プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

併合時代の朝鮮人による朝鮮論みつけた

国会図書館ライブラリーより、併合時代の朝鮮人による朝鮮論を見つけました。

著者の金振九という人は金玉均の信奉者であり近代化推進派だったようです。
まださらっとしか読んでないけれど、「日本に拠る統治は生温い! 朝鮮人の風習を尊重し過ぎて近代化できない」という感じで書いている。
「国の癌を切開」とは過激ですが、癌とは一体何を意味するんだろうか・・・

あとこの時代に既に「韓国の歴史は4300年」と書いてある
アイデンティティとしての神話で持ってるならまだしも、どうも現実の歴史として捉えている節がある。
この頃から歴史=ファンタジーだったのか・・。
あと事大主義と強烈な儒教思想のことも否定的に詳しく書かれています。
日本人の欠点として潔癖すぎて朝鮮人と交わろうとしない、欧米人宣教師に負けてるぞ、と書いています。
潔癖なためにシナや朝鮮と融和出来ていないとも。


全部読んでないので今日は簡単な紹介のみで内容についてはまた次回に。


デジタルライブラリーへのリンク


「国癌切開」
金振九 著
名古屋出版社
昭和11年 (1936年)



   国癌切開 ライブラリー




保守 ブログランキングへ



関連記事

<< 突然ですが、ダムです | ホーム | 都議会ヤジ事件=「言葉狩り吊し上げ」を生んでしまったデモクラシーや平等思想のおぞましさ >>


コメント

こんにちは

おもしろそうですね。

>「日本に拠る統治は生温い
>欧米人宣教師に負けてるぞ

こんなのを最近読んだような気がしているのですが・・・なんだったのか思い出せません。日本は宗教を押し付けなかった、宗教を変えなかった、というのです。神社くらいは建てたでしょうが・・・。
現在の韓国は60%以上がキリスト教系のようです。あたかもアメリカに制服されたようですね。

貴女続編、熱烈期待、本編上梓謝謝、花渡川淳感激(笑)

>うさぎ屋さん

こんにちは。
朝鮮人自身が書いているというのが面白いですよね。
神社は多数建てたようですが、売国でさえなければ後は緩かったのかも知れないですね。

> 現在の韓国は60%以上がキリスト教系のようです。あたかもアメリカに制服されたようですね。

昔はカトリックで今の韓国はプロテスタント系(の邪教)でしょうか。
欧米宣教師はやっぱり強いですよ、汚泥や動物人間の死骸の中でも暮らせる人でないと無理ですね。
日本人は物理的な不潔は何とかクリアしても民度や倫理観が最底辺のシナチョウセンに耐えられなかったのかも。
入り込めるタイプはみな大陸浪人になってたでしょうし。

> 貴女続編、熱烈期待、本編上梓謝謝、花渡川淳感激(笑)

ワタシチュコクコワカラナイアルコトヨ!
何とか頑張ってみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。