プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本軍の罪?すり替えられた中国・ロシア・朝鮮の戦争犯罪

大戦中に日本軍による「戦争犯罪」とされ続けている「非道行為・虐殺」「人体実験」など
実は犯罪として裁いた側、あるいは被害者ヅラしている側がやっていた事ではないか、と分かる資料を並べてみます。


★以前書いたエントリー記事
中国による自国民への犯罪
世界で起こる悪魔的所業はみな日本のせい?



★いわゆる「731部隊による人体実験・生物兵器」について
ハバロフスク裁判 wiki 戦後731部隊関係者が裁かれた



★クリントン~ブッシュ政権時に8年掛けて米国政府が調査した「日本軍戦争犯罪」文書
Declassified in Search for Japanese War Crimes Records
Select Documents on Japanese War (その中の生物兵器関係資料pdf、10万ページに及ぶ膨大な量なのでエラーが出るかも)
これだけ調査して結論は No evidence とあるらしい。(10万ページも確認できませ~ん)



★米国の資料。 医学見地から、1940年代~朝鮮戦争時のソ連や共産圏による「人体実験」について。
Communist Use of American POWs as Human Guinea Pigs

...chemical warfare agents were tried on political prisoners in most inhuman ways without any consideration whatsoever." It was also noted in this report that a Professor Klimoshinski used human beings as experimental subjects in 1941 in Ulan Bator and other sections of Mongolia, using anthrax, pest and glanders.

In most cases, the experimental subjects were Soviet prisoners and in some cases Japanese war prisoners. In the summer of 1941 the escape of one of the experimental subjects started a Bubonic plague epidemic among the Mongols.


(日本兵も人体実験をやられていた、と書かれてある)




(随時追加していきます)






人気ブログランキングへ

関連記事

<< 日本は「邪悪」であったという偏見(プロパガンダ) | ホーム | 『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』の虚構 (資料備忘録) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。