プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッホを描いた曲「Vincent」byドン・マクリーン

今日というかもう昨晩になってますが、政治思想のあれこれを考えていたら働きがいい訳でもない脳ミソが疲れます。
右脳と左脳のバランスが崩れるとかそんな感じかな?
そういう時にゆったりと聴くのにぴったりな曲。
(でも歌詞は部分的に壮絶・・)

「ヴィンセント」 by ドン・マクリーン
1972年発表。オランダ出身の画家、フィンセント・ファン・ゴッホにささげられた曲。ゴッホの伝記を読んだ1971年に書かれたという。「Starry Starry Night」という歌詞で始まるが、これはゴッホの「The Starry Night(邦題:星月夜)」という絵に由来する。

Don Mclean - Vincent - Lyrics Video



Vincent - Don Maclean

Starry, starry night.
Paint your palette blue and grey,
Look out on a summer's day,
With eyes that know the darkness in my soul.
Shadows on the hills,
Sketch the trees and the daffodils,
Catch the breeze and the winter chills,
In colors on the snowy linen land.

Now I understand what you tried to say to me
how you suffered for your sanity
how you tried to set them free.
They would not listen
they did not know how
perhaps they'll listen now.

Starry, starry night.
Flaming flowers that brightly blaze, Swirling clouds in violet haze,
Reflect in Vincent's eyes of china blue.
Colors changing hue, morning field of amber grain,
Weathered faces lined in pain,
Are soothed beneath the artist's loving hand.

For they could not love you,
But still your love was true.
And when no hope was left in sight
On that starry, starry night,
You took your life, as lovers often do.
But I could have told you, Vincent,
This world was never meant for one
As beautiful as you.

Starry, starry night.
Portraits hung in empty halls,
Frameless head on nameless walls,
With eyes that watch the world and can't forget.
Like the strangers that you've met,
The ragged men in the ragged clothes,
The silver thorn of bloody rose,
Lie crushed and broken on the virgin snow.

Now I think I know what you tried to say to me,
How you suffered for your sanity,
How you tried to set them free.
They would not listen, they're not listening still.
Perhaps they never will...


ゴッホの作品の景色を歌詞にしています。
途中ブリッジ部分で
how you suffered for your sanity
how you tried to set them free
とあるのがゴッホの人生を表しているのでしょうか。
「あなたがどんな風に正気に痛めつけられたか、どんな風に皆を自由にしようとしたか」
英語圏でもsuffer for your sanityに込められた意味は何?という疑問がネット上に出ているので、ここはゴッホを深く知る人に聞くしかないでしょうねえ・・私は絵画は門外漢です。
説として出ていたのは「正気でいようと苦しんでいたことを表している」「ゴッホの方がむしろ正気だった」などなど。
しかも2番からはhow~の前にtheが付いてる、何か聖書からか何かの定型文なんでしょうか分かりません。

全体の訳詞はまた余力がある時にでもやってみます
今日は(昨夜は)政治思想に突っ込み過ぎて疲れた~~。
この曲をヘッドフォンでリピートしながら寝よ~。






関連記事

<< 「日本軍悪行の証拠」として中国人民網が特集しているページ紹介 | ホーム | 左翼・サヨクはリベラルを駒として使っている--オーウェル「1984」から考えること >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。