プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北工作船との銃撃戦ー映像

一つ前のエントリーで書いた扇千景女史、この人も関係するある事件を取り上げてみます。

2001年12月、小泉政権時代に対北朝鮮あるいは安全保障上の大きな転換点となった事件があった。

九州南西海域工作船事件 ←wiki クリックどうぞ

九州南西海域工作船事件は、2001年(平成13年)12月22日に発生した不審船追跡事件。不審船は巡視船と交戦の末、自爆と思われる爆発を起こし、沈没した。後の調査により、当初「不審船」と呼ばれていた船は、北朝鮮の「工作船」であった事が判明し、「工作船事件」と呼称されるようになった。

その時の海上保安庁が出した銃撃戦の映像がこれ↓

【九州南西海域工作船事件】



尖閣漁船衝突事件とは違って、映像公開が早かった。
出したのは当時国交大臣であった扇千景。

野中広務ら、日本国内の「親北朝鮮派」とみなされる政治家や、マスコミの一部の間では、北朝鮮に対する「配慮」と、沈没地点が中華人民共和国のEEZ内であったことから、沈没船体引き上げに対する反対意見があった。 wikiより

また野中かよ!こいつはどれだけ国益に反することばかりやってきたんだ。

野中と対立関係にある小泉政権は断固引き上げを前提として中華人民共和国と交渉を重ね、最終的に日中外相会談にて口上書が交わされた。これを受け、海上保安庁は捜査の一環として沈没した不審船の引き上げを実行した。

海上保安庁を管轄する国交大臣、扇千景が引き上げ命令を出したのだ。
さすが鉄の女!


引き揚げた工作船の押収品の中には
メモリーには、日本国内にある反社会的勢力(指定暴力団)の密接交際者で、身分を偽るため韓国民団に偽装在籍していた特別永住者の在日韓国人男性「U」との数十回におよぶ通話記録が残っていた。

こんなんばっかりだよ、在日「韓国籍」であっても。
こういう奴らが多数潜んでいるのにデモで「出ていけ!」と言うことのどこがヘイトスピーチなのか。
こんなのもある↓wikiより

工作船は固有の武装として連装対空機関銃を備えていたほか、多くの携行兵器が積み込んでいた事が判明した。
携行火器は北朝鮮軍の第一線にもあまり配備されていない最新鋭の物ばかりであった。RPG-7や無反動砲といった対戦車兵器は、無誘導ながら、巡視船に命中すればあらゆる部分の上部構造の外殻を成型炸薬弾の効果によって貫通し、巡視船を撃破できる。また、アサルトライフルの放つ小口径高速弾や汎用機関銃が掃射する機関銃弾(フルサイズ小銃弾)は、事件当時の海上保安官に支給されていた防弾ベストを苦もなく貫通して、殺傷する能力があった。


在日の協力者はテロリスト以外の何物でもない。
ヘイトヘイトと言っているマスコミはこの事件の事を忘れたのか。





実は私はこの事件が起こるまで、外交防衛に関して特に興味があるわけでなく「土下座外交」に徹する政府にかなり諦めの境地だった。
が、銃撃戦の映像を見た時(大げさだが)まるで天啓のように目を覚まされる感覚に捉われた。

戦後初めて防衛のために 日本が銃撃戦をやっている!!!

弱腰ばかりだった日本政府が、日本が、しっかり防衛行動をとっている!
これは衝撃的だった。
やっていいんだ、やるべきなんだと 目が覚めた。


私一人だけではなかっただろうと思う。
その意味でも映像公開し引き揚げをも命令した扇千景と小泉元首相の功績は大きい。

(小泉純一郎に関しては経済政策や現在の脱原発など首をかしげたくなる事もある。けれど安倍首相もそうだが政治家は0か100かで支持するのでなく、一つ一つの事案に関して見て認めるところは認める、疑問に思う点は疑いを消さない、私はそういうスタンスでおります)


関連記事

<< 有田芳生は本当に統一教会と闘っているのか | ホーム | 捏造慰安婦に対処するには「鉄の女」を! >>


コメント

こんばんは。

もう12年も経つんですね。私は昨日のことのように覚えています。最もも尊敬できるのは我が第十管区の勇士たちでした。その時の艦長が定年退職されたというニュースも大分前に観ました。あれはまさに戦争でした。

米国では軍事パレードでは五軍が主役です。つまり、海兵隊、空軍、陸軍、海軍、そして沿岸警備隊ですね。自衛隊は勿論のこと、日本の海保も日本軍に認めてあげたいですね。海保も海猿的な面と、あの時のような戦闘行為がありますから。そして万が一のことですが、殉職者は靖國にお祀りすべきでしょうし。
そこまでやれる国家なら、私は消費税30%でも耐えてみせます。
では、ポッチして帰ります。おやすみなさい。

仰る通り

政治かは0か100かで観てはいけないと言う事はその通りですね。
まあ安倍さんにも文句はあるが、経済政策や一部の外交は支持している。
どんな政治家にも100%などありません。

>うさぎ屋さん

> もう12年も経つんですね。私は昨日のことのように覚えています。最もも尊敬できるのは我が第十管区の勇士たちでした。その時の艦長が定年退職されたというニュースも大分前に観ました。あれはまさに戦争でした。

そうだったんですか。本当に勇士ですね、映像見ても冷静に対処しているのが分かります。

> 米国では軍事パレードでは五軍が主役です。つまり、海兵隊、空軍、陸軍、海軍、そして沿岸警備隊ですね。自衛隊は勿論のこと、日本の海保も日本軍に認めてあげたいですね。海保も海猿的な面と、あの時のような戦闘行為がありますから。そして万が一のことですが、殉職者は靖國にお祀りすべきでしょうし。

海保の方が自衛隊より先に戦闘行為の場に立つ可能性が高いですよね。確かに日本のような島国は他国以上に海保を重視すべきと思います。
原発がある沿岸の警備も凄いらしいですね。「五軍」という捉え方は知らなかったですが、考えれば無い方がおかしいくらい。現実にそぐわな過ぎる憲法の下で戦後70年近く何とか来れたのは奇跡みたいなものだと思います。奇跡=法に縛られた中での自衛隊と海保のギリギリの努力のお蔭、でも今後これ以上乗り越えられるはずがないです。

>hachimanさん

小泉さんを支持すると言ったら新自由主義の権化なんか支持してるのかと言われそうです(笑)
工作船の件と、堂々と靖国参拝したこと、拉致被害者の一部の人を取り戻した事では小泉さん断固支持ですが、真紀子なんか起用して北の正男クンをみすみす逃したり失望もそこそこありました。
安倍首相も今の段階では様子見、余分な期待はしないでおきます。
100%は無いですね、今後割合が上がる人が出てきてくれたらと期待してはいますが。
この先、新藤大臣は安倍さんより期待できるんじゃないかと密かに思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。