プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「検証 旧日本軍の『悪行』 ゆがめられた歴史像を見直す」

今日の本は

検証 旧日本軍の「悪行」―歪められた歴史像を見直す検証 旧日本軍の「悪行」―歪められた歴史像を見直す
(2002/12)
田辺 敏雄

商品詳細を見る


{「南京大虐殺」「七三一部隊」といった日本軍の「悪行」は事実と確認されたものなのだろうか。確かな根拠があっての報道だったのだろうか。伝えられた日本軍の残虐事件、残虐行為を検証。}



前回書いた記事
に関連して、終戦後に中国の撫順戦犯管理所へ6年の間抑留された日本軍兵士の供述書、発言を詳細に検証したもの。
抑留されずすぐに復員してきた元兵士への聞き取り調査なども含め、「日本軍の悪行」の矛盾を突いていく。

抑留された人達は約1000人、その全ての人ではないが中国帰還者連絡会(中帰連)を組織して、朝日新聞や本田勝一らと共に(利用されて)そしてNHKの偏向イメージ操作番組に拠って中国での残忍極まりない「悪行」が日本だけでなく世界中に広まっていった。

本来ならこういう検証は早い時点で国がやるべきだった。
抑留されていたご本人達へのケア(脱洗脳)ももちろんのこと。

思想改造という名の洗脳は人に拠ってはかなり強烈だ。
年を経るごとに、講演会などで発言する度に、内容の「残忍さ」と悪行の数がどんどん増していくらしい。NHK「認罪」でのインタビューでも分かるように、残酷な話を割りと淡々と話すのが特徴でもある。
加えて中国共産党への賛美賛辞がまるで命の恩人のように語られる。
それを聞いた鈍感な人は「罪や恥の意識がない、反省が感じられない」と憤るほどだ。
そりゃもう中共に操られるロボット如きで、実際何もやってないのだから罪悪感など無くて当たり前だ。
(洗脳されていても、見る人が見れば、ちらほらそれらしき様相を垣間見る事が出来るものなんだな)

周囲の人達に気付かれるも無く、本人達の深層心理の奥の奥底に蠢く病巣に気付いてあげる人も殆ど無く、逆に冷たく見られたり誤解され、あるいは利用せんがため巣食う勢力によって病巣がより煽られ、えぐられていく、80才を越えても尚それは続く・・ここまで壮絶な人間人生があるだろうか。

朝日、NHK、サヨク連中らがここぞとばかりに利用しまくる状況が腹立たしいのはもちろんだが、「思想改造」された人達の発言や様子が興味深いと同時に、気の毒でならない。

戦犯収容所での出来事、自分の「悪行」供述書、指導員(工作員)が自己存在の根幹となってしまっている。それらを否定される事は自己存在の全てを失ってしまう事なんだろう。
一つ「認罪」したら命の綱が一つ繋がり、帰国への道が開ける。もっと残忍な供述をすれば又、命と帰国への保証が強められる。残酷残忍な認罪をすればする程にそうなっていく・・閉じられた環境で、頼りに出来るものは一切なく、明日どうなるかも分からない知らされない状況下で、刷り込みが行なわれた。
6年にも渡って巧妙な方法で人格破壊→中国共産党へ命の全てを預けるしかない状況へ追い込まれた、中国は日本人の想定外よりもっと想定外の恐ろしさを備えているのだ。それに気付かないどころか、まんま嵌められているのか作為的なのかNHKはこんな酷い番組を作っている↓


コメントする2人の何と鈍感なことか。保阪といえば戦記や中野学校関連書いてる人じゃないか。もっとマシかと思ってたら。
正真正銘の「罪」があるとするなら中共は言わずもがな、その謀略を煽りまくり広めまくったメディアが、どこまでエゲツナイ事をしてきたかだ。
こんな馬鹿げた番組を信じてしまった日本人はどうなんだ。
善人面したい人、偽善を偽善と気付かず同調してしまう人、これこそが正義だ平和と思い込んでいる人・・
(そういう自分も違うと確信持って言えるかどうか)

日本は悪い、日本人は残忍、それももしかして正しいかも知れない。
中国韓国が言うのとは全く別の意味で。
破滅願望的に自己=自国に向かう残酷さがあるという意味で。
日本人が陥りやすい心理傾向、誰か研究して意識化させてくれる専門家はいないものか。

本題に戻って
悪魔の所業をやったのは(やっているのは)日本軍・日本兵ではなく、お前がやったお前がやったと被害者ヅラしている中国に他ならない。実際、戦犯となった人達が供述した悪行の具体的内容は、戦中当時、八路軍(共産軍)が同じ中国人である富裕層や地主に対してやった事であり、文革時にやった事であり、現在にも行なわれているカオス的悪行とそっくり同じなのだ。
それだけで終わらず、外部(日本・日本人)に丸ごと転嫁する技術まで持っている。
今後も同じにやり続けるだろう。

日本人は日本全体として皆が、早くこれに気付かなければならない。



追記 
この本の要約が ここ で読めます。
アマゾンでは中古本としてのみ、他に上記HPの総目次19のところ著者ご本人へ注文、購入できます。

関連記事

<< 村上春樹「色彩を持たない多崎つくるとーー」 ・・・は読んでない | ホーム | 「認罪~中国撫順戦犯管理所の6年」NHKハイビジョン特集 >>


コメント

こんばんは

残虐非道、残忍と言われますが・・・。

大陸伝来とか南蛮渡来なんてことも言いますが、宦官、纏足、残虐な拷問や刑罰、これらは日本には伝わらなかった。歴史的にも日本に絶対に馴染まなかったからですね。

日本軍がやったという残虐行為は大陸性のものまさに彼らの仕業であり、日本人・我らの父祖にできることではない、というのはわかっている、バレバレなんですけどねえ。

こんなことも。西太后に気に入られようと、自身の太ももの肉を削いで食べさせる官僚なんて、おぞましい限りです。
そして、中韓のお家芸も最近では米国でも。ガキが銃を乱射する国ですから。とりとめのない愚痴ばかりで、ゴメン。では。

>うさぎ屋さん

こんにちは。
大陸性、そうなんですよねえ。

中国ではあらゆる年代の遺跡から残忍な殺傷跡のある骨が見つかっているようです。
この間NHKでやっていた番組でもそれの一例を紹介していましたが、中帰連の人達が言っている特徴ある殺傷法そのものでした。
古代から帝国陸軍が存在してたとでも言うんでしょうかね~。
日本国内でそんな骨が見つかったとか聞いたことないですね。

それと日本軍兵士は人肉食をやった、とかなり刷り込まれたようですが、「肉、肉が食べたい!」とそうなったと証言させてるんです。戦中の日本人はそんな強烈に肉は求めないですよ、普段から蛋白源は豆類だけで平気なんですから。これも、ニクニク言うのは大陸草原の蛮族馬賊(共産軍)自らの特徴じゃないですか。
中韓が「日本がやった」と言っている全てが自分らの性質、書けばキリがありません。

アメリカも最近は暗黒面(カンコク面とも言う)に堕ちてきてますね。民主党政権の時はいつもヘンです。共和党がいいと言うわけでもないですが。

保阪正康、姫田光義、

こんにちは
今回もとても辛かったですが、NHK全部みました。あなたのお書きになったこと全部納得です。保坂氏、ついこの間まで保守の論客あつかいでしたね。それよりもうひとりの姫田光義、中央大学名誉教授、私が自虐史観拡散工作員を調べた時に何度も見つけた、前田光繁=杉本一夫、と常にセットで活動している男です。
前田光繁というのは通化事件で中国側について日本人の虐殺に加担した男です。通貨事件に関してはTel Quel Japonでも詳しく書いているので、よかったら一度クリックしてみてください。
父親が夜中にガバっと起きて号泣していたと話しながら、泣いておられた息子さん、気の毒でなりません。考えてみれば、中帰連の方たちは、日本国に見捨てられていますね。前にも書きましたが、外地にいる兵隊、国民、その安全の確保ができなかった、それだけでなく戦後何年も捕虜のまま放置した、日本という国は日本人を人間とも思っていないのか。これは拉致問題にもつながりますね。国体を守るために原爆まで落とされて、国体とは一体何ぞや?それにしても終戦交渉のまずさには、反吐が出ます。なぜ日本という国はほとんど交渉力がないのでしょうか。平気で国民を「民草」扱いするのでしょうか?その分のマイナスを常に平気で国民に押し付けます。

>ブリュッセルさん

こんにちは。
姫田光義、前田光繁・・って名前が似てますね、混乱しそう。
前田光繁って検索すると「八路軍に参加した日本軍兵士の座談会」で読んだことありました!
それ読むと終戦時に八路軍参加日本人は1000人になっていたと。捕虜→洗脳、逃亡→参加、など色々あったんでしょうねえ。他にもスパイとして入り込んだとかも。
そう考えると、金日成と共に行動したのが日本軍人だった説も余計真実味が出てきはしますね。

通化事件、林航空隊以外にも日本人が協力したとは知らなかったです。名前の似ている「通州事件」はよくネットで目にしますが、通化事件は心理的に考えるとより悲惨な気がします。
そういうのに手を貸した人らが「友好」「平和」とは・・

以下は私個人の意見ですが
「手に余る物に手を出してしまう」ことが何よりも元凶ではないかと。
ホームレスの病気ぽい猫を見たら何匹でも保護して飼ってやりたい、でもこれ以上飼うと手に余る、結局は共倒れになってしまうから心を鬼にしないといけない。
関係ない話ですね、すみません。

ロシア南下が危険だと、それより近代化だの仏心で大陸半島進出の方が危険でしょうに。
(後世の人間だから言えるんですが)
自虐や過小評価もアレですが、過大評価して余計なものに手を出しておいて事後に交渉も処理も出来るはずもない。
海千山千の米ソ中のとことん卑劣さへの調査研究が足りなければ余計に。
ーーなんて思ったりします。

うさぎ屋さんと同様なんですが

戦争も文化。
日本人の戦争観と支那人の戦争観は違う。
ねつ造しようにも、支那人の戦争観でねつ造されてるから、‘ねつ造ですよ’って言ってるようなもんなんだけど・・・。
本多勝一氏や朝日新聞・NHKは、無知と悪意から、そんなことも見えない。

韓国も同様。
アメリカではすごくえげつないロビー活動を展開しているらしい。

Dixie Mission

紺屋の鼠様
今日は少し話が違うのですが。先の大戦中、蒋介石の妻にそそのかされて、国民党とアメリカが協力して日本壊滅を狙っていた話はよく知られていますが、実は日本敗戦の前から、勿論共産中国建国の前から、アメリカ軍と共産中国が手を組んでいた話、ご存知ですか?アメリカはおそらく戦後の大陸支配を考えて、両者を懐柔しようと最初は考えていたのでしょうね。ところがどうしたわけか、アメリカは共産中国と、懇ろになる。そこで日本軍捕虜の大半を殺害してから、使えそうな捕虜を厚遇し、マインドコントロールを施す。それを担当したのが、米国軍人で日系人であるARIYOSHI,心理作戦の専門家です。この背後に野坂参三の影も見える。毛沢東、周恩来、直結です。野坂参三は戦後数百人の日本人捕虜を伴って帰国。日本国内の共産党員は全員GHQによって釈放されていて、当時日本はGHQの民政局の支配下でかなり左傾化していて、野坂及び被洗脳済み元日本人捕虜たちは、凱旋帰国となります。ここからいろんなことがわかると思うのですが、今日はひとつに絞ります。
撫順などの日本人捕虜の洗脳は、中国製ではなく、研究に研究を重ねたアメリカじこみだということ、です。
タイトルに入れたDixie Missionを検証するといろんなことがわかると思いますよ。お勧めです。

>イーグルスさん

戦中日本人は鬼のような事をした、日本人は本来温厚だが戦争と言う物は人間を鬼にする
というようなヘリクツで逃れる勢力もいますね。
どう見てもシナ人戦争観であるのに、戦争になると日本人がシナ人になるって言うんでしょうかねえ・・
戦争でなくても進行形で今中国で起こっている事を見れば、そのまま「戦中の日本の悪行」ですよ。

韓国は狡い事やってますね。ロビーを越えてパク大統領自らがやってるじゃないですか。
アメリカの意図も見えてきます。



>ブリュッセルさん

Dixie Missionなるもの、よく分からないですがルーズベルト=米民主党勢力が推し進めたんでしょうか。民主党は今も昔も中国が好きですね、親和性があるっていうのか。
洗脳もアメリカ仕込み・・これがまだよく分かりません。スターリン手法を中国式にしたものかと思っていました。
ルーズベルトートルーマンの日本嫌いはとことんだったんですね。アメリカも一枚岩でなく国内の勢力争いで日本の命運まで左右されるのでしょう。
当時フーバーに力があればもっと違っていたのかも知れないと歴史にifは無いのに思ったりします。

今のアメリカも民主党が強くて日本への風当たりが強いですね。
日米の歴史を見れば全部ではないですが、民主党大統領の時に日本に取って良い事があった試しがありません。

野坂参三は私はコミンテルンへの刺客、スパイだったかも知れないと思ってるんですが穿ちすぎでしょうか・・

毎度お邪魔いたします

紺屋の鼠様
ひとつの記事に3回のコメントはいささかくどいですね。すみません。
たとえば今回のDixie Missionに関してなら、コメント者名の右側のURLをクリックしていただくと、詳しい記事を載せています。いままでのコメントも内容に沿ってそれを説明したそれぞれのURLを入れています。Dixie Missionは和訳を入れていませんが、多少の説明はしています。こちら
http://goodlucktimes.blog50.fc2.com/blog-entry-404.html
には写真も日本語説明もやや多いです。これで「よくわかる」と思います。
・・・・・・
話変わり、共和党及び民主党に関しては、あなたのおっしゃる通りですが、実は共和党は統一教会と極めて親密な関係にあります。まあ日本の自民党もそうですけど。民主党に比べ共和党は日本をやや重視しますが、その分日本は番頭はんに徹します。そう言った意味で真の独立を目指すには、日本を重視しない民主党のときの方が、親分から逃げやすい、従って可能性はたかまる、と思います。

>ブリュッセルさん

いえいえ、何度でも歓迎でございます。

読ませてもらったんですが、私の頭では整理に時間が掛かりますi-230
中国共産党と通じていてもおかしくないって感じですね。反共のニクソンまでがあんな事やったんですから。

私が勝手に思っているアメリカ民主党と共和党の(非常に単純化した)対日観の違い:
民主党ーひといきに喰らい尽くす、ひといきに潰して完全隷属させる
共和党ーじわじわ喰らう、時に太らせより美味しくさせてから喰おうとする(共栄にも見える)
ということで共和党の方がこっちは時間稼ぎが出来るんじゃないかと思ったり。
まあ時間稼ぎしている間に日本自身何やってるか分からなくなり平和ボケ(結果、番頭はんですね)になりましたが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。