プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が大騒ぎするホラー?紙芝居

暑いのでこわ~い話

じいさまときつね (日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)じいさまときつね (日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)
(1982/10/01)
増田 尚子

商品詳細を見る

きつねをあざわらったじいさまが、峠にくると、死人の埋葬が始まりました。おいていかれたかんおけの中からなんと死人が立って…。
おばけがテーマになっている日本の民話紙芝居。


これは怖い!
(小さい)子供ならのた打ち回って大騒ぎになるくらい怖がります!
いや、喜んでるかも知れない・・
我が子や親戚の子に実証済みなのでほぼ100%の子がそうなります。
冷静でいる子は・・・将来きっと大物になるでしょう。




しにんの入っているおかんを中に入れると
つちもかけずに ふーっとどこかに消えてしまった。
カタッ。
おかんのふたがもちあがった。
じいさま「な、なんだあ」
「ま、まさか・・・」
とうとうふたがあいて・・・
50.jpg

しにんが立ち上がった。
じいさま「ひゃーっ!」
しにん「じいさまあ・・そこにいたのかあ~」
52.jpg

じいさまはむちゅうでのぼった。
「まてえ~まてえ~」
じいさまがのぼっていく。
手がのびる。 のぼっていく。 手がのびる。
じいさま「わしゃまだしにたくないんじゃあ」「た、たすけてくれえ~!」
とうとうてっぺんまで来てしまった。
と、思ったとたん
しにんの手はじいさまの足をぎゅっとつかんだ。
「ううつめてえ、はなせ、はなさんか」
いくらはらっても はらってもだめだ。
「ひえーーー!」
51.jpg
(じいさま木から落ちて気がつくとーそこにきつねが・・)




ムシムシする暑い夜に、小さい子に読んであげて大騒ぎして、汗だくになってお風呂に入ればさっぱりしますね~。
我が子はもう大きいのでその楽しみは無いですが。



関連記事

<< 「第三の眼」 ロブサン・ランパ  | ホーム | 平等と言う名の悪行 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。