プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S&G 「American Tune アメリカの歌」1973年

セントラルパーク・コンサート [DVD]セントラルパーク・コンサート [DVD]
(2009/02/04)
サイモン&ガーファンクル

商品詳細を見る


Simon & Garfunkel - American Tune




1981年NYCセントラルパークでのライブ。
もう33年も前になるのか・・(ついこの間と感じるところがトシのせい)

「アメリカの歌 American Tune」1973年発表の曲で正に時代を表しているというのか、ベトナム戦争終結直後の「疲れたアメリカ」を歌っている。
(’73年1月にニクソン大統領が終結宣言)
曲調自体がけだるいような、暗いような・・死んだ夢見るとかの歌詞が少し悲壮な感じもする。

これをオバマ大統領が気にいってたらしいが何で時代を経て21世紀になってこれを使ったのか、多分ブッシュ政権への批判のつもりだったのでしょう。
そういうオバマもちょうど今イラクへ介入せざるを得なくなってきています。
オバマはリベラルな夢見るオッチャンでリーダーシップ大丈夫なのか。

本題のAmerican Tune 稚拙ながら訳してみました。

American Tune

Many's the time I'v been mistaken
And many times confused
Yes, and often felt forsaken
And certainly misused

これまで何度も間違ったり
どうしていいのか分からなくなったことがあった
見放されたと思ったり
いいように使われただけと感じたのも1度や2度じゃない

But I'm all right, I'm all right
I'm just weary to my bones
Still, you don't expect to be
Bright and bon vivant
So far away from home, so far away from home

でも僕は大丈夫
ただ心底疲れ切ってしまったんだ
陽気でお気楽な生活にはもう戻れそうにない
元いた場所からすごく遠い所まで来てしまったから
とても遠いところへ

And I don't know a soul who's not been battered
I don't have a friend who feels at ease
I don't know a dream that's not been shattered
or driven to its knees

誰だってぼろぼろになることもあるのは分かってるけれど
僕には心安らげる友達もいない
夢を持ったところで壊されるか諦めるしかなくなるんだ

But it's all right, it's all right
For we lived so well so long
Still, when I think of the road
we're traveling on (home?)
I wonder what's gone wrong
I can't help it, I wonder what's gone wrong

だけど大丈夫 いいんだ
僕らは長い間上手く暮らしてきたじゃないか
ただ 僕らが今辿りつつある道の前で
どうしても考えてしまう
これまでの何がダメだったのかと

And I dreamed I was dying
And I dreamed that my soul rose unexpectedly
And looking back down at me
Smiled reassuringly

自分が死んでいく夢を見た
気が付いたら魂が浮き上がり
見下ろしている
安らかな微笑みを浮かべる自分を

And I dreamed I was flying
And high up above my eyes could clearly see
The Statue of Liberty
Sailing away to sea
And I dreamed I was flying

それから夢の中で 空を飛んでいた
高いところから 間違いなく見えた
あの自由の女神が沖へと出ていってしまうところが
それを見ながら僕は飛んでいた

We come on the ship they call the Mayflower
We come on the ship that sailed the moon
We come in the age's most uncertain hours
and sing an American tune

僕らはメイフラワー号という名の船でやってきた
月へ行く宇宙船まで作ったけれど
もう確実なことは何もない時代になってしまった
そんな時代にアメリカの歌を歌っている

But it's all right, it's all right
You can't be forever blessed
Still, tomorrow's going to be another working day
And I'm trying to get some rest
That's all I'm trying to get some rest

でも大丈夫 いいんだ
永遠に恵まれ続けるなんてあり得ない
ただ 明日も生きていかなきゃならないから
少しだけ休憩してみるよ
僕がやろうとしているのは 
少し足を止めてみる ただそれだけ




関連記事

<< 80年前の朝鮮人の様子がひどい!ー大阪市の公的文書 | ホーム | 中国は80年前と何も変わっていない >>


コメント

いつも楽しみにしています。今回のは特に懐かしく、訳詞も嬉しかったです。出だし部分の歌詞しかわからないまま、そうですね40年が過ぎていたのですね。なんかすっきりしました。ありがとうございます。

>1958の4403さんへ

始めまして。
そう言っていただいて恐縮しておりますi-229

訳に解釈間違いが無いかと自分でもヒヤヒヤしながらやっています。
後になってあれ!?あそこは意味が違う!とふと気がついて直してみたり。
(実際午後に少し手直ししました)

曲、懐かしいですよね。
むかし何となく聴いていたものが改めて歌詞をみると意外な発見もあったりで面白いです。
ブログは節操なく色んな方面の事を書いていますが、宜しかったらまた覘いて下さいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。