プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「認罪~中国撫順戦犯管理所の6年」NHKハイビジョン特集

NHKは特集ものでイメージ操作や(意図的としか思えない)翻訳誤訳、ありもしない捏造をやって批判を受けているが、たまーに表面には出さないが製作者が密かに訴えたい何かを裏に隠している番組も見かける。
表向きは自虐史観だが、普通の感覚持っていれば裏にあるものが見えてくる。
NHKの中、あるいは製作会社の内部に真っ当で反骨精神持っている人間が居るのか?それとも性善説的に受け取り過ぎていて、真っ直ぐに信じて作っているのか?

この番組もその一つ。

認罪~中国撫順戦犯管理所の6年
(1~11まであります)


内容の要約を


シベリア抑留5年を経て撫順収容所へ送られた日本兵や満洲関係者らは、食糧、風呂など身体的苦痛は無いよう好待遇を受ける。
だが捕虜扱いかと思っていたら「戦犯」扱いされていると分かる。
たっぷりの食べ物と所内での自由がある中、1年経て徐々に変化が出てくる。
認罪=洗脳が以下の段階を追って始まる。
1.政治経済の学習と討論 
2.自分の罪を認めさせ公開を促す教育
3.教育効果を見定め認罪を深める

戦争中に犯した「罪」を総て洗いざらい書き出す事を求められる。
初めは「自分は何もやってない」と書く事も無いが、時間を追って「記憶の奥底」に忘れられていた記憶が蘇る。(ここがまず怪しいー人間心理の傾向を利用していると思われる)
時間をかけている内に、全員集められた中で中国人職員や皆の前で部隊長であった人が「罪の告白と懺悔」をやり土下座までする。
それにショックを受け、自分もと認罪に入って行く者、拒否感であろうか精神的混乱を来たす者、あるいは自殺してしまう人・・
突然「記憶が蘇った」と証言する人が続出する。
罪の記憶を蘇らせた人達はその「罪」を事細かく自ら記録していく。中国人職員にチェックを受けまだまだだと言われた者はまた書き直す。
たっぷりの時間をかけ、「記憶」がどんどん記録されていく。
中国側は「罪を認めた者には光明を、認めない者には暗闇を」をスローガンとしていた。

最終段階として全員が講堂の壇上に上がり自分の罪を告白・発表する。
そこで精神の状態が変化し、嬉しい悲しい入り混じった感涙に襲われる元兵士達。
(これも又洗脳の一つの段階と思われるーー「解放された気分」と見紛わせる実際は逆の囚われだ)
ここまでに4年かかっている。(1954年時点)
洗脳は既に固まっているようだ。

この後に急激に自由度が増し、赤十字を通じて日本の家族との手紙のやり取り、スポーツや文化的活動まで認められ中国人職員との和やかな交流まで始まる。

戦犯の量刑が決まり、一旦は155人起訴7人死刑などが出たが周恩来の命令により死刑も無期懲役も却下され、結局はほとんどの刑が軽減された。
(温情の押し売りの第一段階か)
1956年、裁判が行なわれ起訴となった人は45人、法廷では「日本兵に被害を受けた中国人」が証言台に立ち「幼児をも殺害する残忍な日本兵」の様子を涙ながらに訴える。
(文化大革命でも行なわれていた自己批判・批判闘争・吊るし上げ、などとそっくり)
起訴された日本人被告は罪を認め土下座ながらに謝罪・懺悔する。その後起訴を免除され、ついに釈放帰国。
(極刑まで行くような状態へ落としておいて釈放という温情への感謝を植えつける訳だろう)

80代になっているその人達へのインタビューでは、起訴免除された文書を宝物だからと今でも大切にしているという人、感謝と嬉しさも今も忘れないという人・・
今も反省し続け認罪したことを是とし、交流のあった中国人に世話になったと感謝し、中国との交流を大切に思う人達。自分の手に拠って殺された中国人は今の時代を見ることが出来ないとまで語る人。
死んだら灰を元収容所にある「謝罪碑」周囲に撒いて欲しいという人。
(何と言う強烈な洗脳だろう・・80過ぎても尚懺悔し続けそれを喜びのように語るとは)



これを見て思い出したが、人間心理には「記憶の捏造・虚偽記憶・過誤記憶」と言われるものがある。
一定の条件下や当事者の性格や自我の弱さ等を基として生じるものらしいが、簡単なところでは幼児期に迷子になって○○へ行って○○にお世話になったことがあるでしょう親御さんから聞きましたよ、と言われると最初は否定するが繰り返すうち、自発的に具体的詳細に語り始めるというのがある。
逸れるが、足利事件で冤罪の菅家さんが正にこれに当たるように思う。

本題に戻る
シベリア抑留は、僅かな食糧や寒さの中で上官や大本営や日本国そのもののあり方に疑いを抱かせ反抗させマルクス思想へ染め上げて行くという洗脳だが、中国共産党(主に周恩来)に拠る洗脳はソ連よりもっともっと巧妙だというのがこの番組で分かる。
(11の5の辺りで「認罪」=洗脳の具体的手法が詳しく分かります)

この洗脳法は共産党が一朝一夕に作ったものでもなく、かなり昔から中華圏でシステム化されていたんじゃないかと思ったりもする。
そうでもなく周恩来一人が創り上げたものだとすると、100年後をも見据えられる広大な視点を持てる才能ある人だ(褒めてはいない)。
72年の日中国交正常化の時を覚えているが、新聞の一面には角栄と周恩来の握手の場面が超特大写真で載っていた。
中学生の私は殆ど真っ当な知識も無かったが、これはマズイことになったと感じたものだ。周恩来を信用するなどどれだけ勘が働かないオヤジ(政治家)どもだと。
温厚に微笑み、きつい言葉も吐かない=善人ではないぞよ!

そう言えば最近のNHK特集番組でも国交正常化に至る日本側の働きを「美談として」やっていたが、これも何のことはない公明党=その後ろにいるアレが主導権握ってガンガン押して実現させた。
番組内で語られはしなかったが、出てくる人物が全部アレ関係じゃないか。

この撫順戦犯管理所から帰国した元兵士達が中国帰還者連絡会となり、後に手記や日記を元に「日本軍の残虐行為」「南京虐殺」の根拠とされたのは有名。
中帰連は2002年に解散し、今は後身の「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」に引き継がれている。
調べてみると「受け継ぐ会」はより強烈な反日・売国的に走っているようだが、元抑留兵士を利用する形で、戦後生まれの何かの勢力が主導しているようだ。さてどこの組織がやっているかと思えば事務局長は創価大学中退で元岩波書店社員だそうで・・
あ~やっぱりね~という感じでしょうか。
HPを見に行くと「戦争で“鬼”になった人が、撫順戦犯管理所で“真人間”に戻った」だって。呆れ帰ります、子供騙しより酷い、誰がこんな幼稚な言い分に騙されるのやら・・

日本人という{残酷な民族が真人間になりたい}なら、今すぐにでも中国へ行って永住すればいいんですよ、中国さまさまと言うなら。誰も引止めやしません。

NHKのこの番組を最後まで見て、これが「真人間にならせる場」と見える人は頭のネジがどうかなってると自覚する方がいい。
NHK内部でそのつもりで製作したというなら言わずもがな。
真っ当な人なら理解できると見込んで現場制作者がお馬鹿な首脳陣の意向に反して作ったというなら、褒めてやろうじゃないの。

普通の主婦の私でさえ、この番組で(製作者の意図はどっちか不明だが)裏にある本当のところがかなり見えましたよ。
ある程度の勘があれば分かるものだ。

どっちであっても公共放送がこんな馬鹿な事続けていていいわけは無い。
国民を馬鹿にするのもいい加減にしろ。



関連記事

<< 「検証 旧日本軍の『悪行』 ゆがめられた歴史像を見直す」 | ホーム | 「絶海の孤島」 >>


コメント

こんばんは

ご存知のことでしょうが、「中帰連」を思い起こさせてくれますね。
NHKといえば職員は東大卒が多いのでしょうから、東大が駄目になったとも言えるのかもしれません。
或いはここにもコストダウンの波が押し寄せて、番組制作を下請けまかせ、つまり下請け会社の質の低下、劣化でしょうかね。

>うさぎ屋さん

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

中帰連、そうなんです正にそれです。
(長文で分かり難かったですね、本文中にも後半にそれを書きました)

東大は自分からかけ離れてるので?よく分からないですが、頭がイイのかオバカなんだか。
マスメディアも採用の時に何か思想的チェックでもあるんでしょうかねえ・・
警察官や自衛官採用とは逆のチェックが。

ところで、以下のHPをご存知でしょうか。
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/mokuji.html
田辺敏雄氏のページですが、中帰連の人達の証言の検証をされていて、他にも興味深い検証が多く載っています。著書もあるようです。
朝日新聞、本田勝一など日本貶めの元凶の詳細なども大変に貴重に思えました。
水間氏の著書は有名ですが、(私が知らなかっただけで)田辺氏も保守層の間では有名な方のでしょうか?

これのトップページに行くと示唆に富んだことも書かれています。(↓一部抜粋しました)

=====
このようにしてできた歴史観を大した抵抗もなく日本人が受け入れたのも、国民性 と深くかかわってのことと思いますし、脱却を困難にしているのも同じ国民性ゆえだと思うからです。
 この国民性を一つ挙げれば、「偽善に陥りやすい体質」 なのだろうと思います。われわれ日本人の大多数が善良な人間、それも伝統的に善人であることと関係が深いのではと考えています。ですから、メディアや学者など有識者が流す一見して良識そうな意見、もっともらしくみえる“ 正義 ・ 善 ” に対しては無思慮、無条件で同調し、みずからも和して「良識人ぶる」「善人ぶる」 のだと思います。それも無意識というか習慣化したものだけに厄介な問題です。なにせ、偽善者は正義の仮面をつけ、口当たりのよいセリフとともに私たちの前に現れますから。
=====

この方の著書を買って、またブログに上げてみようと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NHKの放送

はじめまして
放送全部拝見しました。見てどう反応するかは見る人の既に所有する知識にかかっているでしょうね。そのまま受け止めるか、深読み出来るか?
土下座して泣いて謝っている日本人の男性が映っていましたね、見るのがとても辛かったです。戦争が終わっているのです。日本国は日本人を帰国させるように働きかけて、敗戦交渉でしっかり国民の安全確保をしなければなりません。自国民を捕虜にしたまま、洗脳までさせて放置するなんて、しかも戦後何年日本の兵隊を敵地に放置しているのか、見ていて猛烈に腹が立ってきました。こう思うのもまた洗脳作戦にひっかかっているのでしょうか?
日本国は武装解除を軍人に命令しています。国民の安全確保ができていなかったとしたら、シベリアに抑留されたのも、敗戦処理のまずさではないかと、最近思うようになりました。
日本以外の国の洗脳作戦は高度ですね。終戦後のロシアの日本侵略のFilmをいろいろ見ていますが、日本は敗戦交渉に際して「国民の安全確保」が頭から完全に抜け落ちていますね。そう言えば、シベリア抑留は日本軍が何かの取引として容認していたという噂までありますね。それも情報操作かもしれませんが、だとしたら「何のため」なのでしょうね。
日本はロシアに裏切られるまで、とことんロシアを頼って必死に終戦交渉を続けていたと知ったときは、情報収集力の無さに唖然としました。
他の記事も読ませていただきます。

>ブリュッセルさん(で宜しかったでしょうか)

こんにちは。コメントをありがとうございます。

(さっき長文コメント書いて送信したんですがなぜか消えてしまったので再度i-229

そちらのブログも読ませていただきました。
戦後処理のまずさ、占領下~混乱期とは言えもっと何とかならなかったかと思いますね。
同時期にアメリカ兵も洗脳やられてアメリカは検証と対処をやっているのに、それを参考に早めにケアできなかったのかと。
公安が監視対象としていただけでケアが無かった。一般国民も、私も昔耳にしたことがありますが「抑留帰りの人は気の毒ではあるけど、話はマトモに聞いちゃいけない」と。日本全体で意識を持って実態を知るべきだったとも思います。

放置したためと、田中角栄政権になって70年代からご本人達を利用して朝日や本田勝一らがガンガン動き出してますね。角栄らはケアどころか国交正常化のためにこの人達を利用した気配まである。
日本は反日勢力が言うのとは全く別のところに反省点があると思います。

中共の洗脳手法は強力ですね、恐る恐る中帰連のページで手記を読んでるんですが、あの土下座の場面辺りから収容者の間に集団ヒステリー的な、恐怖とカタルシスが一体になったような転換点があったようです。
80才90才になっても「死んだら灰を収容所に埋めて」は壮絶過ぎて、お気の毒過ぎて何とも言えません。
日本人はあの手の洗脳手法に罹りやすいようにも思います。

日本の情報戦、心理戦の弱さはいったい何なんでしょう。中共(かつてのソ連も)の卑怯さは発想のレベルが想定外という気もしますがそうも言ってられない。こちらが卑怯な手を使えないなら、せめてあっちの卑怯さへの防御や調査研究をきっちりをすべきなのに。
情報収集が機能していても、もしかして性善説過ぎて甘いのかも知れないです。

(ブリュッセルさんのブログ記事は参考になるので又お邪魔させていただきますね)

紺屋の鼠様
レス有難うございます。コメントの内容を充分読み取っていただいて大変ありがとう御座います。
日本は反日勢力が言うのとは全く別のところに反省点があると思います。
確かにそうなのですが、こういう意見を発する保守がいませんでした。「全く別のところで」という視点がどうしても確立できないようです。ですからどんどん洗脳に引っかかって、検証の方向性を見失っているとしか、思えません。
コメント頂いたそうですが、入っていません。恐れ入りますが、コメント又はトラックバック、ぜひぜひよろしくお願い致します。

>返信ありがとうございます

保守知識人・政治家のどの人を信用していいのか判断つかず、万年様子見のままです。
今のところ表面上は安倍政権支持!ですが、安倍さんだけでなくどこかに引っかかるものを残しながら・・ですね。性根が素直じゃないですね~i-229

検証(らしきもの)は国会議事録を見ているとかなり出てくるんですが、それが広まる事はほとんど無いですね。マスコミに期待できるわけもないですし。
松原仁さんなんか、南京「捏造」虐殺に関してかなり深く情報を持ち検証もしているようなのに、実際の行動に見えてきません。そもそも何で民主党に居るんだか。
正真正銘の反省や検証をする人物がいたとしても組織化できない、表に出られない何かがあるんでしょうか・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。