プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船村徹「風雪ながれ旅」、高橋竹山その他いろいろ

今日は演歌で。
演歌は詳しくないし、あまり男と女ドロドロのも好きでもないけど
船村徹氏だけは別格と思っています。

(決定盤)希代の名歌手 船村徹(決定盤)希代の名歌手 船村徹
(2012/07/18)
船村徹

商品詳細を見る


作品は村田英雄の「王将」、春日八郎「別れの一本杉」細川たかし「矢切の渡し」、島倉千代子「東京だよおっかさん」など多数。
作曲家ではあるんですが、ご自身が歌う歌が何ともいえず渋い。
私が特に好きなのが北島三郎「風雪ながれ旅」で、北島ほど洗練された上手さではないけれどとても味があります。
演奏も北島さんバージョンよりアコースティックで私は気に入っています。

風雪流れ旅 歌・船村徹



これは何を歌った曲かと言うと津軽三味線名人の故・高橋竹山なんですね~。

高橋竹山 ←wiki

高橋竹山 津軽三味線




「風雪ながれ旅」を聞いていると三味線を持った竹山が雪道を歩く姿が見えるような・・


船村氏に戻ると島倉千代子の「東京だよおっかさん」で素晴らしいバージョンがあったので↓

島倉千代子さ ん / 東京だョおっ母さん (1957年発売) ビッグショー



この時の島倉さんは鬼気迫るものがあります。
作曲は船村徹で、作詞は野村俊夫。
野村氏は戦時歌謡の「暁に祈る」を作詞した人です。
あらためて聴くともしかして「東京だよー」は「暁に祈る」のアンサーソングなんじゃないかと思ったり。

暁に祈る



船村氏は日本会議に関わっている方でもありまして、「東京だよー」の歌詞にも出てくる「九段坂」=靖国神社についてこんな発言をされています。

〇船村徹氏((社)日本作曲家協会会長)
 船村氏は冒頭「今日は、心は遺族の一人としてこの会に参りました」と述べ「たいへん好きだった兄は、昭和十九年にミンダナオ島の沖にたくさんの部下と共に沈み、二十三歳で生涯の幕を閉じました。市ヶ谷の前を通る度に、俺の兄貴は何でこんなに粗末にされなければならないのかと、たいへん悔しい思いをしてきた」と語った。また「生前の兄の日記を見ると、一日に多い時は二度も三度も靖国神社に通っており」さらに、「一杯呑むと『桐の小箱に錦着て、帰るところは九段坂』と口癖のように唱えていた」ことを語り、「毎年二月十六日に靖国神社に参り、供養させて戴いているが、その度につくづく情けなくなってくる」と遺族としての率直な心情を挨拶とされた。(平成14年6月11日「国立追悼施設に反対する国民集会」より)



この人が作る曲と歌声からは単に渋いってだけでも、音楽的テクニックだけでもない、深い何かが伝わってきます。





関連記事

<< 貴重書「大東亜戦争とスターリンの謀略」-戦争と共産主義ー | ホーム | 映画「バトルシップ」の元ネタは「レーダー作戦ゲーム」 >>


コメント

こんばんは、というよりも・・・

・・・「おはようございます」が近いお時間に失礼いたします。
私も船村メロディーも船村さんそのものも好きです。お兄様は陸士を出られた方のようですね。当時の超エリートです。

高橋竹山さんは70年ごろ、学生運動が盛んなころの学生たちに人気でした。コンサートに行った奴の言ったことを今でも覚えています。合間の語りがいいんですって。説教されてるようだった、と。

「暁に祈る」は古関裕而作曲です。多くの軍歌・戦時歌謡そして東京オリンピック行進曲、さらに高校球児ならずとも私の愛唱歌「栄冠は君に輝く」。

この人たちはすごい人ですね。音楽だけではない人間力のような大きなパワーを持っているのでしょう。活動期間が長い。

いい音楽を聴けて、寝つきはいいかも。ありがとうございました。

>うさぎ屋さん

こんばんは。どんな時間でもどうぞお気軽に書いて下さいませ。

> 私も船村メロディーも船村さんそのものも好きです。お兄様は陸士を出られた方のようですね。当時の超エリートです。

そうだったんですか。船村さんはテクニックのあざとさがなく良い歌を作ってくれます。

> 高橋竹山さんは70年ごろ、学生運動が盛んなころの学生たちに人気でした。コンサートに行った奴の言ったことを今でも覚えています。合間の語りがいいんですって。説教されてるようだった、と。

その頃に竹山さんはジャズやロックの方向からも好まれてましたね。ジャズとのセッションもあったような。
語り聞いてみたいですが残ってないのかなあ・・

> 「暁に祈る」は古関裕而作曲です。多くの軍歌・戦時歌謡そして東京オリンピック行進曲、さらに高校球児ならずとも私の愛唱歌「栄冠は君に輝く」。

古関裕而さんを外してしまうとは何という不覚!でも偉大過ぎて簡単に書けず今回はパスさせてもらいました。
うさぎ屋さん、お詳しいようなので書いて下さい(人任せ・笑)

> この人たちはすごい人ですね。音楽だけではない人間力のような大きなパワーを持っているのでしょう。活動期間が長い。

そうです、とてつもないパワーがありますね。
上っ面でない表現力はどこから湧いてくるのか、大変な時代を生きたというだけでも無い気がしています。
普段忘れていても良い曲はいつ聞いても沁みてきますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。