プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンブロークン」日本兵=カニバリズムの出処

「アンブロークン」原作本より
日本兵が「敵捕虜の人肉を喰った」記述の纏めです。

UnbrokenUnbroken
(2011/01/20)
Laura Hillenbrand

商品詳細を見る



本文32章から
Thousands of other POWs were beaten, burned, stabbed, or clubbed to death, shot, beheaded, killed during medical experiments, or eaten alive in ritual acts of cannibalism.
訳「それ以外にも何千という戦争捕虜が、殴打され、焼殺、刺殺、撲殺、銃殺され、首を切り落とされ、医学生体実験で殺され、あるいは慣例であった食人行為として生きたまま食われた。」

eaten alive in ritual acts of cannibalism の ritual act を「儀式として」なのか「慣例として」どちらに訳すべきか、ネット上でも色々解釈があるようです。
辞書の解釈ではin ritual acts of~で「儀式めいた~という行為」と訳す事が多い。


私の解釈としては、
出典元として田中利幸「知られざる戦争犯罪」と “Jap Soldiers Eat Flesh of U.S. Prisoners, Australia Discloses,”Abilene Reporter-News September 10, 1945. が出ているので
    ↓
オーストラリア軍 カニバリズム - コピー  (クリックで拡大)

両方の内容から見て  「儀式めいた恒例の行為として生きたまま喰った」  の意味が近いのではないかと考えます。


以下が資料2件の内容


★「知られざる戦争犯罪」より
「選ばれた捕虜は小屋の中に連れていかれ、生きたまま身体から肉が切り取られました。そして生きたまま地面に掘ったくぼみに投げ込まれーー」
(シンガポールで捕虜となったインド国民軍に敵対するパキスタン人、ハタム・アリ上等兵がニューギニアに連れて行かれた時の目撃談として報告されたオーストラリア軍の資料)

★Abilene Reporter-News September 10, 1945の記事より
The atrocity report said that the Japanese soldiers tied the hands of captured American and Australian soldiers behind them, used the helpless men for bayonet practice and then while they were still alive sliced off their flesh for food.
『非道行為報告書に拠ると、日本兵らは捕えた米兵・豪州兵を後ろ手に縛り、その無抵抗の捕虜を銃剣訓練として刺した後、まだ生きている内に身体から肉を削ぎ取り食糧とした。』


どちらにしろ、荒唐無稽もいいところで、後者の記事内容を見るとニューギニア方面での食人部族による損壊死体を見た豪州兵らが勝手に日本軍の仕業と決めつけたものとしか思えません。
これについては以前書いたので↓
「日本兵=カニバリズム」説について

戦後70年も経ってトンデモな捏造プロパガンダを事実として出して来たものです。
後ろには中国や在米・抗日連合会による「日本人残忍キャンペーン」も隠れている節があります。
「アンブロークン」とはそのキャンペーンの一環と考えて間違いないと思います。







人気ブログランキングへ


関連記事

<< 「紀元節」前日の戦没・70年 | ホーム | 目的は日米離反か・「アンブロークン」日本側協力者(3) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。