プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「知覚の扉」


知覚の扉 (平凡社ライブラリー)知覚の扉 (平凡社ライブラリー)
(1995/09)
オルダス ハクスリー

商品詳細を見る


内容:
幻覚剤メスカリンが、かつての幻視者、芸術家たちの経験を蘇らせる。知覚の可能性の探究を通してハクスリーが芸術を、文明の未来を語り、以後のさまざまなニューエイジ運動の火つけ役ともなった名エッセイ。

「知覚の扉」=原題 The doors of perception
このタイトルは英国の詩人ウィリアム・ブレイクの詩より取ったもの。

“If the doors of perception were cleansed every thing would appear to man as it is, Infinite.
For man has closed himself up, till he sees all things thro' narrow chinks of his cavern.”
        The Marriage of Heaven and Hell ー William Blake

「知覚の扉が取り払われたら、何もかもがありのままの無限の姿で人間の前に顕れるだろう。
人間は自らを閉ざしてきた。今や、人間は、洞穴の狭い隙間からものを見ているに過ぎないのだ。」
        
(「天国と地獄の結婚」より ウィリアム・ブレイク)

そしてハクスリー「知覚の扉」からジム・モリソンがバンド名を「ドアーズ」としたのは有名な話。

THE DOORS "Light My Fire" on The Ed Sullivan Show



本題に戻って
改めてメスカリンとは何ぞやとwikiを見ると
「trimethoxyphenethylamine) はフェネチラミン(フェネチルアミン、フェニレチルアミン)系のサイケデリック麻薬(幻覚剤)である。硫酸メスカリンとして化学的に合成することもでき、サボテンの一種であるペヨーテ等の成分として得ることもできる。名称はメスカレロ・アパッチが儀式の際に使用したことに由来する。日本では麻薬に指定されている。」
だそうな。
インディアンのペヨーテ信仰の研究から化学的合成が可能になり、ということか。

ハクスリーのメスカリン体験を抜粋すると
=====
メスカリンを服んで三十分ほど経った時、私は自分の視界の中で、金色の光がゆっくりとしたダンスを踊っているのに気づき始めた。そして少し経つと、異様に美しい赤い表面のようなものがいくつか現れ、それはピカピカ光るエネルギーの中心点を持っていて、その中心点から次第に外へ膨れ上がりながら広がっていた。

...要するに、メスカリンは私の心の中にヴィジョンの世界という別世界をもたらすものではなく、それは私の外部の世界、眼を開けて見る普通の世界の中に、通常時とは違った一つの別世界を出現させるものであった。確かに私の見る外部世界の事物の中には、大きな変化が生じた。これに比較すれば、私の主観の、心の中の世界に起きてきた変化は、ほとんど注意に値するほどのものではなかったというわけである。


...神の示現、至福の自覚-私は生まれて初めて、これらの言葉の意味するものを理解した。そしてその理解は、言葉の上での理解とか、その含蓄するものをほのかに感ずるといった距たりのある理解とは違うものであった。私はこれら驚くべき言葉が表象しようとしているもの自体を、正確に完璧な姿で知ったのであった。
=====

鈴木大拙の禅にも繋げて体験を語る。
時間の感覚を失う、というのも大きいらしい。
60年代にビートルズだったかティモシー・リアリーだったかのLSD体験を読んだ事があるが、似たようなものだった。
サイケな時代でしたねえ・・

トリップしている本人はいいが、傍で見ている者にはただイッチャッテル人、アブナイ人としか見えないだろうなあ。
違法だらかそりゃアブナイに違いない、アブナイ事には手を出してはいけません



伸び猫2
 僕らはマタタビでトリップできるぜ~ 
 (胴が長すぎ・・)





関連記事

<< 「従軍慰安婦」の嘘を上手く説明してくれる人 | ホーム | 「眠れない一族 食人の痕跡と殺人タンパクの謎」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。