プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meet The Beatlesアルバム へのこだわり

1970年頃、どこの誰に借りたか忘却の彼方、
あるビートルズ初期アルバムを聴いて以降、私の中ではビートルズ最高傑作となっている。
けれどそれがどこの国発売のどのバージョンなのか、検索すれどもすれども分からない。
60年代、まだアップルも存在せず日本盤なら東芝、アメリカ盤ならcapitolか。

見開きジャケットで日本語解説が付いていたはずだが、記憶にある曲の並びが日本盤では存在しない。
アメリカ盤としたら裏ジャケットが違う。
多分どこか自分の記憶違いがあるのだろうけど・・。

ほとんど近いと思われるのが
Meet The Beatles - Red Vinyl - VGMeet The Beatles - Red Vinyl - VG
(1964/01/01)
The Beatles

商品詳細を見る


A面
1.抱きしめたい - I Want To Hold Your Hand
2.アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア - I Saw Her Standing There 
3.ジス・ボーイ - This Boy 
4.イット・ウォント・ビー・ロング - It Won't Be Long 
5.オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ - All I've Got To Do 
6.オール・マイ・ラヴィング - All My Loving 

B面
1.ドント・バザー・ミー - Don't Bother Me 
2.リトル・チャイルド - Little Child 
3.ティル・ゼア・ウォズ・ユー - Till There Was You
4.ホールド・ミー・タイト - Hold Me Tight 
5.彼氏になりたい - I Wanna Be Your Man 
6.ナット・ア・セカンド・タイム - Not A Second Time 


This Boy, It Won't be Wrong, Hold Me Tight この3曲が特に最高。
これでガツンとやられた、私の人生は変わった
64年発売のリアルタイム物なので、もちろんモノラル。
70年頃にはステレオが普通だったが、この原始感がとてつもなく良かった。
演奏も録音も粗く、素朴で、けれど逆にそれが奥深さを感じさせた。

このアルバムを手に入れるには、中古(というより既に骨董)市場か海外オークションででも探さねばならない。
値もはるだろう。
いつかはきっとと思いながら、なあなあになって多分手に入れることは無いだろうなあ。


↓当時の荒削り感がよく分かる、エド・サリバンショーでのライブ。
粗い中に繊細なコーラス、ノスタルジー感たっぷりです。
歌いはじめ、this boyのはずがジョンだけthat と間違えてるのがご愛嬌。

The Beatles - This Boy (Ed Sullivan Show)





おまけ 

ニャートルズ   
   59.jpg   


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 60.jpg
 
(画像はヨソからお借りしてきました~)










関連記事

<< 「海のサムライたち」 白石一郎 | ホーム | The Long and Winding Road へのこだわり >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。