プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国は80年前と何も変わっていない

先日取り上げた戦前(1930年代)出版された中国関連の本について詳しく見ていきます。

中国が日本人にやった暴虐  ←先日のエントリー記事

近代デジタルライブラリーへのリンク


支那怖るべし : 急迫化する日支関係!成都・北海事件の真相』
斎藤二郎・著 今日の問題社 1936年発行
シナ恐るべし

少し書き出してみます。( )内は私が付けた注釈。

「排日テロに緊張せる日支関係」より
南京政府(蒋介石政権)は年増芸者の如き心にくき手くだを弄する。その手管に、これまで日本はのせられて、支那の親日的部面を見ようとして来た。だまされ通して来た。もう怒ってよいのだ、怒らなければならぬのだ。長続きする怒りかたをせねばならんのである。
簡単に『断乎膺懲』(だんこようちょう・懲らしめること)というが、常に長続きせず支那人の涙や、後ろへ向いて舌を出す支那の笑顔に、寛大な日本は支那を見直そうとする悪癖がある。こんな事をしている間に支那は統一し強力となり、その力が懸命に排日に磨かれて来たのである。

かかる日支関係の切迫感の直接原因は成都、北海の両事件である。両事件は排日支那の正体を裁断して示したようなものである。



言葉遣いは違っていても、日中国交正常化から現在の日中関係を書いているのかと錯覚するくらいだ。
暴支膺懲(ぼうしようちょう)と言われ始めたのは本書が書かれた直後からだが、それだけの言葉が出るには理由があった。
1930年代、国交ある国として設置が当然の大使館や領事館、相手国の許可を得て滞在している駐在邦人とその家族、これらの日本人や施設住居がある日突然シナ人に狙われ掠奪殺傷される事件が多数起こった。
今と制度的にも社会的にも殆ど変わらない中で、そんな事が起こったら「暴支」と言わずにはおれないだろう。
一昨年の反日暴動は日本人の人的被害は無かったが、紙一重であって今後人に対しての暴虐が絶対起こらないとは言えない。



ここから成都に於ける対日テロ、暴虐の経緯部分
渡邊大毎特派員、深川上海毎日編集長、田中満鉄職員、漢口の商人・瀬戸
多数の邦人が襲われる中、特にこの4人が受けた襲撃事件は凄惨で、遺骸を受取に成都に入った大毎上海支店長・田知花氏が様子を詳しく書いている。
うち瀬戸・田中、両氏は命からがら逃げだすことが出来たので経緯を伝えている。

(逃れた日本旅館にて)
「自分らの存在が不満ならば、明日成都を去ってもいい」と釈明これつとめ漸くその中学生が納得したと見えて、室外で大群衆の暴徒を阻止せんとした気配が感じられた。だが既に悪鬼の如く狂って旅館を破壊した群衆は勢いに乗じて、血を見なければやまぬ情勢であり、午後6時40分ころ、終に歓声を上げながら一行の部屋に飛び込んだのである。
そして一行を部屋の片隅に押しつめ、全く袋の鼠のようにしてしまって、先ず先頭の瀬戸君に向かって顔面をなぐり、足で下腹部を蹴り、髪を引っ掴み、棍棒で頭部を強打せんとするなど、あらゆる暴行をやり、他の一団は渡辺君を取り巻き、あるいは深川、田中両君に迫ってありとあらゆる暴行を加え始めたのである。

この物凄い群衆の勢いに瀬戸君は血路を適宜に求めんとして、群衆に引きづられながら室外に飛び出した。
瀬戸君の話しによれば、その時渡邊君は机の脚をもぎ取って血みどろになって民衆と戦い、深川君は実に何とも言えない死の悲鳴を上げて、ソファの間にぶっ倒れたということである。



瀬戸君は室外に飛び出したが、もうその時は陽がとっぷり暮れて真っ暗闇、群衆の一人が真正面から照らす懐中電灯で、目がくらくらとする所を更に群衆に殴打される。
その中に洋服は取られ時計は引きちぎられ、万年筆、靴、ズボン、シャツ、猿股まで、奪い取られて殆ど裸体にされて3階から下へ下へともみくちゃにされながら引きづり出されたのである。
この時旅館の一帯の群集は1万人に達していたが、瀬戸君は旅館の前に飛び出して左にかすかに見える灯りを頼りに駈け出したのである。
(その後、道々に殴られ足を掬われながらも公安局に辿り着く)
(同じく公安局に逃げようとした田中氏は)幾度か群衆の棍棒の的となって昏倒し、小学生のため電気のコードでうしろ手に縛られて、旅館の左に方に引きづり出され、終に5回目の昏倒で立ち上がれなくなったのである。
(これを死んだと思い込んだ群衆は打つ手を止め命は助かった)



渡邊、深川の両君のその後であるが、渡辺君は群衆を相手に死を決意しての最後の活動を繰り返している間に、全身に打撲傷を受け、顔面を殴打されて血みどろになり、瀬戸君と同様身につけたものを尽く掠奪されて、棍棒を振り死の叫びをあげながら、旅館の前に現れ出たのである。

そのとき外は既に真っ暗闇、折から降り出した雨の中に怒涛の如き群衆を相手に最後の死闘をなさんとあたりを睥睨しているさまは凄惨そのものであったということである。
両君はそこで又々群衆のために殴られて半死半生の状態で旅館前を右側に折れて、旅館とほど遠からぬ正府街の一隅でついに立たず、悪鬼の如き群衆の打ち下ろした棍棒の一撃で怨みをのんでこの世を去ったのである。

深川君は旅館内において、暴徒の一撃に死の叫びを上げて、その場に昏倒したところ、群衆に後ろ手にしばりあげられて引きづり出され、あらゆる所持品を掠奪されて、半裸体のまま渡邊君の後に続いて(略)途中殴打されながら正府街の渡邊君の遺骸が放棄されてあった地点と程遠からぬところで惨殺されたのである。



私(大毎新聞社・田知花氏)は一刻も早く両君の遺骸に会見せんものと支那側に交渉して、ようやく午後6時ごろ正府街の火神廟というお寺にかけつけ、その一室に安置してある両君の遺骸に会見したのであるが、その死骸の惨忍な様相は、実に言語に絶することで、顔面は殆ど殴打されてそのあとかたを残さず、僅かに両君の身体の形によって両君の死体であることを確認せざるを得なかったほどである。

殊に渡邊君の死体は、最も凄惨を極め、その両眼は血にまみれて、天の一角を睥睨していたところを見ても、異郷万里の地に孤立奮闘のすえ、いかに同君が怨を飲んで死んだかが想像され、思わず悲憤の涙にくれざるを得なかったのである。



私をして言わしめるならば、惨殺犯人は両君の無数の打撲傷から言っても民衆1万がことごとく真犯人であり、もっとつきこんで言えば、この背後で糸を操る国民党部、ひいては国民政府が真犯人であるといわざるを得ない。



この後、蒋介石軍を始め各軍閥の内紛の中で「抗日・排日」競争が激化し、抗日の声さえ上げれば自らの軍閥が強化できるとばかりに対日本人テロも激しくなっていく。
つまり「抗日」は軍閥闘争の目晦ましや一時の共闘に利用されていた訳だ。

(最近の韓国にそっくり!パクは中国のやり方パクったな)

南京政権(蒋介石政権)は満洲、上海両事変をもって、この政策を具体化のチャンスとした。(略)
南京政権の支那統一に(抗日は)利用価値は充分である。
蒋介石はこの情勢によって排日政策の強化に自信を得たのである。

満州事変が起こるや彼は『日本の暴虐、日本の恐るべきこと』を宣伝した。
「日本と一戦をせねばならぬ」という空気が支那全土に起こって来た。
(蒋の言として)『日本とは無論一戦せねばならぬ。だが支那の現状では決して日本に勝てない。支那は一致団結して日本との戦いの準備をせねばならぬ、この準備のたえに先ず軍備の拡充を計らねばならぬ。真の愛国運動はまず軍備拡張から始むべきである』



蒋介石は「日本軍の悪行」プロパガンダを満洲事変後すぐにやっていた訳だ。
この本が書かれたのは中国が言う「南京虐殺」=日本の南京攻略より1年前で、南京虐殺がどうのと言う前からプロパガンダ始まっていた事になる。


日本がやったと主張する「暴虐」の詳細は正にこの本にあるようなシナ人が日本人に対してやったそのものであり、通州事件や大山大尉事件などは文字にするも恐ろしい程の凄惨さで、当時からシナは自らやった事、やっている事を「日本がやった」としてすり替えていたのが分かる。


さすがの中国も国際社会の目がある今ではこんな残忍な事はやらないだろうと思ってはいけない。
現時点でもウィグル、チベットの人達にやっている。
先人が記録に残してくれたものをしっかり受け止める必要がある。

繰り返し書きますが、朝鮮人でもないから1000年怨みだの復讐だの日本人はそんな事は考えません。
抑止力を高め、油断せず、こんな奴らとは極力接触を断つ、これに尽きると思います。



関連記事

<< S&G 「American Tune アメリカの歌」1973年 | ホーム | 集団的自衛権を急ぐ理由 >>


コメント

紺屋の鼠様、こんにちは、お疲れ様です。

うわあ…息を呑むと言うか、息が止まりそうです。

こちらも貴重で凄い内容の本ですね。

このような凄惨な事が支那によって現在も行われている。そうですよね、ちゃんと見なければいけない。

日本の出展が拒否されたパリの漫画フェアで、南朝鮮が出した慰安婦の漫画やアニメの一部をネットで見ましたが、よくここまで想像出来るな、と思える残酷さでした。

支那朝鮮がやってきたこと、自分達の同胞が見てきた(聞いてきた)ことだから、いくらでも描けるのでしょうね。
日本人とは根本的に精神構造が違い過ぎる気がします。
自分が日本人だから、という気持ちを除いても、です。
日本に何百万(帰化も合わせて)といるんですから。国家動員法を考えると、実に怖いです。


この記事を一部引用させていただいてよろしいでしょうか?




>MONさん

いつもコメントありがとうございます。

凄いでしょ、迫真迫るというのか4人のうち助かった人が体験し観たことでしょうから。
こういう貴重な資料が埋もれてしまってマスコミが取り上げる事もないですよね。

> 日本の出展が拒否されたパリの漫画フェアで、南朝鮮が出した慰安婦の漫画やアニメの一部をネットで見ましたが、よくここまで想像出来るな、と思える残酷さでした。

前にどこかで書いたのですが「はだしのゲン」の例の女性への暴行描写、あれは中国が古来やってきた風習で、最近あちこちの遺跡からあの形跡がある女性遺骨が出土しているそうです。
NHKでやってました、あのNHKが。

> 支那朝鮮がやってきたこと、自分達の同胞が見てきた(聞いてきた)ことだから、いくらでも描けるのでしょうね。
> 日本人とは根本的に精神構造が違い過ぎる気がします。

今回取り上げたものでも、例えば日本人にも質の悪い奴が一人二人いて暴行始めたとしても絶対止める人が出て来る。
収拾つかない集団暴行の図は一昨年の暴動見ても分かりますよね。

> この記事を一部引用させていただいてよろしいでしょうか?

どうぞどうぞ。
私の文章はともかく、内容はどんどん広めて下さったら有難いです。
宜しければライブラリーに似たようなのが多数あります。
同じ「今日の問題社」発行の政治軍事関係書籍です。
http://kindai.ndl.go.jp/search/searchResult?pageNo=1&searchWord=%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%A4%BE&featureCode=&viewRestrictedList=&facetOpenedNodeIds=
これの『狂乱の漢口を衝く』という本を見れば、シナの「軍装女性」のことが書いてあり女性の兵士が多数いたらしくそれをまた中国は「女性まで殺した」と言ってるんじゃないかと考えたりします。
この出版社凄いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。