プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1945ジョー・オダネル写真集ーーあまり知られていない写真を取り上げてみます

Japan 1945: A U.s. Marine's Photographs from Ground ZeroJapan 1945: A U.s. Marine's Photographs from Ground Zero
(2008/04/28)
Joe O'Donnell

商品詳細を見る


洋書、ジョー・オダネルが終戦直後日本に上陸した際に撮影したものの写真集です。

ジョー・オダネル (ジョー・オドネルとも。Joe O'Donnell、Joseph Roger O'Donnell、1922年5月7日 - 2007年8月9日)は、米国文化情報局に勤務した米国の記録映像作家、フォトジャーナリスト及び写真家。ペンシルベニア州ジョンスタウン生まれ。最も有名な作品としては、1945年と1946年に日本の長崎及び広島における原爆投下直後の状況を、米海兵隊の写真家として撮影した一群の記録写真がある。


(以下画像下に入れた色文字は上記写真集に添えられた解説を自分で訳したものです。数枚紹介するくらいだったら著作権上問題無いでしょう・・)

一番有名なのがこれ。
死んでしまった幼い弟を背負い火葬の番を待っている少年。
「焼き場に立つ少年ー長崎」
japan1945-6.jpg
明確に軍国主義的な影響が子供にまで及んでいるのを実際目にしたのは、この少年が火葬場で幼い弟を背負っている姿が初めてだった。
少年は気を付けの姿勢で、下唇を噛んだ姿が感情を物語っていた。
近寄って慰めたかったが、そうすれば彼を支えているものが崩れてしまわないかと思った。



上の少年が写る写真は有名ですが、以下殆どマスコミも取り上げる事のない物を挙げてみます。

「佐世保湾」
japan1945-2.jpg
佐世保湾内の占領軍艦船を空撮したもの。
海から繋がる段々畑に対面する形で米艦隊が集結している。
米軍が進軍を続けてこれだけの艦船で動揺させたとしたら、日本軍はあとどれくらい持ち堪えただろうか。



「米航空兵の墓・八幡」
japan1945-1.jpg
私の任務は最初の東京爆撃の後行方不明となったドーリットル急襲隊の米軍パイロットの事で何が出来そうか探ることでもあった。
そのうち情報を得るのにタバコが役立つと分かり、爆撃機の一機は九州の鷹巣という村に落ちたと判明した。
我々がジープで登ったところに麻生モンザ夫妻が田んぼで作業をしており、彼らが言う所によると当時、敷地の樹にパラシュートのままパイロットが引っかかっており、降ろそうとした時には既に死んでいたそうだ。
墜落した地点近くには素朴な十字架が立てられており、その墓には生花が供えられていた。
夫婦が敵兵の墓を丁重に扱っている事に大変驚き、その事を言ってみた。
すると、亡くなった方に敬意を表したとあっさり言うのだった。

墓標には「米機搭乗員の墓 1944.9.16没」と書いてあると通訳が言った。
麻生夫妻は通訳をしている日系二世の若者がアメリカ人である事にとても興味を持ったようで、我々を夕食に招待してくれた。


(その夫婦が日本語でどう言ったかは分からないが、その人達に取っては「亡くなった人を供養するのは当たり前」であって驚かれた事が不可解だったのではないかと想像します)


後日に続きます




関連記事

<< 燃え上がる戦闘機の山 「JAPAN1945」より | ホーム | 海=魔物にしているのは自ら自身ーー韓国客船事故 >>


コメント

こんにちは

宗教観が違うのです。
亡くなった敵兵に小便をかける民族には日本人の死生観は永遠に理解できません。
だから靖国で騒ぎます。

>hachimanさん

宗教観もあると思うんですが、人間の根源というか自然生命への畏敬があれば普通にそうならないものでしょうか。
日本は日清・日露戦争時も敵将兵の慰霊碑や顕彰碑を建てました。
そういう事をする発想も無い民族には畏敬や畏怖という概念が無いのでしょうね、特にシナ朝鮮は逆のことをやります。
アメリカ人は「敵兵の墓」を作った日本人にショックを受けるだけの感覚はありますが、中韓人はそれさえも持ち合わせてない。
今はあちこちで日米合同慰霊祭が行われてますしアメリカはまだ通じる余地があると思います。

何故知りえた

ブログの風体から
実年齢は私より下
40代かもしれません
私は60半ば『気持ちだけ若い』老人です
探しものをしております
『うさぎ』のぬいぐるみです
朝鮮人が紛れこんではいませんか
ご迷惑であれば私は退参を致します
お怪我なきよう。

>ウナさん

暗示的なお言葉あるいは暗号??
色々想像したんですが全く分かりませんでした。
察しが悪くてすみません!
もし宜しければ隠しコメントにて詳細を教えて下さいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。