プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松浦亜弥がこんなに凄いとは・・

今はまっている歌手がいる。
松浦亜弥だ。(アイドル時代はあまり興味無し)

松浦亜弥 『Subject : さようなら』



たまたまこの動画に行き当たった時、見た目もこれ誰?だったが、歌を聴いてびっくり。
上手すぎる・・
技術的に上手い上に表現力が凄い。

最近の上手いとされている(実際上手いとは思う)「アーティスト」と呼ばれる歌手は少なからず居るが、私個人的にはどうもドヤ上手いでしょ的な「あざとさ」が気になって仕方ない。
松浦亜弥の最近の歌にはそれが感じられず、そのまま歌の世界に引き込まれる。
特に↑の曲では鬼気迫る女の情念に圧倒される。

自分も下手なド素人ながら少し歌をやっている者として松浦さんの歌の語尾の収め方に感心させられる。
意識的にやろうとしてもコントロール出来るのはプロでもそう居ない。
そしてそのテクニックを感じさせることなく聴く者をさらっと引き込んでいく。
要するに天分ですねえ。

こんな上手い本物の歌手をテレビ・マスコミは放って置いて、そりゃあ視聴率も取れないはずだ。
優れた才能を持つ人達を出すことも無く、売り出すことも無いマスコミ。(デンツウもか)
他にもどこかに居るのかも知れないが、マスコミが扱わない限り居ないと同じになってしまう。
益々ネットの力が重視されて当たり前になりますよ~。

最後に
これも竹内まりや作の

松浦亜弥 『みんなひとり』






関連記事

<< 聖書 詩篇第23篇 と 映画「我が谷は緑なりき」 | ホーム | 「『捨て子』たちの民俗学 小泉八雲と柳田國男」 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。