プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえ親日の韓国人が増えたとしても、関わると同じ轍を踏む

jcastにこんな記事が出ていた。

本当か?「日本大好き!」韓国人たち 新世代「イルポン」知られざる実態

アニメに代表される日本文化の影響も指摘される。完成度の高い日本アニメなどを通じて日本そのものへの関心を深めた若者たちが、10代特有の「自分は他人とは違う」という反抗心もあいまって、ことさらに「日本好き」を標榜するようになるとの見方だ。こうしたことから、イルポンを「中2病」(韓国でも日本に近い意味で使われている)の一種だと見る向きもある。「そのうち治る」との楽観的見方だが、その真偽は定かではない。

↑と記事の最後に書いてあるが、「治る」ってどうなんだろう・・
一旦事実を知ってどういう状態に治るというんだ。


前にこの「親日派」若者のブログを2,3覘いた事がある。
カタコトの日本語で書いてあった。

10代か二十歳前後らしき若い人が、それこそ「大日本帝国万歳」とやっていた。
けれど特に熱狂的過ぎたり異様な印象は無く、もしそれがアメリカ人なら微笑ましい子だなと思う程度だ。
書いていることも至極真っ当だったと思う。
一人は今の日本も戦前の日本も良い所を上げていて、もう一人は韓国の街の中で一般人がどれだけ日本・日本人を罵倒しているか、罵倒語がどれだけ汚いかと書いていた。
上の記事にあるような「自分は他人とは違うという反抗心」だけとは言えない雰囲気は感じられた。


韓国が今以上に反日を強めると、単なる反抗心ではなく逆に真実を知りたいと思う人が多くなるかも知れない。
あげくいわゆる親日になる人も多くなるかも知れない。
自国の目を覚まそうと、国を良くしようと運動する人も現れるかも知れない。

けれどどの段階でもそういう人の存在にほだされて日本は気を許したり甘くなったり(いわゆる)親日派を支援しようとしたり、そんな事は絶対やってはならない。
とにかく関わりを深くしてはならないと私は思っている。(経済支援も民間交流も全ての方面で)

それをやってしまったら何度も繰り返された同じ轍を踏んでしまう。

金玉均を支援しても戦後の朴正煕政権を支援しても、結局仇で返された。
福沢諭吉さえ金玉均暗殺とその後を見て落胆しか無かったくらいだ。
どうやっても親日派(というより肝心なのは韓国自身を真っ当な方向へ動かす勢力)が圧倒多数になる事は殆どあり得ない。
一時良い方向に向いていると見えても直ぐに神経症的、人格破綻的な勢力が巻き返す。
こんな事は歴史を見れば一目瞭然。


真っ当に目が覚めた人については気の毒としか言えない。
何とか方策を探し当てて自分たちの力で韓国という国を立て直せるよう海を隔てて見ています、としか言えない。






関連記事

<< 古書屋さんに本を売る | ホーム | テレビに出なかった時期のモー娘。が凄い! >>


コメント

おはようございます

併合前には親日派が圧倒してました。
仮に“まっとうな人たち”が増えても、かつてのようでは困りますけどね。

こんにちは

親日派が増えたところで他国と比べれば少ないし。
その「他国」は「親日派」でなければ「反日派」と言う事でもないでしょう。
韓国の場合は親日派でなければ反日派ですからね(笑)
親日派が増えたと言って、かかわりを増やしてはいけないと言うご意見はご尤もです。
それから御本家のお墓ですがね。
アタシの実家の御本家のお墓も同じ状態でした。
まあ写真を見る限りもう少しましだったような(笑)
御本家に跡取りが居ないので荒れ放題。
地元の従兄の呼びかけで勝手に綺麗にしましたがね。
その時はアタシにも手伝えと言う命令があり、夏休みを利用して帰りました。
まあ真夏の暑い日に大変でしたので、アタシは日陰で若い衆に文句を言ってるだけでしたがww

>イーグルスさん

併合前の親日・・そうですよね、だからこそ併合が成った訳ですね。
今後も親日→反日→反日のローテーションが見えてくるくらいです。
最終的にまた1000年の怨念とか。
日本人は情にほだされやすいから要注意ですね。

>hachimanさん

> 親日派が増えたところで他国と比べれば少ないし。
> その「他国」は「親日派」でなければ「反日派」と言う事でもないでしょう。
> 韓国の場合は親日派でなければ反日派ですからね(笑)

そう言えばそうですね。
どっちでもないニュートラルっていうのが無いみたいですね。
大嫌いか大好きかしか無いってストーカーじゃないんだから・・あれ?そうなのかな?

祖先のお墓、hachimanさんもそうなんですか。
跡継ぎが居ないのは今はどこの家も避けられないです。
でも偉いですね、親戚の誰かが呼びかけて集まって掃除するのはいいですね。
ウチの場合は親戚も殆ど他所に出ているので、あの墓地の事を知っていたのは多分私だけ・・。
あそこを綺麗にして供養も継続してとなると気合が要りそうです。
以前にお坊さんから「触るなら中途半端ではいけない、一人で頑張り過ぎても仏さんが頼ってきて大変」
という事を聞いていたので、どうしたものかと。
それと我が子を含めて親戚に男性が殆ど居ない!女ばかり生まれるのです。
皆嫁に行ったら余計縁がなくなるので八方塞がりで。
ここで愚痴っても仕方ないので何とか考えることにします(笑)




こんばんは

昭和40年代中頃までは、韓国の国民は反日ではありませんでした。日本留学組や京城帝大や師範学校、士官学校を出たエリートが韓国社会の主流でした。国民も日本の教育を受けた世代で大人はほとんどが日本語を話せました。
私が韓国へ行ったときには日本語で何不自由しませんでした。

韓国も戦後世代、反日教育で育った世代は、当然反日になります。そんな中でも日本大好き人間もいるでしょう。何事も例外はあるわけです。例外ですべては推し量れない、或いは適用できない、とも言えます。
親日派とはあくまでも韓国人が叫ぶことであって、韓国人の問題ですね。私は韓国人の身になって考えてあげない主義ですので、特に主張はありません。ならコメント書くな、と言われそうですが、いいじゃないですか、雑談も(笑)。自分で言って自分で納得してますが。

え~、ということで(どうゆうことですか!)村のランキングクリックして帰ります。では。

>うさぎ屋さん

> 昭和40年代中頃までは、韓国の国民は反日ではありませんでした。日本留学組や京城帝大や師範学校、士官学校を出たエリートが韓国社会の主流でした。国民も日本の教育を受けた世代で大人はほとんどが日本語を話せました。

このお話で思い出しました。
高校一年の時なので昭和40年代後半、学校の英語クラブで「国際ペンパル」なるもので経緯は忘れましたが、韓国の男子高校生と文通してました(主に英語で)。アメリカの女の子ともしてましたが。
数回の行き来で終わったんですけど。内容は殆ど覚えてないですが、両親は日本語喋れるよ今でも単語で出てくるよという話が書いてありました。
喋れるという事実より、それを書いてきたことやそもそも日本人と文通しようというのは反日ではないですね。

その頃の私の韓国の印象は、北と同じに閉鎖的な国、軍事政権で自由が無い国、かつて日本人漁師を拉致していた、それくらいでした。

ジェイコブ・シフの手記を読んだことがあるんですが、日露戦勝終結後の朝鮮半島視察の中で、朝鮮人の下層民でも日本人を弟分と見下して嫌っている人が多く居るとありました。逆に日本に事大する層も。
昔から変わらないんだなと思った次第です。

最終的にはやっぱり韓国人の問題でしかない、ですね。
「こっち見んな」で済ませたいですね。

韓国人と関わらないそれが一番

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。