさん

体制に反抗はベトナム戦争の頃がピークだったでしょうか。
吉田拓郎とかテレビに出なかったですね、本性はただのミーハーおやじだったのに。
今でも体制=どこにも無い見えない敵?と闘ってるつもりの人もいますね、走れコータローとか。
反原発活動やっている岡林信康とか。
反抗すべき「体制」をわざわざひっぱり出してきて昔と変わらずやっているか、あるいは綺麗ごと並べて反戦、人権、差別反対とやっているように思います。

アメリカはそうですね、リベラルと言っても自国破滅願望があるわけじゃない。
日本から見たらリベラルでもかなりマシですね。

私が今思っているのは、日本でも現在の体制側=リベラル(侮日勢力)に抵抗する音楽が出てこないものかなと。綺麗ごと言わない本心の言葉を言う勇気のある音楽家が出てこないものかなと思っています。
居てもマスコミが潰してるんでしょうかねえ・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。