プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹「色彩を持たない多崎つくるとーー」 ・・・は読んでない

今日の本は

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


この本のアマゾン レビューを読みました。
本編は読むつもりも無い

レビューが面白いと話題になっている。
ここ押して
ドリーさん、ノーベル賞候補作家をここまでおちょくっていいんでしょうか
しかし適確で文章そのものが面白すぎる!
本編よりこのレビューでもう充分です

私自身、村上春樹のアンチではない。
アンチどころかハルキストと言われる類に入っていたかも知れない。
30年ほど前に「ジェイズ・バー」のモデルとなったと言われる神戸のバーに行ってみたのはここだけの秘密だ

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「国境の南・太陽の西」「ねじまき鳥クロニクル」「海辺のカフカ」などは、かなりああだこうだと自分なりに解析してみたり、それなりに価値あるものと思ってきた。
けどもうダメだ、耐えられん!
イスラエルでの発言、原発や尖閣についての発言、ここまで薄っぺらい人だとは思わなかった。

先日書いた「検証 旧日本軍の『悪行』 歪められた歴史像を見直す」の中に村上春樹の事が出てくる。
「ノモンハンとハルハ河」のタイトルで現地訪問記を書いており、現地取材時に中国のガイドが話す「日本軍が強制徴用し苛烈な労働で多数死に追いやられ、それだけでなく虐殺した」「労働者の首に針金を通し数珠繋ぎにした」などを丸ごと信じて記事に書いている。
村上が信じこんで書いた話は中帰連の人達の「認罪」内容そのものなのだ

どうして信じるんだ。大作家先生がなぜ真偽を取材しないんだ

辺境・近境辺境・近境
(1998/04)
村上 春樹

商品詳細を見る


↑この本の中でもノモンハン事件に絡めて真偽不明事案をさも真実のように書いている。


「ねじまき鳥クロニクル」で深い井戸の底の孤独が書かれているが、それで人間の深遠を書いたつもりだったのか。
人間の残酷さ、孤独を突き詰めて書いているつもりが、書いた事自体に残酷さを孕んでいるというパラドックスに気付かないのか

中国人ガイドが話す日本兵の悪行=闇、その操作された闇と見紛うものの裏にこそ本物の闇があるのに

「日本兵」を何か抽象的比喩的存在だとでも思ってるのか。
実際の人間一人一人の人生生活がそこに在る、とは「アンダーグランウンド」で自らが訴えたことじゃないのか。
検証も無いまま正義ぶって書く中国発プロパガンダが「元日本兵」である実存のご当人達はもちろんのこと、その遺族や日本人全体までもどれだけ傷つける事になるのか、その程度の想像力も無いのが信じられない。

一介の主婦がノーベル賞候補の御大を叩くのは今日のところはこれくらいにしといてやろう


話が逸れるが、昨日のBSフジ・プライムニュースでの櫻井よし子さんは良かった。
中国韓国が言う「歴史認識」、日本側の対処の不味さなどすっぱり言ってくれて小気味良かった。
プライムニュースここ押して
2時間近く、たっぷり話してくれています。




関連記事

<< うちのボス猫 | ホーム | 「検証 旧日本軍の『悪行』 ゆがめられた歴史像を見直す」 >>


コメント

こんばんは

私は村上春樹は書店で立ち読みした程度です。一生のうちに読める本は限られてますから、時間がもったいないです。ベストセラー作家や新刊本もあまり興味ありません。読んでいないのに批判もおこがましいですが・・・。

あるコトや人について書こうとすれば、反対側にいる人の意見まで含めて、膨大な本を読まなければならないでしょう。研究者だって、自分の研究テーマについて書かれた過去の論文をすべて読んでおくべきでしょう。
司馬遼太郎さんはたとえば西郷隆盛について書く場合、出入りの古書店が西郷関係の書籍をトラック1台分持ってきたそうです。

昔は芥川賞、直木賞のせいか、純文学、大衆文学という明確な区分けがありました。私はその垣根は低いですが、あくまでも私個人的には村上は純文学には入りません。

出版商業主義、通俗小説なんて文芸評論家・山崎行太郎さんは痛烈に批判しています。批判というより、小馬鹿にしてます。

え~、夜も更けてまいりました。長話もご迷惑ですから、これにて。では。

>うさぎ屋さん

こんにちは。
立ち読みくらいがいいんじゃないでしょうかi-183

アマゾンにあれだけ批判レビュー&賛同が多いのは、売り出し方が狡いからでしょうね。あそこまで行ったら本の内容以前にイヤラシイです。純文学どころか最近はライトノベルと言われてますね。

>膨大な資料
それが作家さんに拠っては資料の中のほんの一部から壮大なウソを構築するようで・・
フィクションとして売り出すのなら、内容全てウソです!とカバーに大きく書いて欲しいですわ。
「悪魔の飽食」や「海と毒薬」みたいに本気にされて固定化することもありますし、村上は特に世界中に影響力が大きいので。

小説を楽しむのは人それぞれの勝手ではあるんですが、影響力は無視できないです。

おはようございます

村上春樹は1冊も読んだことがないんですよ。

0冊だから、いいも悪いもないんですけど、いまさら、・・・ねぇ。
でもこれだけの売れっ子、何かしらとてつもない魅力があるのは間違いないんだろうけど・・・。

>イーグルスさん

返答遅くなりました。

村上春樹は文章が翻訳調で独特なのと、あと不可思議なストーリーがユング心理学を物語化したという感じでしょうか。
因果が普通じゃなく展開していくっていうのか。
とてつもない魅力・・もう私も分からなくなりましたi-229

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。