プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那事変・日本とアメリカの記録(1937,1938年) 

支那事変(1937~)、初期のほぼリアルタイム発行の経過報告
日本側とアメリカの調査  
 

★陸軍省による事変経過報告 
 出版が「南京攻略」の約1か月後であるのが興味深い 
 
 支那事変経過の概要. 特輯 第4号  
 陸軍省新聞班 編 昭和13年(1938年) 1月25日 
 
支那事変経過の概要 デジタルライブラリー 

(以下画像クリックで拡大) 
 
 支那事変 南京 松井 勧告文


 南京2 シナ攻略


 南京3 支那事変

 
 南京 シナ攻略戦
 
 
★ アメリカに拠る「第二次上海事変以降の報告書」
 
「Asiatic Fleet. Some phases of the Sino-Japanese conflict (July to December 1937)」 
 Angwin, William A  1937年 
 
Sino-Japanese War, 1937-1945  
 
 


(内容説明を後日追加します)



人気ブログランキングへ
 
関連記事

<< 米軍資料 「南京攻略戦」「上海事変」  | ホーム | 日本は「邪悪」であったという偏見(プロパガンダ) >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 突然のメール失礼します

鍵コメントの運勢押し売りの方へ。
コメントを有難うございます。
わたくしは貴方様とは比べ物にならないほどの強烈な霊感を持っておりますので、他所様に頼る必要はございません。
どうぞ悪しからずお願い致します。

こんにちは!

上のReコメには、笑いました。シナ事変、続報がないですね。シナ事変って、泥沼化したところまでは知っています。その後、日本軍は仏印へ進駐して行って、日米開戦の流れでしょうか!?

>Gくんさん

> 上のReコメには、笑いました。シナ事変、続報がないですね。シナ事変って、泥沼化したところまでは知っています。その後、日本軍は仏印へ進駐して行って、日米開戦の流れでしょうか!?

めちゃくちゃ遅い返答になり、失礼いたしました!
変なのが入ってくるんですよね~。すぐにスパム拒否にするのですが、霊感(笑)が必死だったのでつい。

支那事変が泥沼化した(引き込まれた?)と言われるのはなぜか、そこに集中して調べています。
南進の辺りまで全然手が回りませんi-229
アメリカの対日観が厳しくなるのには、支那事変初期の色々も絡んでるようなんですが、中独合作も含めて各国間関係が複雑ですね・・

こんばんは!

更新記事2件も拝読いたしました。確かに各国関係複雑ですね。特に1939年9月に第二次世界大戦が始まってからは。

アメリカの対日観が厳しくなるのは、同年6月の天津英仏租界の封鎖あたりからですかね。シナ事変が泥沼化して、陸軍中央は、いったん順次撤兵を決めたらしいですけど(40年3月31)、それが実現することはありませんでした。日米が開戦(41年12月8日)してからも戦争を続けていますので、シナ事変って何のための戦争なのか!?ちょっと理解できません(個人的に)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。