FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たに公開された「南京事件」マギー・フィルム

『南京虐殺』の証拠だとされている「マギー・フィルム」が、エール神学校サイトで公開されています。  
 
ジョン・マギーの孫が保存していて昨年11月エール大神学校(「南京虐殺プロジェクト」)に寄贈されたもの。
それを南カリフォルニア大(USC Shoah Foundation )がデジタル化。 
--Shoah Foundationとは:ナチス・ホロコースト研究主体の団体でスティーブン・スピルバーグに拠って設立された--
 
John Gillespie Magee wikipedia 
 
↓エール神学校ライブラリーのサイト 
マギー・フィルム2本ほか写真

Magee Reel 9 と Magee Reel 1 が新たに公開されたフィルムのようです。
他の写真・文書類は以前から公開されていたもの。
以前エントリーした南京関連資料

Reel 9 の傷病者が担架で運ばれるシーンは
東中野修道氏『南京事件・証拠写真を検証する』本p201・写真129と同じもののようです。
本では1938年3月棲霞山・仮手当所とある
p188に拠ると、これまで公開されていたフィルムはH・ティンパーリが編集したものであり、本人が「余計な部分をカット」と証言しており、そこに字幕説明を挿入加工したもの、とある。
今回は編集無しの原版だろうか。





(画像クリックで拡大)
マギー・フィルムより 安全区内、金陵女子大学構内での予防接種の様子と思われる。
スクリーンショット (457)

安全区?街路の様子
スクリーンショット (458)








人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。