プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国に拠る日本漁船拿捕を描いた映画「あれが港の灯だ」

今日はまた古い映画

「あれが港の灯だ」 今井正 監督 1961年

あれが港の灯だ【DVD】あれが港の灯だ【DVD】
(2010/06/01)
江原真二郎、木村功 他

商品詳細を見る


今やマスコミ他で無かった事の様にされている、日本海での韓国に拠る日本漁船拿捕を巡っての人間ドラマ。

あらすじ ←込み入って分かり難いですが

↓こちらも(東京国立近代美術館HPより)
=====
当時の韓国の李承晩大統領が朝鮮半島と日本の海上に設定した「李ライン」、これを越えて操業する日本漁船は例外なく拿捕されるとの政策が実行されていたのだが、この大きな政治問題を背景として、身分を隠しながら生きなければならない一人の在日朝鮮人漁師の苦悩が描かれる。彼にとって、たどりつくべき「港の灯」は、どこにあるのか?
=====

今井正監督は共産党員だったらしいが、共産党がこのようなテーマを扱うとは今では考えられませんねえ。
当時の共産党は北こそ正義で南はアメリカの傀儡という立場だったからか。

この古い映画は監督も意図しなかったであろう、李承晩ラインの理不尽さと日本漁船拿捕やあるいは射殺事件という事実を半世紀後の今に伝えてくれる。

当時を微かに覚えているが、テレビのニュースでも「また拿捕未遂があった」「(漁師さんが)何年ぶりかで帰還した」と伝えられていたものだ。残された家族の苦悩もドキュメントでやっていた覚えもある。
それがある時期からぱったりと一切報道されなくなった。
今やまるでタブーのようになってしまっているが、去年だったか国会で石破氏がこの事件の事をご本人の記憶と絡めて暴露していたのは、胸のすく思いがした。

映画の解説の中には日本側にも問題があるように書かれているのもあるが、それはおかしい。
李ラインの問題、強硬な拿捕、韓国側による在日の人の扱い、それらが根幹の問題であって日本は巻き込まれているだけだ。本作品からも日本人漁師達が在日の人を受け入れているのに、拿捕事件がそれをさせないでいるのが分かる。
今現在も南北同じ民族同士で一触即発の危機にあるが、いくら独裁体制とは言え戦後長年それを崩せないで来た民衆に一切の責任が無いと言えるのかどうか。

とにかく 日本を巻き込むな!

こういう映画は当時の空気を伝えるよう改変無くリメイクして欲しいものだ。




関連記事

<< 旧制中学時代の父の写真 | ホーム | 「C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズン」 「巣鴨プリズン13号鉄扉」 >>


コメント

こんな映画があったって知りませんでした。

朴正熙は抑留者を人質として日本から莫大な金を引き出した。
慰安婦で、また金を引き出そうとしているが…

徳政令といい、モラルハザードをきたしてるのでは?

Re: タイトルなし

この映画は今井正監督作品の中でも、ほとんどスルーされています。

韓国は併合前も経済破綻、今に至るまで同じ事を繰り返してる気がしますね。
朴正熙は歴代一番マシな大統領だったようですが、それでも人質引き換えやらずに居られなかった。
権限が強くても国民がアレではどうにもならないのでしょう。
今日もニュースで韓国擁護派が、金体制が潰れて統一成れば経済発展できるとか言ってましたが、希望的観測もいいところだと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。