プロフィール

紺屋の鼠

Author:紺屋の鼠
近代史・政治・社会情勢
読んだ本あれこれ
古いものが主の映画・音楽

(記事への拍手をありがとうございます。
共感していただいて嬉しく励みになります)

フリーエリア

にほんブログ村ランキングに参加してみました。 プチッとよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝利への賛歌」=映画「死刑台のメロディ」

映画「死刑台のメロディ」
死刑台のメロディ [DVD]死刑台のメロディ [DVD]
(2003/06/06)
ジャン・マリア・ヴォロンテ、リカルド・クッチョーラ 他

商品詳細を見る


1972年 イタリア・フランス合作映画

1920年のアメリカ合衆国・マサチューセッツ州で実際にあったサッコ・バンゼッティ事件を正面から描いた史実的社会派ドラマである。アメリカ史の汚点的冤罪事件として語られる事件をジュリアーノ・モンタルドが映画化。イタリア移民のサッコとバンゼッティがいわれなき死刑を受けるまでを描いている。


(公開当時観たきりで記憶が曖昧なので、詳細を調べて書いております)
冤罪の悲劇というだけでなく、マッカーシズムにも繋がる「アメリカの正義」とはいったい何かと疑問を投げかけてもいる。
アメリカの正義をマニフェスト・ディスティニー(明白なる運命・天命)にまで広げるなら、アメリカはインディアン殲滅から日本潰し、フセインにビン・ラディン、カダフィも? 色々やってくれたものだ。
けれどアメリカについては一面だけを見るのも危険だし、事によっては国家なりの正義を守るために必要な場合もあるだろう。
逆に潰された側が強力に悲劇の主人公ヅラする場合、深く確認しないままどっぷり同情的になるのも警戒せねばならない。
「サッコとヴァンゼッティ事件」の場合は映画で見る限りは、電気椅子のシーンも相まって人道は人権はどこへ行ったと同情的にもなってしまうが、映画=事実でないことは意識しておかないと。

とにかくジョーン・バエズ歌う「勝利への賛歌 Here's to you」が印象的で覚えて歌ってしまう。

Here's to you, Nicola Sacco e Bartolomeo Vanzetti



Here’s to you, Nicola and Bart
Rest forever here in our hearts
The last and final moment is yours
That agony is your triumph

ニコラとバート、あなたたちに祝福を
我らの心の中で永遠の安息を
最後を決定づける瞬間はあなたがたの手にある
その苦悶さえ勝利となる


どちらが正しく正義であるとか安易に判断は出来ないし、そもそも国家によって人に拠って正義の定義さえ曖昧だ。
けれどそれとは別に自分が正義と考える事を発信することは必要だ。
イタリアが映画を作り、「アメリカの正義」を告発し、しかもアメリカ人(メキシコ系ではある)のジョーン・バエズに英語で歌わせ世界に発信した。
それが出来たイタリアがとても羨ましい。


関連記事

<< 「靖国への帰還」 内田康夫 | ホーム | 「はだしのゲン」を擁護する、ある人物 >>


コメント

Sacco and Vanzetti

おはよう御座います
この話、ここで取り上げたことがあります。
http://blog.goo.ne.jp/laiglenoirjp/e/d8f84a3603f6bd72be37222a032a7184
この冤罪事件は、ここに書いているように、石垣綾子氏が、死刑反対大行進のただならぬ雰囲気を現場報告をされている文章を読んで、初めて知りました。その後、石垣綾子氏は例の尾崎秀美とアグネス・スメドレーを仲介したアメリカ共産党員だったと知りました。冤罪と戦う正義と、尾崎秀美と友情を繋ぐ正義と、石垣綾子氏のなかでは一貫しているのでしょう。あなたがおっしゃるように、一元的視野では何も見えてこないものがありますね。
曲まで同じかどうかはわかりませんが、シャンソン歌手ではムスタキがこの冤罪事件のことを歌っています。

>ブリュッセルさん

サッコとヴァンゼッティはアナキストだったらしいですね。
死刑反対運動にはイタリア系移民の同胞擁護や冤罪への抵抗に加えて、共産党員らが加わっていたのは確かなようです。
石垣という女性もその目的だったのでしょうか。帰国させられて戦時中はどうしていたのでしょう。

(真実は横に置いておくとして)映画も歌も、死刑となった二人に矜持を持たせているのが天晴れです。
どうしても『私は貝になりたい』と比較してしまうんですが、貝の方は悲劇+無常観、諦観を漂わせています。受容してしまっているというのか。
対してS&Vの二人こそ勝利者だとする押しの強さは、やはり世界の注目を集めるので上手くやったなと感じます。
ムスタキはバエズと同じ曲をフランス語で歌っていますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。